ワールドビジネスサテライト,10/4,特集,減る書店 生き残り策は:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/4,特集,減る書店 生き残り策は

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/4,特集,減る書店 生き残り策は

鹿児島・垂水市
火山灰が舞う市内を一台のトラックが走る

向かった先は
垂水市立境小学校

この日は
全校児童19人の小学校を訪れた

給食を終えると共に
子供たちはそのトラックに向かう

実はこの車

移動図書館
垂水市内の8小学校を巡回

1度の貸し出しは10冊(1ヵ月)まで
ほとんどの児童が抱えきれないほどの本を借りていく

4tトラックには3000冊の本がズラリと積まれ
様々なジャンルの本が並ぶ

中でも人気があるのは偉人の伝記モノ

垂水市の人口は減り続けているにもかかわらず
貸し出し数はココ最近増加している

その奇妙な現象の理由に
市の抱える悩みがあった

市の中心地で店を構える
幾久書店

ガラッとした店内の片隅に
わずかな書籍が並んでいる

しかし販売している気配はない

幾久書店 猪俣勇武 店主(75歳)
「もう終わった終わりにしたんです」
「(本屋さんを)」

垂水市では過疎化が進み
数年前から本の売り上げが激減

猪俣さんが高齢ということもあり

幾久書店
3年前に書籍販売を終了
→文具販売のみ

常連客
「インターネットで(本を)注文すれば」
「すぐ入ってくるが」
「しないからスゴイ不便」
「地元に本屋がないから」

こうした町の本屋さんが日本全国で消えていく

全国の書店数
1万4696店(2012年5月時点)
→去年より365店減

また新刊書店がない市は
垂水市を含め全国で4つある
沖縄 南城市
北海道 歌志内市
茨城 つくばみらい市

町や村を含めるとその数は
317市町村

そんな中
消えた明かりが再び点った場所も

北海道・留萌市
三省堂書店

オープン前の中では
”三省堂書店を応援し隊”と書かれたエプロンをする人々が
発売する雑誌に付録をはさんでいた

三省堂書店を応援し隊
月に4〜5回のボランティア作業

店長1人パート6人の店にとって大きな戦力になっている

留萌ブックセンター by三省堂書店 今拓己 店長
「心強く経費的に助かっている」

留萌市では2010年
地元書店が経営不振で閉店

翌年市は新学期を迎える子供たちのために
参考書などの販売を三省堂書店に要請した

2011年3〜4月
三省堂書店が臨時販売

三省堂書店を応援し隊 武良千春 代表
「三省堂書店が存続してくれると思っていたが」
「去年4月の時点で引き揚げるということだった」
「本屋さんが一軒も無くなるということでビックリした」

そこで武良さんたちは
三省堂書店を留萌に呼び隊を結成

ポイントカード会員になる承諾を
人口 約2万4000人
署名 約2500人
→去年7月 書店オープン

三省堂書店
人口10万人以下の出店は初
異例の店名

留萌ブックセンター by三省堂書店 今拓己 店長
「名前は三省堂留萌店となるはずが」
「留萌のみんながつくってくれた店という事で」
「留萌を先に出した」

開店して1年が経ち
会員は1万人を超えた

三省堂書店
購入客の会員比率は約3割
→留萌は約7割

地元の客に支えられ
現在黒字だという

三省堂書店 横内正広 取締役
「地方では本当に困っている地域が」
「これからドンドン出てくると思う」
「留萌モデルで対応できれば話を聞いてやっていきたい」

一方
中小の書店では生き残りの道を模索する動きが

千葉・館山市

クリーンライフカントリー
は契約農家を周り野菜を集め
トラックを走らせ到着した先は

千葉氏中央区
中島書店

の奥に
野菜の直売所を去年設けた

中島書店 中島浩 社長
「書店の経営環境が厳しくなり」
「在庫を減らそうということで」
「スペースをどう利用しようかという時」
「(直売所の出店)タイミングが合った」

中島書店は千葉県庁の近くにあるということで
昼休みはビジネスマンで賑わう

昼休みが終わると客は一気に引くのだが
実はそのタイミングを見計らって

野菜の販売を始める

すると新鮮な野菜を目当てに
女性客が集まってくるのだ

目の付くところに児童書もあるため
ついで買いも

相乗効果で書店への来店客は徐々に増えている

「客には書店で新しい発見をしてもらう」
「喜んで来ていただける」
「それを喜んで考えていかなければいけない」

電子書籍の登場などで
変化を迫られる書店業界

生き残りへ新たなページをめくろうとしている

*書店は大事だよぉ
人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。
アマゾンで見る
楽天で検索
人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。







Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。