ワールドビジネスサテライト,7/27,地方食材 海外へどう売り込む:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/27,地方食材 海外へどう売り込む

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/27,地方食材 海外へどう売り込む

今日都内で開かれた記者会見

農林水産省 輸出促進グループ長 小島吉量 氏
「(日本から)過去最多の出品者が出て」
「バイヤーと商談会をしていく」
「日本からの輸出にとっても良いビジネス機会にしていきたい」

フードエキスポ2012 事前説明会
(8月16日〜20日)

WBSでも取材したい去年のフードエキスポ
来場者が30万人を超えるアジア最大級の展示会です

香港といえば

平均寿命が日本を抜いて
世界で1位になったことが昨日わかりましたが

香港貿易発展局 古田茂美 日本首席代表
「日本食を食べてきた香港の人たちが」
「日本以上に長寿になった」

実は
日本食品輸出額(国・地域別)を見ると
2005年に香港がアメリカを抜き1位となり

現在では全体の輸出額の25%が
香港向けです

そのわけは

農林水産省 輸出促進グループ長 小島吉量 氏
「香港はそれなりに所得水準も高く」
「目の肥えた消費者がたくさんいる」

また87
中国本土から年間約2800万人が香港を訪れることから
中国進出への入り口として日本の食品生産者の関心も高く

フードエキスポ2012
日本から225社・団体が出展(前年比↑34%)

香港貿易発展局 古田茂美 日本首席代表
「日本にいても市場が広がらなかったり」
「小さくなる人々が」
「香港経由で中国・ASEAN。・アジア売っていきたい」
「えい各地で期待が膨らんでいる」

特に香港市場を狙っているのは地方の生産者たちです

佐賀県
売り込むのは佐賀牛

地元の焼肉店には香港から
佐賀牛を食べに来た観光客も

香港でもその名を広めつつある佐賀牛
生産者を訪ねました

佐賀牛生産者 田中政弘さん
「和牛はわらが一番必要」
「これがなかったら和牛は育たない」

地元のわらで育った佐賀牛

佐賀牛
出荷価格 1頭 約2700万円

と和牛の中でも最高に近いレベルです

生産者の元に現れたのは

JA佐賀 畜産・酪農対策本部 立野利宗 本部長
「今度香港でフードエキスポがあり」
「佐賀牛も出していく」

佐賀牛の香港輸出
中心となって進めているのは地元のJAと佐賀県です

なぜ海外へ進出したのでしょうか

「国内で売れれば海外に出す必要はないが」
「日本の経済が低迷しているので」
「今まで通り国内で売ろうとしても買ってくれない」

国内市場では和牛の供給が
需要を上回り卸売価格も下がり続けています

そうした中
新たな販路として海外

特に食糧の輸入が盛んな
香港を選択したのです

佐賀牛をブランド化し
香港の飲食店 約30店と契約

「日本では松坂牛・神戸牛があるが」
「(輸出するほど生産量に)余裕がない」
「(生産量に)余裕のある佐賀牛を海外に持っていき」
「ブランド化しようと思った」

富裕層を中心に評価され
09年 8.6t → 現在 約22t

と急成長し

さらに去年からは
シンガポール・マカオと輸出を拡大しています

「今後シンガポールへの輸出を伸ばしたいし」
「新たな国が開けたらソコに出していきたい」

一方
これから海外への輸出を狙う
地方の食材も

愛知・浦郡市
金トビ志賀

きし麺をはじめ
うどんやそーめんなどを生産している

工場の一角で袋詰めされているこの品
他の商品とは違う狙いがあります

金トビ志賀 志賀重介 社長
「新しい高級きしめん国産小麦100%」
「海外向けの取り組みもイロイロしている」
「中国で読めるよう"可喜面"とかいてある」
「これはきしめんの中国語読み」
「商標登録しました」

中身の麺も従来の半分の薄さにして
パスタのような食感を実現

伝統食材のきしめんを
新しいモノにしようというこの試み

その背景には

「愛知県全体で(生産量が)約10年で約1/3に減った」

若い世代のきしめん離れで
家庭用が減っている上に業務用が冷凍麺などに移行した影響で

乾麺のきしめんの生産は
急激に減っています

「きしめんもパスタの一種ということで」
「地域の会社10社で活動している」

きしめんでらパスタ
県内の主要メーカー共同プロジェクト
海外プロモーションや新メニュー開発など

フードエキスポに向けて開発したメニュー

茹でたきしめんを水でほぐし
特性のソースで和えると

ジェノベーゼ風
愛知県特産の大葉を使用

ボロネーゼ風
愛知県特産の赤みそを使用

一見奇をてらったこのメニュー
実は海外に向けた狙いがあります

「きしめんは素材としてとても良いモノがある」
「向こう(海外)の食文化に合ったなじんだ味を取り入れて」
「受け入れやすくして入っていく必要がある」

外国人も受け入れられる味を求めて
プロジェクトでは海外からの留学生をモニターに

試食会を重ねました

10数点の中で好評だった
この2つの味で香港フードエキスポに乗り込みます

「人口の多い大陸の中国」
「陸続きで行けばヨーロッパまで行く」
「もともと麺の文化が伝わってきたように」
「ソレを中国に返しながら」
「その向こう(ヨーロッパ)まで行けたらいいなと思っています」

*巨大市場に新需要できると穀物価格が・・・
空飛ぶ豚と海を渡るトウモロコシ
アマゾンで見る
楽天で検索

空飛ぶ豚と海を渡るトウモロコシ ――穀物が築いた日米の絆


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。