ワールドビジネスサテライト,3/6,特集,製造拠点”沖縄”の可能性:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/6,特集,製造拠点”沖縄”の可能性

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/6,特集,製造拠点”沖縄”の可能性

先週

東京ビックサイトで行われた
国際太陽電池展

企業展示が並ぶ中に何故か
沖縄県のブースが

来場した企業関係者に
製造拠点としての沖縄をアピールしていたのです

新たに法人を立ち上げれば
法人税が減税されるといいます

はたした沖縄進出のメリットとは

神奈川・厚木市
ピューズ

自動車開発大手
電気自動車などの部品を開発し大手メーカーにも納入しています

ココでは電気バスを手掛け
そのシェア約9割

生産が需要に追いつきません

近くに工場を建てようとしましたが
土地代や人件費が高く採算が取れませんでした

ピューズ 宮下泉 執行役員
「海外移転も考えたが仕事の質を考えると」
「どうしても日本国内で作業をやらせたい」

質の維持とコスト
どう両立させるのか

ピューズが選んだのは沖縄でした

温暖な気候で観光で人気のこの島を
製造拠点に選んだ理由とは

那覇から車で45分沖縄中部に位置する
うるま市

ここに先月稼働したばかりの
ピューズ沖縄工場がありました

工場の立ち上げを任された
ピューズ 技術部 牛島譲 主任
ピューズ 試作部 辻斐彬 主任

新たに3人の従業員を雇い
電気バスの製造に取りかかっていました

注文に合わせて1台1台エンジンを外し
電気モーターに切り替える作業

職人技が求められます
細かい技術指導が続きます

ピューズ 技術部 牛島譲 主任
「言葉が通じるので感覚的なニュアンスが伝わりやすい」

沖縄は全国に比べても人件費が安く

製造業の初任給(大卒・男子の場合)
全国平均 20万2100円
沖縄    15万9500円→10.6300円

35歳未満3人以上雇用で
給与の1/3を国が助成 ※最長2年間

全国平均に比べ半額で雇える計算です
沖縄    15万9500円→10.6300円

さらに電気バスの部品は
モーター 海外製
バッテリー海外製

輸入部品を使い製造

海外に出荷する場合
→関税・消費税の免除も

「海外に輸出する際のメリットは我々も非常に助かるポイント」
「優遇制度を大いに活用して進出を図っていきたい」

沖縄で製造する事で
コストを3割削減

3年後をめどに沖縄法人を設立し
法人税の減税も狙います

ピューズの工場があるのは
東京ドーム26個分の広さを持つ経済特区

沖縄県 企業立地推進課 金城次男 主査
「ここが特別自由貿易地域」
「4月から新しい制度に変わる予定で(法人税が)」
「現在の約23%から約19%になり」
「シンガポールの実効税率に近くなる」

日本が高度成長に沸いた1960年代
そのころアメリカの統治下にあった沖縄は

製造業の育成が決定的に遅れました

遅れを取り戻すために行われた様々な優遇制度
いま本土が円高の逆風に揺れるなか改めて注目されています

特別自由貿易地域(経済特区)
優遇制度で企業誘致を目指す
現在製造業32社が進出

全日空
09年 那覇空港に物流拠点

インフラが整いつつあるのも追い風です

日本の南端にある沖縄も
視点を変えれば東アジアの中心

地域的条件も強みに変わりつつあります

しかしモノづくりには大きな課題も

特区に進出して8年になるOMJP

現在手掛けているのは医療周辺機器
1台組み立てるのに200~300種類の部品を使います

OMJP 矢野定雄 社長
「透析装置の周辺設備をつくっています」
「こういう部品は本土から100%送られてきている」

モノづくりの基盤である部品作り
しかし沖縄には製造業を下支えする部品産業がありません

「部品を60~80%沖縄で作りたい」
「モノづくりの環境さえできれば」
「生産拠点としてグローバルに展開できる」

この大きな課題を克服しようと
部品開発の拠点

沖縄県 金型技術研究センター

この日は
バイクの部品をつくる金型の実験が行われていました

部品の製造に欠かせない金型
圧力を加えて樹脂を注入すると

プラスチックの部品が出来上がります

将来的には進出してきた製造メーカーの部品も
特区内で手掛けたい考えです

現在
金型メーカー4社が進出

進出のインセンティブとなったのが
若い人材です

沖縄出身の従業員1
「専門的な知識を生かせる場所が沖縄にはなかったが」
「ココではソレができる」

沖縄出身の従業員2
「沖縄から県外にイロイロな金型を作って」
「アピールしたい」

沖縄県
機械工学などを学んだ学生が
毎年 約3000人卒業

これまでは県外に流出していた
若い技術者たちがいるんです

静岡県の金型メーカー
「なかなか金型メーカーに人材が入って来ないので」
「沖縄が足がかりとなって若い人材も育っているので」
「今後拡大していく事で沖縄でも十分モノづくりをやっていける」

モノづくりの新たな拠点を目指す沖縄県

沖縄県 小嶺淳 産業雇用統括監
「日本の中でやりたいと思っている企業はたくさんあると思う」
「アジアに出て行かなくても沖縄でできる事があると提案したい」

本土復帰から40年
海外に流失するモノづくり

沖縄が一役買う日は近いかもしれません

*だが基地は拒否するのかな?
本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること
沖縄・米軍基地観光ガイド
アマゾンで見る
楽天で検索
本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。