ワールドビジネスサテライト,6/21,特集,再生医療xニッポンの技術力:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/21,特集,再生医療xニッポンの技術力

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/21,特集,再生医療xニッポンの技術力

実際の治療現場でも広がりつつある再生医療

ひざの軟骨を傷つけ歩くのも困難だった
浦島さん

去年 再生医療で
軟骨を再生しました

足を引きずるほどだったが
現在は生活に支障はないという

看護師の浦島さん
たち仕事が中心ですが

手術を受けた後はひざの痛みもなくなり
今は仕事への影響もないといいます

浦島さん
「再生医療の治療を受けて楽なり」
「良かったと思う」

浦島さんが治療を受けた

東京・文京区
東京医科歯科大学 医学部付属病院

再生治療の技術をひざの治療に取り入れているのが

東京医科歯科大学 軟骨再生学 関矢一郎 教授
「(患者)自身の細胞を使って再生させる画期的な方法」

再生医療では患者から取り出した細胞の培養を行い
治療に使える量に増やします

その細胞を再び患者の体内に戻すことで
負傷した部分の治療を行います

「(再生医療の治療を)4年前から始めて」
「半年以上経過している人が約20人」
「約8割の人は軟骨の欠損が修復された」

再生衣料を支えているのが
細胞の培養技術です

治療に使う細胞の培養は
すべて人の手で行われます

培養には高い技術力が必要で
熟練した培養士に頼っているのが現状です

東京医科歯科大学 医学部付属病院 細胞治療センター 森尾友宏さん
「個人によって細胞に差がある」
「培養しやすさし難さなどがあり」
「ある程度の経験が必要」

しかし今後再生医療が本格化するにつれて
熟練した培養士の確保が課題となってきます

この課題を解決する新たな動きが

大阪・吹田市
大阪大学 医学部付属病院

再生医療に使う細胞を自動で培養する装置が完成しました

川崎重工業が開発した
再生医療用 細胞自動培養装置

2台のロボットが熟練した培養士の動きを
正確に再現しています

さらに

人の出入りがないため常にクリーンな環境が保てるので
安定した品質の細胞を大量に生産する事ができます

川崎重工業 技術開発本部 中嶋勝己さん
「このロボットは半導体の世界で育ってきた」
「人間がやる場合に比べ10倍クリーンな環境で作業ができる」

産業用ロボットで40年の実績を持つ
川崎重工業

そのノウハウを生かし
今年4月 再生医療の治療分野に参入

「再生医療の発展で熟練者を確保する事ができなくなる」
「再生医療の臨床が進むにつれて」
「こういう機械も普及すると期待」

一方

ソニーも得意とする技術を応用し
この秋再生医療分野に乗り出します

開発したのは細胞の分析装置
ソニーが出す初めての医療用の機器です

細胞分析装置”セルソーターSH800”

細胞が入った溶液を装置にセットすると
分析を開始しモニター画面に細胞の画像やデータが表示されます

実はこの装置
ソニーが開発したブルーレイの技術が応用されています

ブルーレイはレーザーでディスクの信号を読み取る

一方
分析装置はレーザーで細胞の種類や大きさを読み取る

ブルーレイの再生と細胞の分析
どちらもレーザーで検出するという同じ技術が用いられています

ソニーメディカル事業ユニット 古野敦司さん
「再生医療の細胞分析・解析は」
「非常に注目され成長も望める分野」
「我々の得意な分野・領域をコアにして」
「今後ビジネスを成長させていきたい」

再生医療分野にビジネスチャンスを見出しているのは
大手企業だけではありません

京都市

ウミヒラ
金属加工メーカー
従業員16人

ウミヒラで作っているのは
再生医療で使われる細胞を運ぶための
ステンレス製の容器”細胞搬送容器”

完全な密封状態にでき
水平に保たれるような仕組みになっていて
振動の影響を防ぐことができるようになっています

ウミヒラ 海平和男 専務
「最終仕上げが肝心」
「全員が技術職の手を持っている」
「そこがうちの技術力」

実はこの容器
ウミヒラと京都大学の共同開発

町工場から最先端の医療機器が生み出されています

京都大学大学院 医学研究科 青山朋樹 准教授
「私たちのニーズに対応してもらえる」
「中小企業の方が大企業よりも技術力が高いと思う」

ウミヒラ 海平和男 専務
「現実的な利益はまだまだ」
「今後 伸びていく再生医療に今から取り組まないと」
「急には入っていけない」

モノづくりの高い技術力を再生医療に活用したい
こう考える中小企業が今増えています

こうした京都の中小企業と
大学や医療機関を橋渡ししているのが

京都市・下京区
京都リサーチパーク

研究者のニーズを汲み取り
地元の中小企業とマッチングしています

再生医療の研究現場からの要求は
ニッチな分野のモノが多いといいます

これまでにリサーチパークの橋渡しを通じて
細胞圧縮培養装置
小動物固定装置

など15点の開発に成功しています

京都リサーチパーク 開発企画部 村中伸滋コーディネーター
「再生医療は将来的な市場が非常に大きくなっていて」
「企業に早期に参入してもらうことが目的」

研究分野では世界をリードする
日本の再生医療

治療現場ので実用化に向け
日本企業の果たす役割は大きく

成長ビジネスとしても期待されています

*千豆食べたらピッコロの腕が生えるみたいなの早く!
ドラゴンボール 全42巻
アマゾンで見る
楽天で最安値を検索
ドラゴンボール 全42巻 (ジャンプ・コミックス)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。