ワールドビジネスサテライト,4/2,特集,エコカーウォーズ15,スポーツEVで世界へ挑戦:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/2,特集,エコカーウォーズ15,スポーツEVで世界へ挑戦

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/2,特集,エコカーウォーズ15,スポーツEVで世界へ挑戦

京都
青蓮院門跡

の前でお披露目されたのは
赤いスポーツカータイプの電気自動車だ

グリーンロードモーターズ 小間裕康 社長
「京都のモノづくりの感性・テクノロジーを」
「詰め込んだ夢のスポーツカー」
「京都産EVを世界に発売発表したい」

販売前から世界を狙うベンチャーのスポーツEV
自信の裏づけはココ京都に

密着取材でその秘密に迫った

桜満開の東京都内を走る
一台のスポーツカー

すでに製造中止となった幻の車
トミーカイラZZ

運転するのは車マニアの上田茂人さん

トミーカイラZZ
京都で開発 販売台数206台

を今でも通勤で愛用している

上田茂人さん
「トミーカイラZZのハンドリングはミズスマシのように」
「ひゅっひゅっと動きパッと加速する感じがスゴイ」

窓枠に手を入れると窓はなし
軽さを求めるためエアコンもなし
シフトレバーはむき出しだ

「革新的で面白い車を思い切り用意したのが」
「今でもすごいと思わせる」

去年この車をEVとして甦らせるプロジェクトが始まっていた

議論の中心にいるのはグリーンモータースの小間社長(35)
人材サービス会社を経営していたが

小間社長
3年前にEVベンチャーを創業
トミーカイラをブランド継承


グリーンロードモーターズ 小間裕康 社長
「今回製作しているトミーカイラZZの車体構造ですが」
「まさにラジコンカーのようにカウル(外装面)がパカッと取れるタイプ」
「レーシングカーではよく見られるが」
「一般の市販車ではなかなかない構造」
「京都生産方式と名前をつけている」

京都生産方式
ボディとベースとなるプラットフォーム
別々に製造し組み合わせる

地元へのこだわりが強く
本社や工場 共同開発の大手企業も京都府内

まさに
メードイン京都のスポーツEVを作る計画だ

去年11月
京都市内の町工場メイサン

作っているのはボディ部分だ

メイサン 八木富士雄 代表
「ボディの造形は100分の1ミリ単位」
「面が繋がってないと(ボディに映る)光が揺れる」

ここは以前の
トミーカイラのボディも製造した中小企業

新たなEVでのトミーカイラでもその技術を生かし
ボディーの元となる型を手がけている

最初は断られたが小間社長の熱意に押され
最後には引き受けることになった

一方
プラットフォームの開発も進んでいた

グリーンロードモーターズ 小間裕康 社長
「EVなので初速が非常に速くて100キロになるまで3.9秒」

プラットフォーム
アルミ製でコレだけで公道を走れる強度

テストコースでの走行も繰り返している
乗り手のハンドリングしだいで独特の動きを見せる

1回の充電で航続距離は120km

今年3月20日
ボディーとプラットフォームが並ぶ完成間近だ

「伝説のスポーツカーブランド」
「トミーカイラのロゴはそのままにした」

プラットフォームについては新たな事業が

「完成車を作るビジネスとプラットフォームの外販ビジネスという」
「2つの事業をやっていてコチラもかなり引き合いが強い」

去年11月 海外企業も視察に

海外企業
プラットフォームに自社製ボディを組み合わせて販売

Q.どういう所から引き合いが

「新興国の自動車メーカーなどから」
「プラットフォームの提供をお願いされている」

京都生産方式で世界へ
その下地は徐々にできつつある

先月21日この会社で臨時株主総会が開かれた
株主の中には元ソニー会長出井氏の姿も

グリーンロードモータース
ベンチャーキャピタルなどへの第三者割当増資の了承を得る

事業を説明し増資は無事了承
そして出井氏が口を開いた

クオンタムリーブ 出井伸之CEO
「日本のベンチャー(キャピタル)はモノづくり系に投資したことない」
「IT系はそんなに資本がいらないが」
「モノづくりは成長資金がいつもいるので」
「誰かいいアドバイザーは?」

グリーンロードモーターズ 小間裕康 社長
「現在は力不足なのでここは強化したい」

多くのサポートを得て量産体制への道は開けるのか

「ベンチャーとして右も左も分からないが」
「紹介やイロイロ教えてもらっている」

クオンタムリーブ 出井伸之CEO
「息子みたいなモノ」
「僕もソニーが売上100億円のときに入り900倍になった」
「その間にする苦労は全部しているから」

創業3年のベンチャーにソニーを重ねた出井氏
期待は大きいようだ

3月27日
運ばれてきたのは出来たての
EV版トミーカイラZZ

発表予定日まで1週間ほど
何とか間に合ったようだ

午後には社員総出でお参りへ

いよいよ迫る販売開始の時
目標の達成を一心に願う

グリーンロードモーターズ 小間裕康 社長
「ほんまにオモロイ商品つくりましょう」
「100台をいちんと売るのが初年度の目標」
「皆さん協力お願いします」

そして今日
同じ寺で完成したトミーカイラZZが公開された

EV版トミーカイラZZ
価格800万円 航続距離120km

今月から販売開始 11月に納車へ

「希少性が価値につながるスポーツカー」
「ブランドで勝負できるスポーツカーはベンチャーにとって」
「いい市場」
「いよいよスタート地点に立った」

京都発復活した幻の車がいよいよ発進する

*旧トミーカイラZZのミニカー
HI Story 1/43 トミーカイラ ZZ 1995 レッド
アマゾンで見る
楽天で最安値を検索
HI Story 1/43 トミーカイラ ZZ 1995 レッド


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。