ワールドビジネスサテライト,1/30,スミスの本棚,本広克行:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/30,スミスの本棚,本広克行

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/30,スミスの本棚,本広克行

GUEST0070 映画監督 本広克行(47)

映画にもなった人気ドラマシリーズ
踊る大走査線の監督を務め

エンタテインメントを追求した作品を
世に出し続けている

*だが映画は1以外つまらない

そんな本広克行さんお薦めの一冊は
演劇入門
アマゾンで見る
楽天で検索
演劇入門 (講談社現代新書)
劇作家の平田オリザさんが
演劇の作り方を解説した演劇界のベストセラーですが

日常生活にも役に立つといいます

本広
「”演劇”と”日常”は紙一重」
「映画が大ヒットしてしまって」
「会う人みんなに”踊るの監督の本広さんだ”と」
「まず構えられる」
「もっと俺は”演じないといけないんだ”と」

普通の自分とヒット映画の監督を期待する
周りとのズレ

この本はそんなズレこそが
演劇を作る前提になると説明します

例えば

電子レンジを、
ある家庭では「電子レンジ」と呼び、
ある家庭では「レンジ」と呼び、
さらに他の家庭では「チン」と呼ぶ。
これは家族ごとに異なるコンテクストを
有しているということだ。


同じモノを指しているはずなのに
電子レンジのように1人1人必ずズレがある

そのズレを少しずつ埋めようとする時に
リアルな演劇が生まれるといいます

「例えばウチのカミさんに」
「”このことを言わせたい”というときに」
「ちょっと旦那は芝居をする」
「ちょっと引いた自分がいて」
「この奥さんに”どういう言葉をかければ効果的か”」
「と考える自分がココにもう1人いる」

相手とのズレを意識し
自分が演じるべき役を考える

コミュニケーションが苦手な人こそ
演劇の手法が役に立つと本広さんは言います

「自分の位置 立場 役が分かっていると」
「会話は弾む」
「ロールプレイング(役を演ずる)はすごく大事」
「1回経験しておく」
「寝坊して遅刻してどうしよう」
「会議の場で何を話せばいいかを」
「最初にロールプレイングでやっておくと」
「度胸がすわる」
「昔は吐きそうなぐらいでしたが」
「今は”演じてればいいんだな”と」
「演劇のおかげです」

”たすき”を渡す人は―

「インテリアデザイナーの片山正通さんを」
「ご紹介します」

2月6日 GUEST071
インテリアデザイナー・大学教授 片山正通


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。