ワールドビジネスサテライト,10/30,”デザイン人材”を育てよ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/30,”デザイン人材”を育てよ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/30,”デザイン人材”を育てよ

東京・新宿区
東京デザイナーズウィーク2012

デザインをテーマにした日本最大級のイベント
約500団体が出展し来月5日まで開催
1週間で10万人の来客が見込まれています

今回WBSは人材をキーワードに会場を取材
会場で目立つの学生たちです

過去最多の約50校が参加

九州産業大学 作品”おととき”
自由にたたいてコミュニケーションができる作品
作ったのはデザイナー志望の学生たちです

現在就職活動中といいますが

Q.デザインで仕事を探すのは難しいか

九州産業大学3年生1
「難しくなってきているかなと」

九州産業大学3年生2
「デザイナーになりたい人はいっぱいいて」
「僕らのように目指している人もいる」
「需要としてはデザイナーは間に合っているとも聞き」
「そうだなと実感もするが意地で入りたい」

イベント主催側も
学生の就職を応援するある取り組みを始めました

会場内での
求人情報の掲載

ただ求人があるのは14社のみ

主催者側は景気低迷の中
企業のデザイナー採用枠が減っていると指摘します

デザインアソシエーション 川崎健二 理事長
「日本は今不況で新卒をとらないので」
「クリエーティブ分野に従事する人間が相当減っている」
「危機感がある」

就職環境の厳しさに教育現場の大学では
どう対応しているのでしょうか

東京・八王子
多摩美術大学

でプロダクトデザインを専攻する佐藤寛人さん
自動車のデザイナーを志望しています

講師との課題提出の会話で
自動車メーカーマツダの名前が頻繁i登場します

多摩美術大学 田中秀樹 教授
「第一志望としてマツダを志望していて」
「同じ車でもマツダらしさをマツダに対して」
「どれだけ提案できるかという事を個人の指導としてやっている」

マツダ対策の指導
狭き門の大手メーカーから内定をもらえるよう
支援する大学の取り組みです

こうした指導の結果
トヨタ・日産など大手メーカーのデザイナー職を
勝ち取った卒業生もいます

しかし
既存の枠を超える斬新なデザイナーを育てたいという
本来目指す教育との間でジレンマも

「(就職は)即戦力を求められている」
「創造性を自由に(大学)4年間で」
「育むというのは減ってきている」

就職を意識しながらの大学4年間だけでは
デザイナーとしての感性を育てるのに限界があると言います

「感性教育というか子供のときにチャンスがないと」
「本人は気付かないし周りも気付かない」
「そういうチャンスが多くあった方がいい」

感性のある教育に幼い頃から取り組むのが
コチラの幼稚園

東京・世田谷区
ゆかり文化幼稚園

その日なにをするかは子供の意見を尊重
自発性を重視しています

藤田寿伸 先生
照明や生活用品などの
工業デザイナーとして20年以上にわたり活躍

幼い頃から本物に触れさせることが大切との思いから
先生がプロだけでなく絵の具も筆も高品質のプロ仕様です

藤田寿伸 先生
「気温的には子供たちが自由に描けるように」
「邪魔をしないように心がけている」

自身もこの幼稚園出身の藤田先生
幼い頃の感性の教育はプロデザイナーとしても役立ったと語ります

「自分で発想しなければデザインは生まれない」
「経験とか体験によって育まれるモノ」
「そういうことを小さいときに」
「すごく後押ししてもらったのかなと思う」

攻めのデザイン人材戦略で成功している企業も
家具メーカーカリモクです

コレまで社内デザイナーでモノづくりをしてきましたが
3年前世界各国から若手デザイナーを起用

あらたなブランドを立ち上げました

カリモク家具 加藤洋 副社長
「外部のデザイナーも国籍はさまざま」
「日本もいるしヨーロッパ中心」
「ベルギー・オランダそんな国の人と進めている」

きのう公開された展示場には
新ブランド”ニューカリモクスタンダード”の商品がズラリ

オランダ出身デザイナー ステファンショルテン氏
「デザイナーとして最新の可能性を新技術や素材を使って実現するべきだ」

インクジェット技術
カリモク社内では一切使われず

カリモク家具 加藤洋 副社長
「日本のマーケットでこんなテーブルを見たことがない」
「見たことがないイコール売れないだろうと」
「だれもなかなかコレを使って新しい提案をしようと思わなかった」

社外デザイナーの登用が
社内のデザイナーにもいい刺激になっています

カリモク家具 インハウスデザイナー 瀬戸聡 氏
「勉強になった部分があるので生かして行きたい」

国境を越えた無名のデザイナー登用という挑戦の効果は
もう出始めています

カリモク家具 加藤洋 副社長
「輸出それも本場へ」
「ヨーロッパへ輸出を始めたことが大きな成果」

カリモクニュースタンダード
ヨーロッパ9ヵ国 アジアで販売
アメリカにも進出予定

デザインの人材を育て生かす挑戦
ニッポンのモノづくりにいま必要なカギと言えそうです

*カリモクのLEDスタンド高ス
 カリモクLEDデスクライト
アマゾンで見る
楽天で検索
カリモクLEDデスクライトKS0126SA/KS0126SB/KS0127SH (ベージュ&ナッツ(KS0126SA))



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。