ワールドビジネスサテライト,4/4,政権100日目に「異次元緩和」:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/4,政権100日目に「異次元緩和」

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/4,政権100日目に「異次元緩和」

就任して初めての金政策決定会合に臨む
日銀 黒田東彦 総裁

会合には甘利 経済再生担当大臣も出席し
その決定に注目が集まった

そして

午後3時半

日銀 黒田 総裁
「次元の異なる違う金融緩和でです」
「戦力の逐次投入をせず現時点での必要な政策を全て講じた」

新たな金融緩和の枠組み
量的・質的金融緩和を導入

政策目標を
コレまでの金利からマネタリーベースに変更

マネタリーベースを14年末まで270兆円に

「量の面でマネタリーベースは2年で倍増」
「市場参加者の常識を超える極めて巨額のモノ」

黒田総裁がフリップを使い強調したのは2の数字
まず物価目標2%達成のめどを2年と明示
その2年のうちにマネタリーベースは2倍に

さらに資金を供給するために買う
長期国債の保有額を平均残存期間2年間で2倍以上とする

価格が変動しやすいリスク資産の
ETF保有額 1.5兆円(12年末)→3.5兆円に(14年末)

Q.いろいろ用意して用意周到

「ポイントをできるだけ絞ってパネルにした」
「分かりやすく伝わって期待を変えるのが重要」

分かりやすさで施策効果を高める狙いの黒田総裁

さらに
2つあった国債買い入れを一本化

「分かりやすく伝えるため枠組みを見直した」

今回の決定で

日銀
長期国債の購入は月7.5兆円
→国の発行の7割

お札の発行残高以外に
保有長期国債を抑える取り決めを停止

「2年程度で物価安定目標を達成できる」

1本100万ドルという単位で取引が行われる
為替のディーリングルーム

日銀の発表後一気に相場が動き
取引の成立を意味するダン=Doneの掛け声が響いていた

市場ではいったい何が起こったのだろうか

みずほコーポレート銀行 マーケットエコノミスト 唐鎌大輔 氏
「日銀の発表前は1ドル=93円割れで」
「推移していたが」
「日銀の声明発表後94円50銭まで円が売られドルが買われた」

日銀が市場に大量のマネー
つまり大量の円を供給することを決めたことで

急激な円安ドル高が進んだ

Q.ここまで動くと想定していた

「想定していた人が少なかったからココまでいった」
「市場の期待以上のモノを出した」

一方
債権の取引を行っているフロアに移動してみると
ソコでも異変が

瑞穂コーポレート銀行 新井厚志 次長
「日銀の決定の後一気に10年債の金利が下がるという形」

日銀が大量の国債を買う事を決めたため
長期金利の指標となる

10年物国債利回り
一時0.425% 過去最低を更新

「中央銀行が発行される国債の半分以上を」
「買って行くわけですから」
「20年近く金利のマーケットに携わっているが」
「異次元の金融政策ではないか」

そして期待以上の日銀の決定を受けて
朝方売りが優勢となる中下落していた日経平均株価は

日銀の決定を受けて
一転して大幅に上昇

終値 12634円54銭(↑272円34銭)

会合に政府から出席した

甘利 経済再生担当大臣
「極めて思い切った措置として高く評価したい」
Q.100点満点で何点か
「110点あげたい」

麻生 財務大臣
「次元の違う金融政策に踏み込まれたものだと評価する」
「大いに歓迎する」

先月
黒田 総裁に対する国会での同意に反対した

みんなの党は一転

みんなの党 渡辺 代表
「白川体制から黒田体制へ」
「白から黒へのオセロゲームが行われた」
「合格点を差し上げたい」

あす黒田総裁を再任するための
国会採決では賛成する方針だ

経済界にも歓迎ムードは広がっている

経団連 米倉 会長
「大胆な金融政策を打ち出したことは経済界としても喜ばしい」

日本商工会議所 岡村 会頭
「非常にドラスティックな案だ」
「マーケットに対する訴えかけが非常に強いと歓迎したい」

小売を抱える企業からは消費拡大に
期待する声も

セブン&アイHD 村田紀敏 社長
「景気への刺激策という点で期待している」
「景気回復の一翼を担いたい」
「チャンスが来ているから経営サイドは生かさないといけない」

今回の金融政策について専門家は

東短リサーチ 加藤出 社長
「市場の期待に対して満額回答に近い決定」
「国債は日銀が買い取ってしまうという政策だから」
「銀行などは新たな運用先を探さなければならない」
「外国の国債を買う銀行もあると思うが」
「ソレでいくらかの円安効果が狙える」
「将来のリスクには目をつぶって資産バブルが起きてもいいぐらいの」
「割り切りすら感じられるのでそういう意味では非常に大胆な政策」

*アメリカの後追いしてるだけだよなぁ
*左の上から2番目
世界は考える
アマゾンで見る
楽天で検索
世界は考える(プロジェクトシンジケート叢書2) (PROJECT SYNDICATE) (プロジェクトシンジケート叢書 2)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。