ワールドビジネスサテライト,4/24,特集,”EUの結束@hらぐ影で・・・:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/24,特集,”EUの結束@hらぐ影で・・・

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/24,特集,”EUの結束@hらぐ影で・・・

1月 ロンドン

英国 キャメロン首相
「国民にEU残留か離脱かの極めて単純な選択肢を与える」

キャメロン首相
EU残留を問う国民投票の実施を表明

イギリス国内で脱EU論が湧き上がっているためだ

3月
イギリス・エクセター
の街ではある政党の党大会が盛り上がりを見せていた

イギリス独立党 ファラージ党首
「われわれはヨーロッパ大陸と友達でいたいが」
「EU大統領のような連中の組織に支配されたくない」

脱EUを掲げるイギリス独立党は

英国・政党支持率(4月)
保守党 33%
労働党 40%
独立党 11%

2大政党を脅かすほど拡大

会場で販売される商品には
脱EUを示す商品がズラリと並ぶ

独立党支持者1
「イギリス人は仕事を見つけるのが難しいそれは移民が安い金で働くからだ」

独立党支持者2
「法律や規制の多くがEUに決められたモノ」
「自分たちで決めるにはEU脱退しかない」

EUの最大のメリットともいえる5億人市場さえも強く否定する

イギリス独立党 ファラージ党首
「EUに入らないと互いにモノを売買できないという考え方はナンセンス」
「例えば日本はそうした組織に属さないが世界中の国と貿易している」
「つまりEU残留は救いようのない時代錯誤のプロジェクトを守っているに過ぎない」

そしていまEUの結束を揺るがしかねない事態が
北欧の小さな国でも進んでいる

人口32万人の小国

アイスランド
2009年にEU加盟を申請
→27日の総選挙加盟の是非が争点

アイスランドの基幹産業は漁業

港ではEU加盟に反対する声が多く聞かれた

漁師 ヨォンゴイティさん
「魚と海はアイスランドにとってとても価値があり」
「最大の資産だ」
「われわれはソレを守る必要がある」

EU加盟→漁獲量の制限
漁師にとっては死活問題だ

今月はじめある人物が港を訪れた

反EUを掲げる最大野党の独立党
ベネディクトソン党首

漁業関係者は独立党にとって大事な支持基盤だ

独立党 ベネディクトソン党首
「私たちはEU加盟に反対で交渉さえ中止したい」
「わが党は次の政権を担う意思があり」
「そのチャンスを楽しみにしている」

その独立党は今週末の総選挙を前に
支持者の集会を開いていた

ユーロ危機はEUへの不信感を一気に拡大させていた

独立党支持者3
「EUは問題のある加盟国を助けられない」
「だからEUに入っても意味はない」

独立党支持者4
「アイスランドは島国ですヨーロッパは大陸です」
「そもそもニーズやビジネスの仕方が違う」

反EU感情が根強い背景には
さらにこんな理由も

首都レイキャビックにあるレストラン
出されたものは鯨のステーキ

調理場を覗くと見慣れた文字”冷凍くじら”が
水揚げされたモノの多くが日本に輸出されるため

ココで使う箱にも日本語が書かれていた

捕鯨国でもあるアイスランド
EUの掲げる反捕鯨に対する反発は強い

レストランのシェフ
「捕鯨とクジラを食べることはアイスランドの古くからの文化だ」
「EUに加盟したくない」

一方で
アイスランドにはトラウマが

アイスランド
金融サービスが主要産業
→1人当たりのGDP世界3位(2007年)

を誇っていたが

金融危機(2008年)
アイスランドクローナ暴落
金融バブルが崩壊し国家破綻危機に陥った

事から
政府はEU加盟を申請

市民(賛成派)1
「小国にとってEUのような大きな経済圏に入ることは重要だ」

市民(賛成派)2
「EU加盟に賛成 アイデアとして悪くない」
「ヨーロッパの他の国と協力するのは良い」

今の政権は金融危機を経て
EU加盟その先にユーロを見据えてきた

アイスランド ユリウスドッテル財務大臣
「通貨アイスランドクローナを使う人はたった32万人なので」
「多くの問題が生じた」
「ユーロのような安定的な通貨圏に入ることは」
「経済をより安定させる大きなチャンスだ」

今週末の選挙で国民はどちらを選択するのか

最近の世論調査では(3月)
EU加盟 賛成25% 反対58%

今回の選挙結果がEUに与える影響が小さくないといわれる中
まだ投票先を決めていない人も多い

そんなアイスランドがEUと距離感を決めかねてる中
ある大国の影が近づいていた

アイスランド・ノルズルシンク
1年の半分以上を雪で覆われるこの場所は
捨てられた土地とも呼ばれている

しかし
この土地に目をつけた国があるそれは

ノルズルシンク行政区 ソーgルザールソンさん
「ここが中国人の投資家が関心を持った土地」
「見渡すところ全てです」

元共産党幹部でもある中国人投資家が
300kuの土地の購入を計画
→リゾート施設建設へ

警戒した政府は
計画を差し戻そうとしたが交渉は進行中だ

一方で
産業の少ない地元は好意的だ

ノルズルシンク行政区 アウイグスツンソン行政区長
「中国というのは問題ではない住民にとって最も大切なのは」
「共通の利益があれば誰とでも敬意を持って取り引きすること」

中国
去年4月 温家宝首相(当時)がアイスランド訪問
→北極開発の協力で合意

そして
今月 アイスランドと自由貿易協定を締結

さらに

地元新聞
10ページにわたり中国企業が買い取り中国語学習などの広告記事

官民上げてアイスランドに急接近する中国
こうした中国の存在は反EU派の勢いを後押しする

アイスランド大学 政治学部 オスカースドッテル准教授
「EU加盟に反対する人たちはかなり熱心に他の可能性を探ってきた」
「つまり中国との関係を築けばEUにこだわる必要はないとする主張だ」

EU加盟をめぐる小さな島国の選択は今週末決まる

*週明けユーロ暴落フラグ立ってる?
世界はマネーに殺される
アマゾンで見る
楽天で検索
世界はマネーに殺される (扶桑社新書)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。