ワールドビジネスサテライト,技ありニッポンの底力,コバード:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,技ありニッポンの底力,コバード

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,技ありニッポンの底力,コバード

肉まん・いちご大福・おにぎり
までありとあらゆる食材を手作業のように包み込む機械

その国内トップシェアメーカーが
世界初の技術を生み出した

コバード 小林将男 社長
「発想から4,5年かかった」
「失敗して未完成のまま置いていた」
「"未完成は発明に繋がる”」

未完成でも諦めなかったモノ
それはドーナツの真ん中に均等に具材を入れる技

福井・坂井市
コバード

2001年に開発した

自動包あん機”マジックハンド”
さまざまな食材を包むことが可能

実際にアンパンを作ってもらうと
一瞬のうちに包まれるあんこ

スローで見るとシャッターという6枚の部品の隙間に
パン生地が入り中央にあんこを落とす

あんこが乗ると同時に生地を包み込む

横から見ると
シャッターが閉まると同時にパン生地が切り離され

ふっくらとしたパンの形となる

この6枚のシャッターで
包む作業とカットする作業を同時に行い

手で包み込むような成型を可能にした

さらに小林社長はこの技術を応用し
世界初の技術を開発した

それがリング成形機

ドーナツの真ん中にはチョコレートが均等に入っている
どうやって真ん中だけにチョコレートが入るのか

機械の中は
内側の生地・チョコレート・外側の生地
の3層構造

しかしチョコレートをずっと流してしまうと
切ったときにチョコレートがはみ出してしまう

この機械ではチョコレートが一定の間隔を置いて
注入されるのでチョコレートが外側に飛び出さないのだ

切らない状態の生地の断面を見てみると
チョコレートがある部分とない部分がある

ココに技あり
具材の間隔をあけて入れることで
ドーナツの真ん中に均等に具材が入る

この機械にはあの6枚のシャッターが使われている

実はこの6枚のシャッター
開発当初4枚で構成されていた

開発の切欠は
20数年前借金のあった社長が居酒屋に行く途中に起きた

「当時 よく下を向いて歩いていた」
「四葉のクローバー幸運の模様があった」
「(見た瞬間)パッと閃いて飲みに行ってすぐ帰った」

この道路の模様から
包む機械の基礎を閃き

今では国内トップシェア
海外からの注文も相次いでいる

「1年や2年はあっと言う間発明していると長生きする」



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。