ワールドビジネスサテライト,7/24,アジアの空で”早さ”磨け:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/24,アジアの空で”早さ”磨け

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/24,アジアの空で”早さ”磨け

成田空港午前8時
貨物専用の航空機が上海から到着しました

航空貨物世界大手ドイツDHLです

成田で今日
アジアの事業戦略を発表しました

DHLジャパン 山川丈人 社長
「日本でナンバーワンのポジションを圧倒的で強固にしたい」
「事業拡大の切り札となるのが上海に今月開業した」
「物流のハブです」

ハブ
荷物の仕分け積み替えを行う中継基地で
物流会社の競争力を左右します

DHL上海ハブ
中国北部や日本・韓国を発着地とする
荷物を集荷・発送

日本から北アジアへの荷物の発送は
コレまでの香港ハブ経由から新しい上海ハブ経由に切り替わり

輸送時間は4時間以上短くなるといいます

「翌日の午前中の配達保証をできる地域が」
「ドンドン広がっていく」

日本発 翌日午前中に配達保証
ソウル・台湾・北京などに拡大へ

「長江周辺の日系の在中国企業に対する利便性向上と」
「スピードという点で大きな武器を提供できる」

成田に到着した荷物は
どのようにして利用者に届くのでしょうか

午前9時半

貨物をのせたトラックは新木場の
ディストリビューションセンターに到着しました

DHLジャパン 牧島直樹マネージャー
「こちらが上海の北アジアハブから」
「到着したコンテナ」

続々とコンテナから下ろされる上海経由の貨物

上海からの荷物
自動車部品・精密機器・アパレル製品など多い

コンテナから下ろされた荷物はコンベアーにのせられて
配達先ごとに仕分けされていきます

9時半に到着した荷物は
わずか1時間足らずで仕分けされました

「最終的に仕分けされた荷物がココへ降りてきて」
「各地のサービスセンターへ配送される」

午前中には
ほぼ全ての荷物が各地の配送センターへ

また配送が近隣の荷物は
東京ディストリビューションセンターから配送

ライバルもアジアの物流網を強化します

フェデックス 氏家正道 北太平洋地区担当副社長
「ハブ化した関空は」
「北アジアからの貨物を米国に発送する拠点となる」

フェデックス
2014年春 関西国際空港に
北太平洋地区の貨物ハブ開設

24時間利用可能な滑走路を生かして
柔軟な輸送体制を構築を目指します

航空貨物を利用する速さのメリットは

アウディ
主な部品98%を国内に常備
→残り2%のパーツをドイツから

東京・世田谷区
アウディ世田谷

アウディ世田谷 澤智一郎 店長
「郵便で送られた場合ドイツからだと」
「約60〜70日の時間がかかる」

これが空輸だと
4日〜1週間ほど

「まず客の満足を重要視しますから」
「国内にないパーツを迅速に取り入れ」
「客に納期を知らせるとか」
「短い納期で案内できることは大きなメリット」

グローバル展開する海外大手に追いつこうとする
ニッポン勢の動きも

ヤマト運輸
2年前 中国に進出

中国人スタッフにも日本と同じ教育を行い
徹底した日本式の宅配便サービスで

徐々に事業を拡大しつつあります

そんなヤマトが去年
新たに始めたのが

法人向け国際宅急便

しかしある課題が

日本的サービスの信頼・安心感で
採用している日系企業で話し聞くと

上海ヒューマン 黄金城 部長
「我々にとってはいち早く書類・荷物は」
「日本に着いてほしいという気持ち」
「4日間だとチョッとかかりすぎ」

そんな客のニーズに対応するため

ヤマト運輸
今年度中 沖縄にハブを開発する予定

上海や香港・マレーシアなど
5つのエリアが4時間以内に結ばれることになります

沖縄ハブが実現すれば
4日かかっていたものが翌日配送が可能に

例えばヤマト運輸が売りにしているクール便によって
日本で獲れた魚が翌日の夜上海の料理屋に並ぶのです

そして
海外大手との最大の差別化について

ヤマト運輸 塚本愼一 常務
「日本において国内をきめ細かいネットワークで網羅しています」
「特に都市部ではなく地方を中心にして」
「羽田・沖縄に貨物を集約しながら」
「短時間で現地へドアツードアで配送する」

活発化するアジアでのハブ機能構築の動き
航空貨物の速さを巡る戦いがますます激化しそうです

*地方空港はハブ化を狙うのがいいかもね
「100空港時代」を生き残れ
アマゾンで見る
楽天で検索
「100空港時代」を生き残れ


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。