ワールドビジネスサテライト,3/7,シリーズ特集,検証3.11から2年:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/7,シリーズ特集,検証3.11から2年

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/7,シリーズ特集,検証3.11から2年


岩手・山田町
三陸味処 三五十(みごと)

看板メニューはあかもくラーメン 578円
地元で取れるあかもくという海草を
ふんだんに使ったラーメン

現在の仮説店舗から数百メートルの所に
かつての店がありました

自慢の食堂は新築したばかりでした
残ったのは建物の土台と壊れた食器です

Q.新しい店は建てる?

三陸味処 三五十 大杉繁雄さん
「絶対建てないといけない」

なんとしてもこの地で再建したい
しかし町の復興計画が決まらず

ココには新しい店が建てられません

さらに新たな問題が

「今抱えている債権」

複数の金融機関への支払いです
津波で流された店舗の借金が残っています

Q.借金の残高は?

「全部で8000万」

金融機関のはからいでストップしていた元金の支払いも
震災から2年が経ち今年から再開されます

中には来月から返済額が一桁増えるモノも

「支払いだけが増えると」
「あっという間に資金ショートする」
「とにかく我々全体を安心させてくれる人がほしいです」

震災から2年
必要なマネーは被災地に届いているのでしょうか

実は中小企業の資金繰りをめぐっては
まもなく大きな転換点を迎えます

水産加工を営む

青森・八戸市
ディメール

主に八戸産の鯖を扱う
骨は一つ一つ手で抜きます

従業員 約120人
八戸で初めてしめ鯖を製造

ディメール 工藤寛 取締役
「震災の時は2メートル以上の水に浸かって」
「ほとんどの機械がやられた」

津波で沿岸部の多くの工場が飲み込まれた八戸
ディメールも数億円の被害が出ました

そこである制度の利用を決断
それは・・・

「金融円滑化法の適用」

金融円滑化法
金融機関に対して借金の返済猶予などを促す
リーマンショックを受けてできました

ただその円滑化法は
今月末で期限切れとなります

先月宮城県内の中小企業に対して政府は
金融円滑化と中小企業支援説明会を開きました

寺田 金融担当副大臣
「金融円滑化法後の対応」
「貴重な声を頂戴したい」

金融危機で役割を発揮した円滑化法
結果的に震災で被災した企業の倒産を防ぎました

参加者
「もう少し(金融円滑化法を)継続していただけると」
「ありがたい」

現在

金融円滑化法
東北での利用企業9.1%
→返済猶予額3.9兆円

東京商工リサーチ 友田信男 情報本部長
「円滑化法で強制的に企業倒産を抑制したという反面」
「将来性を見込めない企業まで生き延びている」

つまり被災企業を
たんに生き延びさせたと批判もあります

今後
金融機関には何が求められるのでしょうか

「会社の将来性を見込むという」
「コンサルティング機能が求められる」

JR八戸駅から出てきた男性
向かった先はディメール

説明を受けているのは
日本政策金融公庫の職員です

日本政策金融公庫
中小企業の再生支援の部署を設置
ディメールに7000万円を融資

日本政策金融公庫 企業支援部 赤松隆一 課長
「円滑化法終了で不安を持つ企業は多い」
「一緒に会社をよくする手伝いを進めていく」

現在他の金融機関とも連携して
再生計画を作っています

経営アドバスを行うのが彼らの役目
新商品を模索しながら事業の再建案を練ります

ディメール 神子澤忠二 社長
「われわれとしては非常に助かる」
「経営という点でかなり甘さがあった」

融資に加えてコンサルティング機能を強化したい
日本政策金融公庫

日本政策金融公庫 企業支援部 赤松隆一 課長
「ディメールはしめ鯖を八戸で最初につくった会社」
「地元での雇用数も多く企業再建が必要」

これまでの手法に頼らない融資も
被災地に現れました

仙台市

震災で歪んだ歩道橋を
撤去する作業が行われていた

使えなくなった歩道橋
柱の部分を取り外して静かに持ち上げます

重さはおよそ30t
道路を封鎖して一晩かけて解体します

新北上重工業 成澤隆二 専務
「仕事自体はかなり増えている」
「震災前の50%増ぐらい」

新北上重工業
震災でクレーン4台が被害

「(被害額は)6億5000万円〜7億円近く」

しかし
震災特需もあり新たなクレーンも必要に
そこである手法を使って融資を受けました

「ABLで融資していただいた」

ABL
設備や在庫など動産を担保に融資

今回の担保は巨大クレーン

提案したのは

七十七銀行 ソリューション営業課 庄司卓 課長代理
「ABLで融資した理由は復興復旧に役立てる事業だから」

新北上重工業 成澤隆二 専務
「機会を担保にできるのは」
「私たちを信用して貸してくれていること」

なぜクレーンを担保にしたのでしょうか

仙台市
七十七銀行本店

七十七銀行 ソリューション営業課 木越誠司 課長
「未曾有の大災害でそれまで所有していた」
「土地や建物など不動産の価値がなくなった」
「資金調達を図るが」
「これまでの概念だと非常に難しくなった」

七十七銀行では
他にも服や乳牛などを担保に

震災関連のABLで15件
→総額 約35億円融資

「円滑な資金供給を図るという意味で」
「(ABLを)積極的に提案したい」

震災から2年

改めて浮き彫りとなった資金調達という課題が
被災企業に突きつけられています

*ABLに興味を持った方はコチラ
不動産担保に依存しない動産・債権担保による新資金調達入門
わかりやすいABLのしくみと利用のしかた
アマゾンで見る
楽天で検索
不動産担保に依存しない動産・債権担保による新資金調達入門―わかりやすいABLのしくみと利用のしかた





Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。