ワールドビジネスサテライト,1/23,アベノミクス成長戦略,コマツ坂根会長に聞く:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/23,アベノミクス成長戦略,コマツ坂根会長に聞く

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/23,アベノミクス成長戦略,コマツ坂根会長に聞く

ゲスト:コマツ 坂根正弘 会長

※インタビューは一部要約して書いています

Q.具体的な秘策検討に入る前に
  日本の産業の現状について問題をどう捉えるべきか
  共有することが大切とは

コマツ 坂根正弘 会長
「久しぶりに正官民挙げて国を挙げて」
「取り組もうという決心を安倍総理はされたんだと思います」
「デフレは構造的な深刻な問題があるから」
「ココまで長く続いているわけで」
「本気で取り組まない限りたぶん脱デフレは難しい」
「今回は本気だなぁという印象は持ちました」
「微力ながら全力で取り組みたいと思います」

Q.具体的なな案が出ても政治力が必要ですが
  安倍さんの本気度は本物

「政治の力は大事ですが」
「具体的にコレをやろうアレをやろうと」
「いきなり入らずにみんなで本質の問題とソレに取り組む」
「基本スタンスみたいなものを共有しよう言ったのは」
「だきるだけ多くの民の人に参画意識を持ってもらう」
「コレが大事だと思います」

Q.会議では規制緩和をもっとすべきだと

「具体的になんかしようとすると」
「何らかの規制みたいなところにぶつかる」
「何か一つの成功例を作る過程では規制が仮にあったとしても」
「ソコは突破できるんだと思う」
「一般論で規制の話をするのではなく具体例で入っていくと」
「規制問題も突破できると思う」

Q.勝ち組を強化とはドコをどう何から着手

「私どもも2001年辺りは赤字で苦労しやった事は」
「世界1,2位商品に特化してやってきた」
「ということは雇用もある程度犠牲にするわけです」
「2万人が18000人に減って今22000」
「日本に新工場も2つ作った」
「一回痛みを経てやった身として言えば」
「企業の中にも勝ち組負け組みあるわけで」
「企業間前に企業内に勝ち組負け組あるわけだから」
「企業内ぐらいは各企業が痛みを伴っても」
「やるべきではなイカ」

Q.子会社300社を110社畳んだんですよね

「2年間で110畳みました」
「当時コマツの場合はバランスシートの」
「体力はありましたから」
「1回だけなら大手術に耐えられるという決心で」
「1回だけやらしてくれとい事でやって」
「とことんまでやって良くする」
「かなりの自信がありましたからやれた」
「体力がなくなってからでは手遅れだと思う」

Q.産業力を活性化させるには
  民間企業の中での勝ち組負け組選別して
  負け組を徹底的に無くすと

「企業間の勝ち組負け組みの前に」
「各企業の中の勝ち組負け組ぐらいは」
「自己責任で犠牲を覚悟してやらないと復活はない」

Q.同業他社でまとまっていく事も必要になってくる

「企業間・企業内・産業間の勝ち組負け組があります」
「電機なんかは競争相手が韓国が主体で」
「円高はドルに対してウォンに対して」
「めちゃくちゃ円高になったハンディキャップはあるが」
「私の持論は我々が米・欧を過去追い上げ駆逐した業界は」
「我々も追いかけられる宿命を持っている」
「家電の中もテレビなどは追いかけられる宿命」
「先進国型で長くやっていけそうなモノに特化していくべき」

Q.成長戦略の4分野をもっと具体的にやっていけますか

「具体的に直ちに進めないといけないモノが出てきたときに」
「安倍総理は具体的な活動に入らせるとおっしゃってた」

Q.骨太の方針まとめるのでは

「全部動くのをまっていたら遅い」
「これは直ちにスタートしないと駄目だというモノは」
「それぞれ走らせていくとおっしゃってましたから」

Q.介入していくと民間の自助努力は殺がれない

「私はよく日本の強さを」
「技術で勝って技術で負けると言います」
「日本はボトムアップで良い技術を出すんですけど」
「ビジネスで勝とうと思ったらトップダウンで」
「この技術でこんなビジネスモデルをつくろうと」
「そのために資源・会社や技術を手に入れておこう」
「あるいは世界標準を官民一体になって作り上げるような」
「トップダウンの動きがないと最後勝てない」
「この分野はいずれもそうですよ」
「政官が民と一緒になって技術を使って」
「こういう分野行こうと言う部分だけは司令塔をしっかり持って」
「司令塔と言う意味は最終的にドコをゴールにする」
「具体的なイメージを持ちながら推進でないと」
「最後には成果が出までませんよと皆一致して言っていたと思う」

Q.国内の設備投資リーマン後長期的に減ってきている
  高まってくるのが成長戦略の結果だと思いますが
  コマツグールプ全体の戦略は

「私どもの会社のスタートのポイントは」
「日本はコスト競争力がなくなったという表現がよく出てた」
「私は違うと思ったアメリカで8年仕事してみて」
「日本はモノづくりのコストで負けてないが」
「それ以外の重荷につぶされただけ」
「重荷を取り除けば日本の製造業はやっていける」
「というところをスタートにして重荷を剥いできた」
「その結果日本向けの売り上げ比率昨年度実績で」
「15%しかありませんけど生産55%やってるんです」
「日本にも新工場2つ作ってるんです」
「多くの業界でコスト競争力無くなったと聞きますが」
「ホントのモノづくりコストで負けてるのか」
「それ以外のコストで負けて自信を失っているのでは」
「ということを問いたいソコが出発点です」
「見誤って海外に出たら重荷が国内に残り」
「ソコの部分が明確にならなければ」
「国内に設備投資という風にならない」

Q.日本が生き残っていけるのは製造業ですか

「よく先進国は金融サービスをやらないといけないと言いますけど」
「アメリカもまだ製造業相当ありますよ」
「日本はドイツに似てモノづくり主体じゃないですか」
「この主体の部分弱くして他で何で稼ぐんだと言いたい」
「モノづくりを高めながら金融サービスもやるなら分かる」
「国益としてそれぞれの国の強さがあるわけで」
「モノづくりはこの国の強さだと思います」

Q.円高のほうがいいですか

「円安のほうがいいですよ」
「70円でも耐えられると言ったのは昨年の平均79円で」
「国内で売りより輸出が良かったんです」
「利益を全部吐き出せば70円ぐらいまで行けますというつもりで言った」
「いまの89円は当社にとってありがたい」

Q.坂根さんの本を読むと必ず出てくる”知行甲合一”
  この言葉が好きなんですか

「学生時代まったく勉強しなかったので」
「会社に入るとみんなえらく見えた」
「仕事にぶつかる度に勉強してたんです」
「そうすると実際に身につくんです」
「ソレに合う言葉を捜したのがコレなんです」

「”知識は行動を伴って初めて”」
「”本物の知識になる”という意味です」

*この本にも載ってるんだ
ダントツ経営
コマツが目指す「日本国籍グローバル企業」
アマゾンで見る
楽天で検索
ダントツ経営―コマツが目指す「日本国籍グローバル企業」


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。