ワールドビジネスサテライト,6/5,日本の”食”技術を狙え:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/5,日本の”食”技術を狙え

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/5,日本の”食”技術を狙え

回転寿司チェーン あきんどスシロー はきょう
中国合弁事業発表会


新たに中国に進出する事を発表しました

年内にも上海一号店を立ち上げ
8年後には200店舗およそ400億円の売上を目指します

あきんどスシロー 豊崎賢一 社長
「(中国は)外食市場としても日本を上回ってきている」
「現地に行ってもスシというのがすごく根付いている現状を目の当たりにして」
「そういう事も含め”時が来た”と」

寿司郎上海有限公司
客単価1000円超の中間価格帯
105円均一ではなく3~4の価格帯で展開予定

また

メニュー
中国で好まれるサーモンや
中国料理をアレンジしたような軍艦巻など

を開発する予定です

スシローが組むのは

和記小菜
上海に16店舗 中華レストラン

何征 董事長
元コック 世界大会で金賞受賞

手頃な値段で本格的な料理を提供する店として
上海ではトップクラスの人気です

そんな彼らが狙う上海の寿司市場
昼時列を作っていたのは回転スシの店です

回転スシ店には
  • 中国系
  • シンガポール系
  • 香港系
  • 台湾系
など
回転スシはたくさんあるものの
実はそのほとんどが日本の店ではありません
 
メニューとはというと
人気は日本人にとっては変わり種ともいえるお寿司
 
濃い緑色のトルコ風のモノが乗っていたり
軍艦巻きも実に豊富です
 
まだ生の魚に抵抗がある中国人も多いため
火が通ったネタが多いのも目につきます
 
さらに人気なのは
個別包装”テイクアウトずし”1つ1元(約13円)〜
 
かなり独特な進化を遂げていますが
こうした市場で勝つのに欠かせないと考えたのが
 
日本企業が持つ優れたノウハウです
 
上海和記餐飲管理有限公司 何征 董事長
「一年間視察しスシローの運営システムに感銘を受けた」
「先進的な食品管理・鮮度管理・衛生管理は必ず導入したい」

中国の消費者が求める
安心・安全な回転ずし

スシロー厨房に入るには3回の手洗いが必要で
さらに消毒液で手を洗う際は責任者が確認

そして
天井の監視カメラでもチェックしています

あきんどスシロー 田中俊作 副部長
「安心・安全に食べてもらうためには」
「それくらいしっかりしないといけない」

新鮮なスシを提供するために先端のITシステムも活用
各テーブルごとに客が入店してからの時間をチェックし

レーンに流す最適なスシの量を指示

皿のしたのはICチップが埋め込まれていて
約350メートル移動すると自動で廃棄されます

またスシローでは寿司ネタを店舗で加工するなど
ひと手間加えた創作ずしを売りにしています

「ひと手間は大変だがかけてでもやろうと」
「みんな思っている」

手をかけた調理とIT化された店舗運営
こうしたノウハウを中国企業は学びたいと考えるのです

日本の食の技術を狙う動きはココにも

FOOMA JAPAN
国際食品工業展〜8日まで
東京ビッグサイト

食品に関する機械の展示会
600以上の企業が参加し今年は海外からの訪問客は多く

特に目立ったのはアジアからの客です

中国でファーストフード店を経営する 廖東さん
「中国人も人件費がドンドン高くなっています」

東さんは去年 ドリマックスでスライサーを購入
野菜の切り口が均一で水っぽくならず

肉まんの味が良くなったと言います

他にも良い機械はないかとこの展示会にやってきました

東さんのお目当ては
自動で餡を包む包餡機です

価格はおよそ900万円
値段交渉しましたが

「値段が高いですね・・・」
「この機械で作れば見栄えもいいし品質も良いのですが」

交渉は保留にしかしこうした中国企業からの食品機械の需要は
確実に伸びていると言います

ドリマックス 松本英司 社長
「前年比で700%を超えました」
「日本に比べたら無限大と言っていい」

無限大の可能性を秘めたアジア市場
こうした市場を狙う企業は他にも

ワタナベフーマック
食肉スライスの加工機器を扱う

ワタナベフーマック 渡辺将博 取締役
「ココ数年1.3〜1.4倍 軒並み右肩上がりというかたち」

年間の販売台数
日本 70〜80台
中国 600〜700台

およそ10倍を占めると言います
その販売先は

「日本式のしゃぶしゃぶのチェーン展開や」
「牛丼店などの形態がドンドン増えている」
「現地のスーパーが日本式の形をドンドン取り入れているのもある」

高い品質や耐久性に優れている日本製の機器
こうした点が評価され

食品機械の輸出販売額は
ココ10年成長を続けています

安心安全を極めてきた日本の食の技が
世界で商機を広げています

*外国人の目から見た日本の食文化
日本の食文化史
アマゾンで検索
天で検索
L'ART CULINAIRE AU JAPON 日本の食文化史





Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。