ワールドビジネスサテライト,3/5,特集,中国一人っ子政策の"限界:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/5,特集,中国一人っ子政策の"限界

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/5,特集,中国一人っ子政策の"限界

1月7日 北京市内
ある建物の前に中高年の男女が集まってきました

ココは
人口と計画出産委員会(国の役所)

女性1
「私たちは子どもが欲しいだけ」
「共産党に迷惑をかけるつもりはない」
「国は豊かに国民は幸福になったが」
「私たちの面倒を見る人はいない」

皆たった一人の子どもを
事故や病気で失った親たちです

役所の職員
「われわれの上司は代表5人と会議室で会うと言っている」

一人っ子政策を採用している中国

一人っ子を失った親たちは
”老後の支える人がいなくなったのは国の責任”
→補償金を要求

女性2
「一人っ子が死んでしまったどうしたらいいの?」
「いま私が入院したら誰も面倒を見てくれない」

女性3
「息子を失った母親は不安で仕方がない」
「共産党はこの状況をどう考えているのか」

一人っ子政策
1979年〜
夫婦1組に子どもは1人(一部例外あり)

毛沢東”人口が多いほど国の武器になる”
→中国の人口が激増

抑える必要に迫られたのです
しかしいま様々な問題が起きています

広西チワン族自治区
満村

の農村の女性を訪ねました

何月連さん(31歳)

地元政府から強制的に
避妊手術を強いられたとネット上で訴えています

何月連さん
「逃げられないよう両脇を抱えられ」
「車に押し込められた」
「病院に運ばれて無理やり手術台に乗せられた」

何さん
2人目を出産→違反とされる

さらに

地元政府が求めた罰金を払えなかったため
今後妊娠しないよう避妊手術を強いられたのです

体にも後遺症が残りました

「歳をとれば病気にもなるので」
「子どもに面倒見てもらう必要がある」
「子どもが多ければ順番で親の面倒を見てくれる」

農村部
労働力として多くの子どもを必要

さらに

社会保障制度が未整備
→老後の生活を子どもに頼る

「一人っ子政策は殺人行為」
「廃止を求めているのにいまだ廃止しない」
「地元政府の役人は計画出産の実績で出世する」
「だから力でおさえ込む」

取材後何さんに頼まれ街まで乗せていくことに
しかしつけてくる車がありました

実は何さんは地元政府によって
常に監視され

携帯も盗聴されているのです

何さんが向かったのは
藤県 人口と計画出産局

月に一度
後遺症の賠償を求めて訪れています

その様子を取材していた我々に

男が近づいてきました


「どこのメディアだ?」

取材班
「北京から来た」
「なぜずっと後をつける?」


「メディアが来たと情報があったからだ」
「何を取材しているのか知りたいだけだ」

一人っ子政策は
地方の役人にとって出世に深く関わるため
徹底させるのに必死です

役所にはこんな看板が
”優れた子どもを生むため胎児の健康診断は無料”
”欠陥のある子の出生を防ぎ子どもの素質を高めよう”

個人の出産にも深く関与してくる中国政府

一方
一人っ子政策はこんな悲劇を生んでいます

河北省・上泉村

ある家庭では48人の孤児を養育

その多くは障害児

中国で捨てられる児童
年間10万人

しかも戸籍がなく
行政サービスも受けられません

夫婦はこの現実を伝えるため取材を受ける予定でした

しかし
当日とつぜん連絡が取れなくなったのです

我々が村に入ってから1台の車が後をつけてきました
どうやらコチラを監視していたようです

記者
「なぜずっと監視している」

村の幹部
「監視ではなく接待しに来た」
「村のトップがこの家に電話して取材を断らせた」
「詳しい状況は知らない」

孤児を引き取る公の施設が整備されず
最近批判の声が強まっています

そのため地元政府は敏感になっているのです

2012年の中国 経済成長率7.8%

13年ぶりに8%を割り込みました
政府が経済成長の不安要因として挙げたのは

中国国家統計局 馬建堂 局長
「2012年に中国は労働年齢人口が初めて減少に転じた」
「我々はこの状況をとても重要視している」

実は一人っ子政策にも関わらず
中国の総人口は増え続けています

一方
働き手の15歳から59歳の人材が
去年初めて減少したのです

人口が増えて労働力が減れるというジレンマ
そんな中あらたな問題が

甘粛省・酒泉市

国が1980年代から
試験的に二人っ子を容認

酒泉市・泉湖村

自らの意思で一人っ子を選択した
農村部のある家族を訪ねました

王艶さん(32歳)
「いまの子供は入学するにも社会に出るにも」
「何でも金がかかる」
「食事 服 遊びで他の子より劣るのは嫌でしょう」

茹恵忠さん(37歳)
「私たちはもはや畑を耕して生活しているわけではない」
「夫婦ともアルバイトで生計を立てている」

茹さん夫妻
2006年まで農業などで生活
現在は夫婦ともアルバイト

収入は3倍に増えたものの

生活スタイルが変化し
教育や住宅に費用がかかるようになりました

茹作新さん(12歳)
「一人っ子でいいよ」
「もしも兄弟がいたら」
「両親が兄弟に小遣いをあげて僕の分がなくなる」

泉湖村一人っ子家庭
10年前 6%→現在 30%超

湖泉村 楊芬萍 婦女主任
「90年代この村で2人目を生むのは」
「年間20世帯ほどいまは7〜8世帯だけ」
「もう一人っ子政策は廃止すべき」
「自分の意思で産まなくなった」
「産ませようとしても産みたがらない」

労働力が減る中
一人っ子政策をやめるべきか悩める中国政府

しかし
子どもを多く産みたがらないという農村で見た現実は
新たな課題を突きつけています

*中国政府に絶望した!
中国絶望工場の若者たち 「ポスト女工哀史」世代の夢と現実
アマゾンで見る
楽天で検索
中国絶望工場の若者たち 「ポスト女工哀史」世代の夢と現実



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。