ワールドビジネスサテライト,5/6,特集,バイクブーム復活か:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/6,特集,バイクブーム復活か

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/6,特集,バイクブーム復活か

午前7時

埼玉・和光市
バイク用品店 和光2りんかん


およそ20台のバイクが集まった

目的はツーリング
参加者の大半は40〜50代の男性だ

100km離れた
埼玉県の秩父を目指し出発

1980年代のバイクブームを経験した中高年が
時間や経済的に余裕ができた今

オートバイに夢中になっているという

荒井義純さん(49)
「中型免許を若いとき取って乗っていたが」
「1回やめた」
「リターンツーリングライダーをもう一回やろうと」

高橋幹雄さん(54)
「会社で仲間が乗っていて勧められて」
「楽しいというのでその気になってのめり込んでいます」

ツーリングの醍醐味の1つが
その土地の名物を食べること

昼休憩を挟んだ後は安全祈願をするため
小鹿神社を訪れた

親睦を深め6時間にわたるツーリングは終了

青木和美さん(51)
「ツーリング自体が十何年ぶりだったので面白いですね」

オートバイ利用者んお平均年齢
2003年度 39.9歳→2011年度 48.5歳

8年前に比べ8歳以上上昇している

こうした中高齢のバイクブームを牽引しているのが
中古業界だ

中古バイクの買取販売をする

千葉市中央区
バイク王ダイレクトSHOP GLOBO蘇我店

バイク王&カンパニー
中古販売で2桁成長

バイク王&カンパニー 第一小売事業グループ 佐藤大介マネージャー
「特に大型のオートバイが顕著に売り上げが伸びていて」
「年々20%ぐらいの成長率で伸びている」

大型車 購入の5割以上が40〜50代
中でも人気なのが100万円を超えるハーレーダビッドソン

しかし一番売れているのは大型ではなく
250ccのニンジャ250R

「若い人に急に人気が出だした」
「背景には父親世代がレーサーレプリカの年代に当たるので」

中高年のバイクブームの広がりは
その子供の世代にも波及し

それが250ccクラスに向かっている

中高年人気と若者の関心の高まりで
自動二輪の新規登録台数は去年7年ぶりに増加に転じた

ニンジャを製造する

兵庫・明石市
川崎重工業

この勢いに乗ろうと今年に入り
2台の新型車を投入した
ニンジャ250

Z250

ニンジャ250のターゲットは若年層
若者に受けるデザイン作りに苦労したという

川崎重工業 モーターサイクル&エンジンカンパニー デザイン部 福本圭志 部長
「一時オートバイブームが終わってから」
「若い客が特に離れていったが最近こういったモデルが格好いいと」
「言ってくれる若い客も増えている」

購入者で一番多いのが20代だ

川崎重工業 ニンジャ250の開発リーダー 田中邦博さん
「若い人が新たに乗ろうという意思や」
「楽しめるオートバを作りたい移動手段ではない」

ニンジャ250R(旧モデル)の販売台数
年間4000台未満

ニンジャ250(新型モデル)の販売台数
2ヵ月で5000台を達成

カワサキモータースジャパン 営業統括部 清水秦博 部長
「想定していた以上に市場の反響があり」
「非常に好調に販売している」
「非常にスタイルが良く」
「今までにない250ccクラスでは高級感がある」

大型車を得意とするカワサキがなぜ
250ccクラスの開発に力を入れるのだろうか

「二輪に初めて乗る人に当社のブランドに乗っていただければ」
「この先も次に乗り換えるその先にまた乗り換えるという部分で」
「250ccクラスを非常に重要視する」

ホンダも若年層や新規ユーザーの獲得に力を入れ始めた
そのモデルとなるのはカワサキと同じく250cc

若者受けしそうなデザインや
価格設定にしたことで

*映った価格よりさらに安いです
CBR250R

2012年 軽二輪(250cc以下)で販売台数トップ

ホンダドリーム東京営業部 高田憲一 部長
「特にこの250ccはエントリーユーザーが中心になっていて」
「二輪業界で次世代を作りたい」

さらに
ホンダはここ5年で市場が半減していた
400ccのてこ入れにも着手

今年3車種を投入した
CBR400R

このモデルは
先月23日に販売されたばかりだがユーザーからは高い支持を受けているという

ホンダモーターサイクルジャパン 商品企画課 古賀耕治 主査
「年間販売計画台数2000台に対し半分近くの900台まで」
「予約が入り好調」

先月末に開かれた試乗会

東京・中央区
ホンダドリームフェスタ

に行くと
こうした新型車目当てに訪れる20代の参加者がいた

石渡昴之さん(21)
「僕の場合は父がバイクに乗っていたのでその影響がある」

今回のモデルは新型のエンジンを搭載
低速で加速がしやすいよう4気筒から2気筒に変更した

さらに
乗っているときの姿勢が前のめりにならないよう
街乗りを意識したつくりになっている

父親の影響を受けたという石渡さん
気になったのは

CBR400F
今月発売されるもう1つのバイクだ

デザインに一目惚れし購入に前向きだという

社会人1年目の彼にとって気になるのは
価格だ

スタッフ
「若干値引きして67万7000円で」

石渡昴之さん
「新車でこの値段というのはいい」
「頑張れば買えるそんな感じです」

若者を狙うにはデザインと共に価格がカギ
ホンダは大型車でも価格への挑戦を始めた

NC700X (大型車エントリーモデル)60万円台

700ccでも400ccと同じ60万円台だ

ホンダドリーム東京 営業部 高田憲一 部長
「大型のスポーツ車はホンダ全体が10年前の価格に近づけようと」
「世界から部品を調達しコストを下げて」
「いま新車の定価自体を20万30万単位で下げている」

コスト削減に大きく関係しているのが
輸入パーツ

例えばマフラーは
以前は熊本の関連会社から仕入れていたが一年ほど前から
部品おおよそ6割をタイなど海外から輸入し熊本工場で組み立てている

「次世代をどう取り込むかが二輪業界の深刻な問題」
「各メーカーも大きく問題視している」

復活の兆しが見え始めた若者需要を一気に拡大するため
今後新製品の導入を加速していくという

ホンダモーターサイクルジャパン 商品企画課 古賀耕治 主査
「この夏までに12機種を予定している」
「新製品を多く投入することで活性化させたい」

中高年が火をつけたオートバイブーム
新製品の投入で若者の心もつかめれば市場はさらに拡大しそうだ

*ノーマルでライダーバイクみたいだねw
オートバイ250&125cc購入ガイド
アマゾンで見る
楽天で検索
オートバイ250&125cc購入ガイド (Motor Magazine Mook)




Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。