ワールドビジネスサテライト,1/7,特集,ミャンマー侵食する中国:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/7,特集,ミャンマー侵食する中国

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/7,特集,ミャンマー侵食する中国

中国・瑞麗
ミャンマーとの国境の街

中国側の国境のゲートでは
出入国する人や車を武装警察が厳しくチェックしていた

ミャンマーから来た二人組
国境貿易の特別地域に限り自由に行き来する事ができる
通行証を持っていた

さらに

壊れた鉄柵を乗りこえて
密入国するミャンマー人を発見

国境ゲートからわずか300mしか離れていない

通行証を持たずに
中国側で商売をするミャンマー人が多いという

中国とミャンマーの国境線
約2200km

鉄柵がなく川が流れるだけ場所も
日帰りでミャンマー観光する中国人もココを渡る

中国からミャンマーに渡る人の多くは
カジノが目的だという

国境ゲート目の前にある
トラックターミナル

待機するのは全てミャンマーのトラックだ
ソコを目指し中国各地からも続々とトラックがやってくる

広東省から来た運転手
「日用品を運んできた」
「ミャンマーは軽工業が遅れているから」
「ほとんど中国から輸入しているようだ」

運んできた荷物を
ミャンマーのトラックに積みかえる

中国→ミャンマー
オートバイ 家電 衣類 日用品など

ミャンマー→中国
高級木材 鉱石など

両国の関係が高まったのはミャンマーが軍事政権になって
欧米とのつながりが弱まったこの20数年間だ

ミャンマー・マンダレー
ミャンマー第二の都市

一昨年軍事独裁体制から
民主化へと舵を切り経済成長への期待が高まっている

朝8時
大勢の人でごった返す市場があった

市場にいたのは
中国各地からやってきた数百人もの中国人バイヤーたち

お目当ては
中国で特に人気の高い宝石ヒスイ

ミャンマー北部の山で採れる原石を買い取り
中国で加工して販売する

ヒスイ市場
2000年ごろ開設
500店舗以上

ミャンマー人にとっても大事な商売の場所だが
中国人バイヤーに対しては不満も多い

ミャンマー人1
「中国人は私たちと文化が違う」
「ミャンマー人より態度が悪い」

ミャンマー人2
「ビジネスだから仕方がない」
「我慢した人が成功する」

Q.騙されることはないか?

中国人バイヤー
「ないよミャンマー人は善良だから」
Q.中国人は?
「中国人は・・・」
「なんて言えばいいのかな君も知っているだろう」

ミャンマーの中心に位置するマンダレー
中国にとっては雲南省からインド洋に抜ける交通の要所だ

インド洋には石油や天然ガスが出る

そのマンダレーの庶民にとって
大事な足はオートバイだ

ほとんどは価格の安い中国ブランド
雲南省から陸路で輸入されたモノだ

ここ数年急速に普及しているのは携帯電話
iPhone5など高額なスマートフォンなどもすでに販売している

だが多くの客が手に取るのは
中国ブランドのファーウェイ

購入した客
「ミャンマーではファーウェイが人気です」
「技術的に優れていて電波の受信状態も良い」

*電磁波もいっぱい出てたりしてw

iPhone 8万7000円
ファーウェイ 7500円〜1万6000円

という安さも魅力だ

携帯端末だけではない
通信会社の機器も多くがファーウェイ製

夜の7時
ビルの一室で行われていたのは中国語のレッスン

経済的に中国の影響力が強まる中
中国語を学ぶ若者が増えている

大学生1
「いまマンダレーには中国企業が多いから」
「中国語ができればチャンスが多い」

大学生2
「中国の技術や製品はすごい」
「中国語を身につけてそういうモノも学びたい」

地元の職業紹介所
マンダレーコンサルタントグループ

求人数の数は
ミャンマー企業 30%
中国系ミャンマー企業 30%
中国企業 30%
その他 10%

中国企業をあわせると6割を占める
しかし管理職や技術者はほとんど中国人

採用するのは現場の作業員が多いため
学生の希望とはギャップもアル

マンダレーコンサルタントグループ ニープウィンピュー社長
「中国企業は通信会社 鉱山開発会社」
「セメントの会社が多い」
「ミャンマーの技術者をあまり使わない」
「ほとんど中国から連れてくる」

そのマンダレーではいま不動産に異変が起きている

地元の不動産業者
「あの青いビルのオーナーは金を販売している中国系の住民」
「ここはマンダレーで土地の値段が最も高い場所」

このあたりは町の一等地
住民の7割が中国系だという

土地の価格は
100u=約1億3000万円
→20年前の200倍

中国系住民が土地を買いあさり転売しているからだという

町を案内してくれたトンテッサー不動産
この日も中国系の住民が土地を売りにきていた

中国系住民
「故郷は雲南省」
「友人に土地を売る友人も中国系」

マンダレー
1990年ごろから中国系の住民が急増

国境の入国管理局職員に賄賂を渡し
外国人居住者の証明書を手に入れるケースが多かったという

トンテッサー不動産 ウティンマウ社長
「政府も気づかないうちに」
「中国人はミャンマーに紛れ込んでくる」
「ココに中国系の親戚がいるから」
「中国人が土地を売買するのも難しくはない」

外国人は土地を買えないが

ミャンマー国籍を持つ中国系の住民を通じて
売買する中国人が増えているという

ミャンマー人1
「中国系が増えたから地元の人は市外に移動している」

ミャンマー人2
「中国系が増えるのはミャンマーにとって良くない」
「私たちに仕事を与えないから」

最近
欧米や日本との関係改善を進めているミャンマー
背景には中国に依存しすぎた事への危機感がある

去年11月には
中国企業が主導する銅鉱山の開発をめぐり抗議デモも起きた

中国人バイヤー
「以前は中国との関係が良かったが」
「最近は商売をやりにくくなった」
「ミャンマーが民主化してから中国人に対して」
「友好的でなくなった」

民主化により中国とミャンマーの関係には
隙間風が吹き始めた

これまで中国資本の牙城だった
マンダレーにも

ヤマハ
2011年8月ショールームをオープン

出遅れていた
日本や欧米の企業も進出を加速している

再び国境の町
中国・瑞麗

ミャンマーから石油と天然ガスが2本のパイプラインで
運び込まれる事になっている

したたかにミャンマーの様々な資源狙ってきた中国
両国関係が悪化するなか計画の実行を急ぐ

ミャンマーにとって中国が最大の経済パートナーに変わりはない
しかしいま脱中国の動きと各国による競争が加速している

*こんな光りはヤダー!
ミャンマー経済の新しい光
アマゾンで見る
楽天で検索
ミャンマー経済の新しい光


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。