ワールドビジネスサテライト,5/30,特集,米国ベンチャーが挑む宇宙開発:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/30,特集,米国ベンチャーが挑む宇宙開発

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/30,特集,米国ベンチャーが挑む宇宙開発

去年引退したスペースシャトルが展示のため
ワシントン郊外のスミソニアン航空宇宙博物館に引き渡された

NASAが開発し30年間飛行した
スペースシャトルの歴史に幕が下りた

そして・・・

今月22日に打ち上げられた
民間の宇宙船”ドラゴン”

25日には国際宇宙ステーションにドッキング
食糧などの荷物を届けた

開発したのは宇宙開発ベンチャー
スペースX

官から民へ民間企業が宇宙開発を担う
新たな宇宙時代の幕開けだ

スペースX イーロンマスクCEO
「宇宙旅行の歴史の中で大きな一歩と認識されるだろう」

1回の打ち上げ費用
スペースX 54000万ドル(約43億円)
スペースシャトル 4億5000万ドル(約356億円)

とスペースシャトルのおよそ1/9だ
スペースXの開発力にNASAも舌を巻く

NASA商業乗組員 貨物プログラムマネージャー アランリンデンモイヤ-
「このような低価格が実現し」
「新たな宇宙開発市場が開けるだろう」

カリフォルニア州
スペースX工場

ココで
ロケット・宇宙船を自社開発

宇宙船”ドラゴン”
任務完了後に帰還し再利用で製造コストを抑える

スペースXのイーロンマスクCEOは
2002年に事業を立ち上げた

電気自動車のテスラモーターズ創業者としても活躍する
アメリカの若き起業家だ

スペースX イーロンマスクCEO
「スペースXの強みは(政府と違い)」
「予算など全てに決断力がある事」
「自動車産業のトヨタのように宇宙事業をリードしたい」

アメリカではいま多くの企業が
宇宙ビジネスに乗り出している

インタービタルシステムズ
民間の宇宙ベンチャー
従業員8人 大半が若手エンジニア

現在開発中なのは低コストのロケットだ

ロケット打ち上げサービス
今年中にも開始予定
1回30万ドル(約2370万円〜)


コレまでとは考えられない価格の安さだ
超低コストの秘密は

インターオーピタルシステムズ ランダミロンCEO
「このロケットを数本束ねて打ち上げます」
「ロケットを束ねるというアイデアは1970年代のドイツ企業のモノ」

実はこのロケット
40年前に開発されたドイツの技術を再利用

小型ロケット5本
大型最新ロケットと同じ飛行能力

事業を立ち上げてから15年
既存の技術を活用する事で

ロケット開発費
約10万ドル(約790万円)

さらに
部品は全て手作りで機械は中古品

*飛ぶのかよそのロケットw

低コストの宇宙開発
次に挑むのは宇宙旅行だ

現在開発の宇宙船”CM−1”
1週間 宇宙に滞在可能

宇宙旅行の料金(1人)
500万ドル(約4億円)
来年の初飛行を目指す

*遊園地のアトラクション並みしか見えない内装・・・

すでに問い合わせが相次いでいるという

「なるべくシンプルな構造にして」
「製造コストを抑えています」

さらに

「これは個人用 人工衛星キットの模型」
「打ち上げ代も含め価格は8000ドル(約63万円)」

小型人工衛星キット
宇宙の写真撮影
宇宙からのメッセージ送信も

「宇宙事業を成功させる自信があります」
「借金もありませんコストを抑える事で開発費は」
「投資家などからの資金だけで賄えます」

*ロケットといい宇宙船といい胡散臭い会社だ
*実際にロケットが飛んでる映像とか一切ないし・・・

加速する民間の宇宙開発
世界の宇宙産業の市場は拡大を続けている
今や13.4兆円だ

しかし
ビジネスとしての可能性は未知数だ

グローバルセキュリティー ティムブラウン氏
「ロケットの打ち上げ失敗の確率は約10%」
「100回成功しても1回の失敗で」
「宇宙プロジェクトは閉鎖する可能性もある」
「必ずしも利益が出る事業ではない」

リスクの高い宇宙事業だが
日本市場を狙う動きも出ている

英国ヴァージンギャランティック社の
宇宙旅行の説明会

宇宙旅行を希望する30人が集まった

乗客が登場する宇宙船スペースシップ2
約46分後に大気圏外に到達
4分間の無重力体験

料金は20万ドル(約1600万円)
520人が予約済み

スペースシップ2は
何度も往復できる再利用型

コストを大幅に削減
今までは億単位だった宇宙旅行が身近になった

ヴァージンギャランティック 宇宙旅行販売部 キャロリンウインザー部長
「テストフライトは最終段階に入っている」
「来年にも宇宙旅行を開始したい」

ヴァージンが利用するのが

スペースポートアメリカ
世界初の宇宙旅行専用宇宙港

現在ニューメキシコ州政府が建設中で
来月にも完成する

ヴァージンはこの宇宙港と
2750万ドル(約22億円)で20年契約した

スペースポートアメリカ クリスティンアンダーソン
「安全性が確認されれば20〜30年後には」
「飛行機のように宇宙船は日常的に飛んでいるだろう」

政府がなしえなかった宇宙旅行の低コスト化
民間企業の力によって新たな宇宙時代が到来している

*人工衛星壺とか勧めてきたら注意だ!
詐欺・悪徳商法から身を守る方法
アマゾンで見る
楽天で検索
詐欺・悪徳商法から身を守る方法 (かしこく生きるためのシリーズ)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。