ワールドビジネスサテライト,9/20,東京ゲームショウ開幕,主役は「ソーシャルゲーム」:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/20,東京ゲームショウ開幕,主役は「ソーシャルゲーム」

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/20,東京ゲームショウ開幕,主役は「ソーシャルゲーム」

幕張メッセ・東京ゲームショウ2012会場

今年のゲームショウ勢いを感じさせるのは
ソーシャルゲーム各社のブースです

グリーは会場中央に大きなブースを構え

会場で目立ったのはスマートフォンなどを使って
ネット上でイロイロな人と交流しながら遊ぶ

ソーシャルゲームの展示

据え置き型のテレビゲームと並び
主役級の存在になっています

ゲームメーカー コナミ
今年はソーシャルゲームのコーナーにも力を入れます

コナミデジタルエンタテインメント 早川英樹 執行役員
「今企画しているのがモバイルのソーシャルゲームと」
「アミューズメントマシンの連動です」

それが
カード型対戦ゲーム
ドラゴンコレクション

アミューズメントマシンにソーシャルネットワークを取り入れる事で
幅広い年齢層に遊んでもらうのが狙いです

「コンシューマー(家庭用)とアミューズメント」
「カードゲーム ソーシャルゲーム」
「連携をとった企画が収益の柱になると思う」

コナミのソーシャルゲーム
国内で約20タイトルを展開
→海外向けに2タイトルを配信

「これからスマートフォンがグローバルに普及すると思うが」
「ゲームをつくってきt会社にとって」
「コレをリッチ化していき今までのソーシャルゲームのノウハウを」
「合わせればグローバルで展開しやすくなる」

世界レベルで急速な普及が進むスマートフォン
それに合わせ

スマートフォン用に開発されたソーシャルゲーム
265作品 ↑約3倍(前年比)

ソーシャルゲームをめぐってはこんな動きも
ゲームショウでは今年からアジア各国から集めたコーナーを設けました

*いや前からあるし

日本のゲームショウに出展する狙いは


台湾企業
「ソーシャルゲームを売るためのパートナーを探している」

インドネシア企業
「大小かかわらず協力してくれる日本企業を探している」

一方で
積極的に海外メーカーと接触する日本人の姿も

海外企業と商談した ビックホーン 大角正秋 社長
「ヨーロッパの会社の代理店をしているので」
「いいゲームを見つけるために探し回っている」

急激に加速するソーシャルゲームへの流れ
各社がにらむのはもはや国内だけではありません

グリー 田中良和 社長
「ソーシャルゲームといわれるジャンルは」
「日本でのビジネスから全世界のビジネスに変わる」

各社が今目指しているのはソーシャルゲームの海外展開
世界のスマートフォンの普及台数は

今後5年で37.46億台と予想されています

スマホで遊ぶソーシャルゲームにとって
海外は大きな市場です

各社の戦略は様々
会場に現れたのはソーシャルゲーム大手

DeNA 守安功 社長
「出展していないが新しい発表がある」

出展はしていないDeNA
守安社長が向かった先は他社のグループス

グループス 川方慎介 社長
「日本でソーシャルゲームを開発運営してきたノウハウで」
「世界で勝つため海外へ展開する」
「DeNAと海外事業を包括提携する」

海外で両社が手を組む事を発表しました

DeNA 世界でのゲーム配信ネットワーク
gloops 人気ゲームを生み出す力

互いの力を持ち寄り海外を狙います

DeNA 守安功 社長
「海外マーケットは非常に大きいが」
「1社ずつで攻めても攻略が難しい」

グループス 川方慎介 社長
「日本で出している優良なコンテンツを持っている」
「ドンドン海外へ展開していきたい」

DeNAが世界に持つネットワークとは

東京・渋谷
DeNA

DeNAはプラットフォームを
日本語・英語・中国語・韓国語に対応

DeNA 国際広報担当 秋山知之さん
「プラットフォームはモバゲーの上に」
「たくさんゲームが提供されているが」
「たくさんゲームが乗っている皿と思えばいい」

例えば
英語版のモバゲーのプラットフォームは横型
さらに日本のプラットフォームに比べビジュアルに訴え
文字の数が少ないのが特徴です

*遠まわし馬鹿にしてるW

言葉や文化の違う国でソーシャルゲームを売るには
プラットフォーム作りが重要だといいます

「世界にスマートフォンアプリは60万以上ある」
「たくさんあるアプリの中から見つけるのは大変」
「気になるアプリを見つけるためにプラットフォームは大事になってくる」

*そう考えるとゲームの囲い込みとゲーム同士の連携とか

日本で浸透したばかりのソーシャルゲームが
海外に出るわけは

DeNA 守安功 社長
「日本は海外においてマーケットが一番早く」
「立ち上がったので今のタイミングが」
「世界の会社よりもノウハウの面でアドバンテージがあると思う」
「海外に勝つためにはこおタイミングで出ていく必要がある」

海外でゲームを販売するにはこんな取り組みも欠かせません

東京・港区
KLab

KLab 野口真吾さん
「海外にアプリを出すために必要なローカライズ作業をしているチーム」

ソコで作業していたのは
  • アメリカ・テキサス州出身
  • イギリス人
  • マレーシア人
  • 中国人
 
ローカライズとは
海外向けに言葉の翻訳などを行う作業

ただ最も重要なのはこの部分

「この状態が日本向けに提供されている絵」
「これを修正してライティングや塗りなど全体的な処理を」
「アメリカ向けに加工している」

実はアメリカでは多彩な色を使ったアニメっぽい画像よりも
よりリアルな色調を好む傾向があるといいます

そのためKLabでは海外に出す前に
デザインなどを修正してその地域に合ったモノに作り変えています

「国によって趣味趣向が変わってくるので」
「ソコに合わせて制作する事が重要」

そのほかにも日本で人気のある目の大きな女性も
アメリカ向けではよりリアルな顔立ちにする事が好まれたり

ゲームのタイトルに使われている神壊という言葉も
宗教観を意識してEternal Uprising(永遠の反乱)と変えました

KLabではこうしたローカライズの成否が
勝敗を握ると見ています

KLab 真田哲弥 社長
「現状は日本でローカライズしているが」
「現地でできるよう作業の移転を進めている」
「これからまだ広がる(海外の)市場に先手を打って」
「市場を獲得していきたい」

国内から世界へと舞台を変えるソーシャルゲーム
ニッポンの新たな強みとなれるでしょうか

*新PS3・WiiUなどあったのに
*テレビもソーシャルゲー押し一途
ソーシャルゲームのすごい仕組み
アマゾンで見る
楽天で検索
ソーシャルゲームのすごい仕組み (アスキー新書)





Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。