ワールドビジネスサテライト,3/15,特集,牛肉ウォーズ日米豪三つ巴:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/15,特集,牛肉ウォーズ日米豪三つ巴

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/15,特集,牛肉ウォーズ日米豪三つ巴

日本牛肉の消費量
国産
41%
アメリカ
18%
オーストラリ
39%

先月アメリカ産の輸入規制が緩和されたのを機に
PR合戦が過熱しています三つ巴の戦いの舞台裏を追いました

東京・銀座
マルディ グラ

開店前オーナーシェフはある肉を試すために
仕込んでいました

使っている牛肉は
アメリカ産最高級サーロイン

出来上がるとスタッフと共に試食です

マルディ グラ
黒毛和牛やニュージーランド産を使用
→今後アメリカ産を検討

この日2人の女性が店を訪れました
彼女たちはアメリカ食肉団体の販売担当者

取り扱いに向けて商談が行われました

米国食肉輸出連合会 土方多寿子さん
「かなり多くの量が日本市場にも届けられるようになります」

マルディ グラ 和知徹 シェフ
「そんなにたくさんのバリエーションが入ってくる?」

米国食肉輸出連合会 金木玲子さん
「牛たん ハラミ 腸などかなり増えます」

その理由は先月

アメリカ産牛肉の輸入対象が
生後20ヵ月以下→生後30ヵ月以下に緩和

今年のアメリカ産牛肉の輸入量は
↑45%(前年比)と見られています

マルディ グラ 和知徹 シェフ
「値段もだいぶ緩和される」
「安くなる状況に必ずなると思う」
「もちろん使いたいし色んな部位を試してみたい」

アメリカ産を取り入れる動きは広がっています

先週開かれた
FOODEX JAPAN2013

では
米国食肉輸出連合会
約500社と商談(去年の2倍)

米国食肉輸出連合会 土方多寿子さん
「アメリカ産の9割の牛が出荷できるようになります」
「月齢が上がったことで高いグレードのモノを提供できる」

アメリカ産が勢力を増す中
対抗してプロモーションを行う牛肉があります

イオンが力を入れているのがオーストラリア産の牛肉
オージービーフ

イオン オーストラリアフェア(15日〜17日)
を始めました

イオントップバリュー 仲矢長蔵 社長
「あくまでもオーストラリア産が中心になる」
「アメリカ産は検討していくが具体的には決めていない」

今回のイオンのキャンペーンでは
手ごろな値段に加え厚切りを強調

タスマニアビーフ厚切りサーロインステーキ用 398円(100g)

さらに
オーストラリア側が売り出そうとしているのは赤身肉
赤身のヘルシーさをアピールする戦略が練られています

MLA豪州食肉家畜生産者事業団 メラニーブロック駐日代表
「今の日本の消費者が必要とする」
「忙しい中で元気の出る赤身肉の鉄分」
「その鉄分たっぷりの赤身肉を女性や高齢者に向けていきたい」

千葉市
ブロンコビリー東千葉店

全国に72店舗を展開するステーキチェーン
10年前からオーストラリア産を使用

熟成ぶどう牛サーロインステーキ
3969円(300g)

オーストラリア側はコチラのステーキチェーンと一緒に
赤身の肉をPRしようとしています

MLA豪州食肉家畜生産者事業団 中山剛伸さん
「”赤身肉で女子力アップ”というPRをやっている」

ブロンコビリー 竹市克弘 専務
「赤身が多いと”頑張っている”とか”硬い”」
「という認識があるかもしれないが」
「全然そんなことはない」
「栄養とおいしさ両方を兼ね備えた肉を」
「いかに提供していくか」

アメリカ産 → 穀物
オーストラリア産 → 牧草

なので
脂身が少なく赤身部分が多いのが特徴です

MLA豪州食肉家畜生産者事業団 中山剛伸さん
「健康志向ダイエット嗜好の中で」
「牛肉の中の赤身が注目されている」
「我々としてはそういったマーケットはこれからもあるし」
「さらに広がると思う」

一方
国産の和牛も新たな取り組みを始めています

和牛の品評会で初の連続日本一となった
宮崎牛

宮崎牛専門のレストラン
みやちく

特選A5等級ロースステーキ
1万円(200g)

みやちく 鈴木芳直 鉄板シェフ
「赤身の部分が赤と言うよりピンク色」
「これが肉の軟らかさを表している」

宮崎牛は色合い
そして脂身と赤身のバランスが良いことが評価されています

しかし
知名度が低い事が最大の課題です

ソコで県をあげてある取り組みを始めています
宮崎牛は競りも加工も県内で行われて流通しています

しかし
都内など消費地では知名度も低く
流通量も低迷

そこで
牛をそのまま東京に送り
東京の市場でせりに出す試みを始めたのです

宮崎県 農政水産部 永山英知
「知名度を高めるために」
「そのまま生きた牛を東京に送って」
「卸売りの方々に直接評価してもらい競っていただく」

宮崎牛
月1回 約10頭を東京市場へ運搬

生産者が特に気を配っているのは
エサです

JA宮崎中央 畜産部 今井裕二 課長
「ビタミンのコントロールが難しい」
「毎日牛をチェックしながら一頭一頭管理している」

東京・港区
東京食肉市場

競り落とされた宮崎牛が出荷されていきます

宮崎ではなくあえて東京で
競や加工をすることにどのような意味があるのでしょうか

ミヤミート(仲卸) 宮健一 社長
「都内ほとんどの飲食店」
「スーパーや量販店に流通している」
「東京食肉市場で取引されれば販売網が広がってくると思う」

日米豪三つ巴の牛肉覇権争い
ますます加熱しそうです

*まぁ肉は食べ過ぎないほうがいいよ
長生きしたけりゃ肉は食べるな
アマゾンで見る
楽天で検索
長生きしたけりゃ肉は食べるな




Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。