ワールドビジネスサテライト,4/1,特集,ライジングジャパン,農家を経営者に育てよ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/1,特集,ライジングジャパン,農家を経営者に育てよ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/1,特集,ライジングジャパン,農家を経営者に育てよ

3月にオープンしたばかりの

茨城・つくば市
イオンモールつくば

そこには農産物の直売所が併設されている

えるふ農国
茨城県内の農業関連11社が出資
3億円投じ直売所とレストラン運営

Q.値段も自分で決める?

サンワアグリビジネス 竹村正義 代表
「そうですよえ」
「委託販売は相手が値段を決める」
「明日いくらで売れるのか分からないような商売・仕事はない」
「産業になってない」

えるふ農国
約100軒の契約農家が農産物を販売
利益を生む価格を自ら設定

隣のショッピングモールに比べると
当然割高の値付けとなる

「農家は今まで生産するだけだった」
「直売所は自己主張の場」

農業法人を束ねるのは長谷川社長
手にしたのはセロリ

柿沼農園 大竹勉 企画販売マネージャー
「セロリは苦いとか繊維質というがこのセロリはそんなセロリじゃない」
「嫌いな人もすきになるセロリ」

オープンから半月
高価格でも高品質なモノから売れていく

農業法人ELF 長谷川久夫 社長
「農業生産者から農業経営者に変えるという」
「1つのステージがないと駄目」
「農家は作っただけ流通・販売は相手に任せる」
「それでは経営ではない」

農業の経営を学ぼうという新たな取り組みも始まっています

都内で開かれた
農業経営力養成講座(3月23〜25日)

全国から農業を志す
60人を超える若者が集まった

セミナーを企画したのは

アグリフューチャージャパン
ニチレイ味の素キューピーなど200社が協賛
全国で農業経営セミナー開催

アグリフューチャージャパン
4日 日本農業経営大学校 開校
農業法人目指し組織運営など学ぶ

アグリフューチャージャパン 浦野光人 理事長(ニチレイ会長)
「今までは日本の農業は高価格で」
「モノはいいがメーカーには使えないモノになる」
「企業を応援することによって6次産業化の道筋も早まってくる」

会場には4月から入学する
第一期生の姿も

加工や販売も手がける6次産業を目指す

日本農業大学校
全寮制1学年20人(2年制)
第一期生21人(19〜32歳)が共同生活

入寮費/年 100万円(朝夕食付き)
授業料/年 60万円

協賛企業の賛助金で学費は低く抑えた

村山 周平さん
今春独協大学を卒業

中瀬健二さん
東京農大卒業後 IT関連会社に就職

2人とも家業は専業農家だ

中瀬健二さん
「2年後に27 28歳になるが」
「その時には家を継ぎたいと考えた」

村山 周平さん
「最初は正直公務員かサラリーマンになろうと大学に入った」

新潟・津南町
村山さんの実家はコメ農家だ

村山文雄さん
「決して私と同じ仕事をする必要はない」
「専業農家とコメ農家と新しいグループのすみ分けができれば」
「仕事も回るし雇用の場所も広がる」

村山 周平さん
「家に入ることによって嬉しい人が誰かと思ったとき」
「家族も嬉しいはずだが地域の人も嬉しいと思う」

引越し作業に追われる周平さん
次の農業を担う若い世代が育ち始めている

企業と農家が結びついた新たな取り組みも進む

千葉・旭市
ベジポート有限責任事業組合


ここはニチレイの子会社と農業法人で作る
流通拠点

ニチレイの温度管理技術
ニンジンを長期(4〜5ヵ月間)保存
→客(量販店など)のニーズに応じ出荷

ベジポート 田中徳美 旭センター長
「売る方法を見つけて客と結びつけることができるようになった」
「当初は廃棄や腐らせたりして売れないあまらせていた」

規格外の野菜
→ジュースに加工し廃棄ロス減

契約する農家80軒の農作物は
ベジポートが一括購入

農家は安定した経営ができるようになった

テンアップファーム高田農場 西海敏郎 農場長
「ぺジポートに納めれば確実に収入は入ってくる」
「市場に売ると時給何百円になる時もあれば」
「下手するとマイナスになる」
「結局 売り先が見えるっていうか市場相手だと全然見えない」

農業に新規参入し成果を挙げてきた
若き経営者も出はじめている

茨城・築西市
TKF明野農場

ハウスでで収穫されていたのは
ベビーリーフ

TKF 木村誠 社長
「2月決算で3億9000万円の売り上げだった」
「需要があったので安定生産すれば間違いなく売れる」
「1年間通して」

村上社長
98年 新規就農
→04年法人化し事業拡大

全て契約栽培(受注分のみ栽培)
年間通じて安定供給

正社員も8人雇用し
若手の育成にも力を入れている

「組織でやれば分業制にすれば」
「それなりの給料をもらって」
「農業ができるというのを目指している」

TPP問題を機に争点となっている日本の農業
成長産業に飛躍することはできるだろうか

*どうすれば始められるんだろう?
これならできる!農業法人設立と運営のすべて
アマゾンで見る
楽天で検索
これならできる!農業法人設立と運営のすべて


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。