ワールドビジネスサテライト,5/31,特集,”一票の重み”にもうひとつの格差:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/31,特集,”一票の重み”にもうひとつの格差

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/31,特集,”一票の重み”にもうひとつの格差

5月23日
衆議院第一議員会館

ワンボイスキャンペーン発起人 江口晋太郎さん

「僕らが当たり前に使っているインターネットが」

「選挙の期間使えないのはおかしい」


One Voiceサミット
インターネットを使った選挙運動の解禁を求めて開かれた
参加者の多くは若い世代

さらにネットを通じて
1万6000人以上が視聴し各党の政治家に訴えた

ジャーナリスト 津田大介さん
「(ネット選挙運動解禁の)全党協議会を開くと」
「約束して下さい」

民主党 石井登志郎 衆議院議員
「どれだけの権限を私が持てるか分かりませんが」

ジャーナリスト 津田大介さん
「皆さんそういう時は”ハイ”って言った方がいいですよ」

若い世代の政治参加を促す
制度改革を求めて開かれたこのシンポジウム

運営に参加した学生代表の1人は

学生団体アイボート北真理子 代表
「若い人達は少子高齢化で少なくなって」
「社会の中で知らないうちに少数派になっている」
「声を発する人が少ない投票率も低い」
「投票率などで比べると20代の声が」
「政治に届きにくくなっている」

2009年衆議院選投票率
20代 49.5%
30代 63.9%
40代 72.6%
50代 79.7%
60代 84.2%
70代以上 71.1%

20代は60代に比べると
35%も低い

こうした現状が国政の歪みを引き起こしていると
専門家は指摘する

一橋大学 竹内幹 准教授
「高齢者世代が大きな票を持つグループになっている」
「政治も政策もソレに従っている」
「高齢者世代に有利な政策が打ち出されるようになっている」

例えば

年金物価スライド
デフレなら年金給付水準引き下げる制度
→高齢者の批判を恐れ引き今年4月まで下げず

今後3年をかけて本来の水準まで戻す方針だが
余計に払われた年金は累計7兆円にのぼる

「増税の議論でも前面に出てくるのは」
「高齢者寄りの政策のための増税という流れ」
「高齢者の方が(影響力が)大きいので」
「若者の一票は軽く見られてしまう」

5月21日

野田総理
「最優先は(一票の)格差是正」
「憲法・違法状態は1日も早く脱却しなければいけない」

いま
社会保障と税の一体改革に加え
国会で焦点になっているのは一票の格差問題

一票の格差問題
2009年衆議院選挙で
議員1人当たりの有権者数2.3倍の格差

最高裁が2011年3月に違憲状態と判決
→国会に是正もとめる

単に票の重みの問題だと思われがちだが
コレがさらに若者に不利な政治構造を作っている

議員1人当たりの有権者が
最も多い千葉4区と最も少ない高知3区を比べてみる

選挙区内の65歳以上比率
高知3区 33.7%
千葉4区 19.6%

結果として
高齢者の声を代弁する候補者が当選しやすく

若者の利益は反映され難い状況となっている

一票の格差問題の解消の難しさを示す
縮図のような町がある

岐阜県・揖斐川町
の町議会選挙では

全国でも珍しく選挙区制度をとっている


藤橋 252人

揖斐川 1802人

一票の格差 7.15倍

揖斐川町
2005年に1町5村が合併
→それぞれが町議会の選挙区として存続

一票の格差是正に向けて
選挙区制度の廃止検討

しかし・・・

一票の価値が最も重い
藤橋地区を訪ねると目につくのは高齢者ばかり

旧藤橋村 中川千吉 元村議
「働く場所がないので人が出ていく」
「そうすると高齢者ばかりになる」
「悩んでいるがどうする事もできない」

かつてはダムの建設関連で賑わったが
完成した今は仕事は減り

次の産業も育っていない

人口は合併以降3割以上減り
過疎と高齢化に歯止めがかからない

地域が衰退しているからこそ
選挙区制度を維持して

地元の意向を町議会に伝えることが重要だという

「藤橋地区に1人は町議がいてほしい」
「80%か90%の高齢者はそう思っている」

拡大する一方の格差を是正するため

選挙区制度の廃止を求める署名を提出
条例改正を直接請求

署名を集めた

揖斐川町の改革を考える会 高橋穀 会長
「議員の関係者から”そんな事をしても否決するから無駄な事をするな”」
「と言われた人もいる」

実際格差是正の条例改革案を審議する
特別委員会でも

一票の格差是正
賛成表明は7人中2人

現実的には一票の格差是正は難しい

放置すれば将来の国造りをゆがめかねない
一票の格差問題

世代間の対立を生む危険性もはらんでいるが
是正に向けた永田町の動きは鈍い

最高裁の違憲判決を受けて
昨年末から続く与野党協議でも

話し合いの中心になっているのは
違憲状態をとりあえず解消して次の選挙を行えるようにする案

将来の成長を見据えた抜本改革に
取り組む機運は低い

コレまで
国政の役割は富をどう配分するかだった

しかし今後は
社会保障費をどの世代が負担するかが課題となっている

選挙制度もソレに従って変わる必要があるという

一橋大学 竹内幹 准教授
「世代間対立を煽るわけではないが」
「高齢者の代表と現役世代の代表で」
「それぞれの区割りをしてほしい」
「世代別に選挙区を作ってもいいと思う」

どのような視点で一票の格差を解消していくのか
コレまでの常識に囚われずに検討し直す必要がありそうだ

*抜けないらしい
最高裁の違憲判決 「伝家の宝刀」をなぜ抜かないのか
アマゾンで見る
楽天で検索
最高裁の違憲判決 「伝家の宝刀」をなぜ抜かないのか (光文社新書)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。