ワールドビジネスサテライト,6/6,特集,米国ゲームに”ギャンブル”の波:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/6,特集,米国ゲームに”ギャンブル”の波

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/6,特集,米国ゲームに”ギャンブル”の波

アメリカ ロサンゼルスで世界最大のゲームショー
E3 2012が開幕しました

朝一番の発表は任天堂

新型家庭用ゲーム機WiiUの最終形をお披露目しました

WiiU
  • テレビと連動
  • 指や電子ペンで操作可能
  • ソーシャルネットワーク機能を追加
→年末商戦に投入へ
 
ライバルのソニーは

ソフトを重要視する姿勢を打ち出します
 
SCE
プレイステーションのゲームが楽しめる
HTC社のスマートフォンを紹介
 
携帯電話向けのゲームに力を入れる方針です
 
一方
 
今回初めてE3に乗り込んだのが
日本のソーシャルゲーム大手グリーです
 
グリーが前面に押し出すのは
グローバルに使える新しい交流サイトです
 
グリー米国法人 荒木英士上級副社長
「グリープラットフォームは世界で2億3000万人の会員数がいる」
「モバイルでは初めてユーザーやゲーム会社に対しても可能性がある」
 
ゲーム会社にとっては安いコストで
世界展開が可能に
 
ブースでは海外向けに初めて作った
育成型ゲームの他
 
日本でヒットしているつりゲームやカードゲームなど
26タイトルを展示
 
コンプガチャ廃止で売り上げが2割以上減ると指摘がある中
世界市場への本格展開で成長を維持する考えです
 
「今まで日本市場で培ってきた」
「モバイルソーシャルゲームづくりのノウハウや強みが」
「アメリカや他の市場においても実際に通用するというのが分かってきて」
「コレはいけるぞと強く手応えを感じている」
 


成長著しい米国ソーシャルゲーム市場

2015年に55億ドルおよそ4300億円規模になると見られています
 
特に盛り上がりを見せているのが
スロットなどのギャンブルゲームです
 
いまアメリカでは
ソーシャルギャンブルゲームが人気を呼んでいます
 
ソーシャルゲーム(1人当たり売上高)
ギャンブル型は一般より↑4割
 
さらに日本で一部のソーシャルゲームをめぐって
ギャンブル性が指摘される中
 
アメリカではギャンブルそのモノを認める動きが進んでいます
 
米国司法省 去年12月
ソーシャル・ギャンブルゲーム含む
オンラインギャンブルを事実上容認
 
州ごとの判断によって
ネット上でお金をかける事ができるようなるのです
 
コレを受け
 
ニュージャージー州
オンラインギャンブル合法化の法案審議中
 
合法化されればニュージャージー州に
追加税収や雇用創出が生まれると言います

ニュージャージー州 レイモンドレズニアク上院議員
「合法化による2000万ドル(約16億円)の追加の税収が入ってくる」
「また経営難に苦しむカジノ会社も売り上げに貢献し」
「雇用増加にも繋がる」

すでに

オンラインギャンブル合法化
ネバダ州 法案可決→ポーカーのみ合法
カリフォルニア州など数州が準備進める

アメリカで進むソーシャルギャンブル合法化の動き
世界のゲーム会社がビジネスチャンスを狙っています

ドイツ・ベルリン
クラウドパーク社

創業2年のこの会社は
ソーシャルギャンブルに的を絞って開発しています

現在はアメリカのギャンブルゲーム合法化を意識して
次々と新作を発表しています

モバイル向けに開発中の1対1の対戦型ゲーム

まず
フェイスブック上から対戦相手を選び

次に
何を賭けるか決め
 
賭けごとの内容を自分で書き込みます
 
例えば
”明日の試合はヤンキースが勝つ”といった具合
 
今は遊び感覚が強いモノですが
ギャンブルが合法化されればネット上で
 
お金のやり取りもできるようになります
 
クロウドパーク クリストフイェンケCOO
「合法化されれば新たな売り上げが増えるだろう」
「この波に乗って次々と新作を作りチャンスを取りにいく」
 
ただ
 
ギャンブルゲーム
架空のコインと金を賭けるモノは異なる
→ノウハウを持つカジノ会社との提携進める
 
「現在 欧州系カジノ運営会社と」
「ゲームの共同開発の話を進めている」
 
世界オンラインギャンブル市場
来年300億ドル(2兆3500億円)へ
→ソーシャルゲーム拡大も
 
しかし
 
手軽に賭けごとができてしまうため
問題が発生しないか懸念する専門家もいます
 
オンラインギャンブル専門家 ジャックルディスク氏
「未成年の利用を防ぐためにスクリーニング課題となる」
「またギャンブル依存症など問題がある人を外す作業も重要だ」
 
ギャンブルの規制を緩めようとしているアメリカ
携帯端末やSNS普及と共に
 
ソーシャルギャンブルゲームはますます広がりそうです

*手軽にできるだけにやめるのも大変そう
どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本
アマゾンで見る
楽天で検索
どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。