ワールドビジネスサテライト,10/1,特集,「脱・低価格」に挑む:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/1,特集,「脱・低価格」に挑む

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/1,特集,「脱・低価格」に挑む

大阪・高槻市
スシロー高槻唐崎店

105円の白い皿が回る中
見慣れない黒い皿が

実はこの黒い皿
全国で唯一この店で出されている一皿189円の皿

スシローでは
毎月5種類限定で一皿189円で出す試みを開始

市場にとって大きな挑戦だ
その狙いは

あきんどスシロー 加藤智治 専務執行役員
「新規参入も含めて競争が激化している」
「100円回転ずしだけでなく」
「もう少し価格の高い市場も含めて」
「進化し続ける切欠として始めた」

客単価を上げるためのプレミアム戦略
まずは1店舗で実験的に開始した

189円のすし
調理するのは選ばれた4人だけ

105円均一で売っていたスシローにとって
189円はほぼ2倍の値段

それに似合う高級感が必要だ
しかし一般的なすし店の価格に比べれは

189円は決して高くない

一皿189円という枠の中でどこまで品質を追求できるか
その取り組みの現場を取材するために行ったのはある港町

スシローが契約する水産加工会社
ソコにあったのは鹿児島から届いたばかりの金目鯛

普通なら一皿数百円で出してもおかしくない
高級魚だ

あきんどスシロー 営業部 関根伸介 課長
(一匹1.2キロくらい)魚体が小さいと歩留まりが悪く」
「なかなかネタが取れなくなるので」
「1キロ以上の金目鯛を使用している」

魚の種類や大きさを選ぶにも
189円を維持する

大量仕入れを前提に
仕入先と価格交渉をするという

「(捌きながら)骨だけを残している」
「ココでいかに身をつけないか」

すべては189円のため
素材が無駄にならないよう徹底する

味を落とさないようすぐに真空パックにして
その日のうちに店舗に配送される

一方
店舗ではこだわりの金目鯛をPRする準備が進められていた
高級感の演出は店内にもある

「従来の店だったらちょどこの辺りにメニューが」
「張ってあったが一切張らず」
「客が食事中に手に取って見てもらえるメニューを導入した」

また
改良した店舗では背もたれを高くし個室間を演出
色も明るめに変えた

189円メニューを導入してから2ヵ月が経ち
売り上げが約2割増加した(前年比)

あきんどスシロー 加藤智治 専務執行役員
「客のニーズを超える形で進化していかなくてはならないので」
「実験の成果が次につながれば会社としてもいい方向にいく」

*震災後と比較して2割増してないほうが・・・

アパレル業界でも新たな動きが

9月27日
東京・新宿

価格破壊を起こしたユニクロが家電量販店のビックカメラと
異業種コラボした店ビックロがオープン

ファストファッションに象徴される
アパレルの低価格路線を改めて印象付けた

ちょうど同じ日
その3軒となりでもあるプレス発表会が行われていた

リーバイスストア新宿 内覧会

ジーンズのリーバイスを知らない人はまずいないだろう
しかしその知名度とは裏腹に業績は苦戦

12年11月期
約20億円の赤字見通し

ソコで復活をかけたのはプレミアム戦略だ

リーバイストラウス ジャパン 斎藤貴 社長
「プレミアム化の方向に大きく舵を切った」
「低価格商品から撤退ディスカウントもやめて」
「同時に全ての商品の品質を見直し」
「細部にわたってグレードアップした」

日本でプレミアム戦略の拠点となるのがこの新宿店
戦略の全てが詰まっているという

リーバイス復活シナリオの1つが
ブランドイメージを世界中で統一させる事

オープン2日前
準備を取り仕切っていたのが

リーバイスストラウス グローバルバイスプレジデント レンペルティエ氏
「ココはヴィンテージフロア ブランドの心臓部だ」

最も力を入れたのがヴィンテージフロアだ

「これは1930年代のラジオ」
「アメリカのアイオワ州で見つけて日本へ運んできた」

創業159年の長い歴史こそ
ファストファッションにはないリーバイスならではの強み

ソレを前面に打ち出す戦略だ

その歴史の象徴ともいえる商品が
ヴィンテージジーンズ

並ぶのは1890〜1970年代の
501XX復刻版

どれも1点ずつ大量に並べない

「こうした展示の仕方にしたのは」
「顧客と1対1で向き合いたかったから」
「商品を山積みにするような売り方はしたくなかった」
「ココならリーバイスの美しい商品が」
「より多くの客の目にとまると思う」

店内で一番高いのは75600円のジャケット
ジーンズはヴィンテージ意外でも1万円以下の商品は置いていない

リーバイスストラウスジャパン 斎藤貴 社長
「世の中がデフレのトレンドにあって」
「低価格化の方向」
「本物や上質な質感を求める客が必ずいる」
「ブランドとしてブレない」

ブレないプレミアム戦略は成功するか

9月28日オープン前から並んだファン達は
リーバイスのプレミアム戦略にどんな答えを出すのだろうか

*全店舗したら日本から撤退したりしてw
ラグジュアリー戦略
真のラグジュアリーブランドをいかに構築しマネジメントするか
アマゾンで見る
楽天で検索
ラグジュアリー戦略―真のラグジュアリーブランドをいかに構築しマネジメントするか



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。