ワールドビジネスサテライト,3/22,日本アニメビジネスを新興国へ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/22,日本アニメビジネスを新興国へ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/22,日本アニメビジネスを新興国へ

今日から東京ビッグサイトで始まった
東京国際アニメフェア

日本や海外で製作された作品を紹介する
世界最大級のイベントです

東京国際アニメフェア2012
アニメ制作会社など216社中海外か89社

世界中のバイヤーが商談を行う見本市

中でも特に目立っていたのは
新興国インドを狙った

ライジングスター
11月からインドで毎週放送予定

*見た目はどう見ても侍ジャイアンツっぽかったw

講談社 国際事業局 古賀義章 担当部長
「”巨人の星”に」カレースパイスを入れて」
「インド人に合ったモノを作ろうと」

巨人の星は父と子の師弟関係を通して
貧しかった主人公がスター選手に駆け上がるスポ根漫画の草分け

ライジングスター
舞台→インド・ムンバイ
野球→クリケット

講談社と共同で製作を進めるのは

東京・中野区
トムス・エンタテインメント

ライジングスター
キャラクター設定・ストーリー原案は
日本で制作

主人公
星飛雄馬→インド人”スーラジ”

大リーグ養成ギプスや父親の猛特訓はそのまま
最終的にはインドで制作するといいます

トムス・エンタテインメント 制作本部 青木隆介プロデューサー
「日本が高度成長期だった(巨人の星の)背景と」
「現代のインドがかなり似た状況」
「30数年前に描いた”巨人の星”をインド版に移してもしっくりくる」

インド版ライジングスターの試作版が
先週一足先にムンバイで開かれたイベントで公開されていました

講談社国際事業局 古賀義章 担当部長
「(インドは)大きな市場で魅力がある」
「若年層25歳以下が6億人いる」
「日本の出版やアニメ業界が閉塞感がある中で」
「可能性を持った市場」

東京国際アニメフェア2012
のオーバーシーズパビリオン

では海外9ヵ国から在日大使館が参加し
  • フランス
  • フィンランド
  • ブルガリア
などが
各国のアニメ技術をPRしています
 
そしてアフリカ・チュニジアのブースで
見つけたこのアニメ
 
覆面の男がパンを掲げる人気キャラクター
キャプテンコブザです
 
キャプテンコブザの監督 メヒディランゲッシュさん
「”キャプテンコブザ”は去年のチュニジア革命から生まれた主人公」
「迫ってくる武装警察に対してフランスパンを武器に対峙した実在の男」
 
ジャスミン革命
去年1月チュニジアで
独裁政権を崩壊させた革命
 
キャプテンコブザ
政治を風刺したアニメ
 
革命後20代の若者から人気を集めています
 
今回彼らがこのイベントに参加したわけは
日本企業との連携
 
たずねたのは
 
スタジオ4℃
映画”鉄コン筋クリート”などで世界的に高い評価を受ける
 
今後協力体制を作ることで商談は終了
 
「チュニジアはまさに今からアニメが発展していく」
「”これからの国”」
「我々のアニメは人物の動きに問題があるので」
「日本のアニメを見習いたい」
 
スタジオ4℃ 田中栄子 社長
「今後チュニジアに行きチュニジアの昔話やストーリーを」
「一緒に作れたら面白いという話で盛り上がった」
 
日本のアニメ産業はコンテンツだけでなく
制作ノウハウそのモノも強みとして売り込めるのです
 
今回海外から参加する企業のうち
およそ半分が中国企業
 
福建省の特産品ウーロン茶がテーマの
アニメ”ウーロンキッズ”
 
アジア展開を狙っています
 
ほかにも古典の”老子”をテーマにした
北京のアニメ”万乗の王”
 
国策として取り組む中国のアニメ技術をアピールします
 
北京のアニメ制作会社 趙禕丹 総監督
「中国のアニメは成長しているが”産業として発展できるか”が今後の課題」
 
 
一方で
中国の視聴者を狙う日本の制作会社も
 
ジェトロが主催する商談コーナーでは
日本アニメ制作会社が自社作品を海外メディアに売り込んでいます
 
中国では政府が作品の内容に規制を課すため
 
日本アニメ制作会社
中国政府の規制を避けネットメディアへ
 
アニメ制作会社 ティーオーエンタテインメント チョンヒョナさん
「中国は他の国と比べると壁が高いがそれも魅力」
「まだ未開拓なので」
 
国境を越える日本のアニメ産業
振興国も巻き込みますます市場が広がりそうです
 
*今まで海賊版に押されて・・・
「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか
アマゾンで見る
楽天で検索する
「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか (角川oneテーマ21)
 


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。