ワールドビジネスサテライト,7/27,特集,治る最前線,第13回,画像を駆使した脳腫瘍治療:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/27,特集,治る最前線,第13回,画像を駆使した脳腫瘍治療

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/27,特集,治る最前線,第13回,画像を駆使した脳腫瘍治療

え脳腫瘍とは
脳そのもの脳の神経などから腫瘍が発生し
広がっていく恐ろしい病

脳がある場所は頭蓋骨に囲まれた
閉鎖空間で腫瘍ができると

頭蓋骨の内側の圧力が高くなる
すると

症状
頭痛・吐き気・言語機能の障害など

脳腫瘍の1年間の患者数
約1万8000人

死にいたる恐ろしい病
脳腫瘍

その治療の最前線を追った

30代男性
文字が読みにくくなるなど体の異変に気付き検査を受けたところ
側頭葉に5cmの脳腫瘍が見つかった

この患者の腫瘍は
治療が難しい悪性のグリオーマという腫瘍

最新のインテリジェント手術室で
治療が行われる

治療が始まった

頭蓋骨の一部を取り除き
脳をMRIで撮影する

これまでは手術前に撮ったMRI画像を使って
治療をしてきた

しかし
頭蓋骨を開くと脳の周りの液体が染み出し
脳の位置が1cm近くズレてしまう

腫瘍の位置もズレてしまうので
正確な治療が難しかった

ソレを解決したのがMRIを備えた
インテリジェント手術室

コレまでのMRIは
発生する磁場が強すぎて他の手術器具に影響するため
手術室に設置することができなかった

今回のMRIは発生する磁場が
コレまでと比べ1/5程度

磁場が発生しないスペースができるため
手術室に設置できた

撮影の前に患者の頭に

コイルを装着
小さな磁場でも精度の高い画像が得られる

そして患者は手術台のままMRIに入る

患者の移動を最小限にするため
手術台は磁場の影響を受けない素材で作られている

撮影し15分後
頭蓋骨を開いた正確なMRI画像が得られた

この画像を使いいよいよ腫瘍の摘出が行われる
使われるのは先端にボール状のマーカーが付いた

特殊な電気メスだ

このマーカーの動きは
手術室にあるセンサーで読み込まれ

先ほどのMRI画像に
メスの位置が融合されて映し出される

腫瘍とメスの位置をリアルタイムで示す
ナビゲーションシステムなのだ

グリオーマと呼ばれる悪性の腫瘍は
目では正常な細胞と区別がつきにくく

染み込むように広がっているため
境目が分かりにくい

このナビゲーションシステムを使い慎重に切り取っていく
およそ5cmの腫瘍が患者から取り出された

さらに腫瘍の取り残しがないか
再びMRIで撮影する

摘出直後に確認できるのも大きなメリットだ

正確な画像を使った手術は
高い治療効果をあげている

5年生存率(低悪性のグリオーマ)
東京女子医大病院(2000〜2010年):約95%
全国統計(1991〜1993念):約66%

東京女子医科大学 先端工学外科 村垣善治 教授
「最大限の摘出と最小限の合併症を目指す」
「外科医を強力にサポートする手術室といえると」

また脳腫瘍は早期発見が何より重要だ
新しい検査が始まっている

岐阜・美濃加茂市
中部療護センター

この日
検査を受けるのは

1年前に脳腫瘍の治療を受けた
70代の女性

再発がないか調べに来た

PET検査は
ブドウ糖に放射性物質をつけた薬を使う
腫瘍はブドウ糖を取り込み増殖するため薬は腫瘍に集まってくる

薬には放射性物質がつけられているため
腫瘍のある場所は放射線を発する

その放射線を機械で測定し
画像化することで腫瘍を見つける仕組みだ

ブドウ糖を使ったPET検査は
様々なガンの早期発見に役立っている

しかし脳の場合
正常な部分にもブドウ糖が集まりやすい

そのため増殖が速い悪性度高い腫瘍でなければ
違いが分かりにくかった

そこで今回使うのは
メチオニンに放射性物質をつけた新たな薬だ

ブドウ糖と違い
正常な脳には集まりにくく腫瘍に集まっていく

メチオニンPET検査は
悪性度が低い段階でも発見しやすいのが一番のメリットだ

今回の患者はこの検査で
再発がないことが分かった

中部療護センター 篠田淳センター長
「メチオニンPET検査で悪性度が低い脳腫瘍でも」
「診断が容易になった」
「悪性度の低い段階で治療したほうが治療効果が上がり」
「生存予後も伸びる」

恐ろしい病脳腫瘍
しかし最新の技術で救われる患者は確実に増えていくはずだ

*挑戦が続いていつか克服する日が来るでしょう
脳腫瘍への挑戦
アマゾンで見る
楽天で検索
脳腫瘍への挑戦


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。