ワールドビジネスサテライト,5/6,技ありニッポンの底力,湖北工業:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/6,技ありニッポンの底力,湖北工業

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/6,技ありニッポンの底力,湖北工業

志賀・長浜市
湖北工業

この会社で製造されているのが
石英マイクロチューブ

という
ガラスでできたマイクロチューブ

光ファイバーなど通信用に使われる

ガラス製なので樹脂に比べ
透明度が高く熱にも強い

その直径125マイクロメートル(1/8ミリ)
その中にさらに無数の小さな穴があいている

湖北工業 取締役 森川茂 工学博士
「90個の穴が開いていてチューブの中を」
「ずっと同じ穴の大きさで繋がっている」
「入り口と出口は同じ穴が開いている」

この穴の中心を通信用の光が通る
通り道に穴がある事でいわば空気の壁となり光を外に漏らさない

この構造のおかげで
従来使えなかった光の波長が使え多くの情報量がやりとりできる

いったいどのように作られているのか
大本となるのは石英を固めて作った真っ白な棒

これを
1200℃の窯で加熱すると

透明なガラス棒となった
既にその中には90個の穴が貫通している

この棒を細く長く伸ばしていくのが
4階建ての大掛かりな機械だ

ソコにはポリバケツの様な電気炉があった

真っ赤に燃えた炉の中にガラス棒を差し込んでいく
すると下の階では飴細工のようにトロリと溶けたガラス棒が下りてきた

下りていく過程でガラス棒は糸のように細くなる

先端を切り離すと
そのまま糸状になったガラス棒を引き下ろす

1階部分でそのガラス棒を受けとり
ボビンと呼ばれるローラーで巻き取る

この時ガラスを溶かす速度と
巻き取る速度を一定にコントロールし

直径が125マイクロメートルになるよう調整

チューブが光っているのは炉の中の伝送されてきた光だ

この中にどうやった穴を通すのか
実は電気炉の上からガスを送り込んでいる

「90個の穴の径にガスの圧力がかかるように送っている」

母材の穴の中にガスを送り込みながら
糸状のチューブを引っ張り出す

それには絶妙なバランスが必要だ

「穴の径によってあるときは圧力を高く」
「あるいは弱めるとか」
「圧力の制御をしながら長い距離の中に穴を通している」

ここに技あり
ガスを送りながら成型し
ナノサイズのチューブに正確に穴を通す

湖北工業ではこの技術を使い次の分野を開拓中だ

ガラス管の中に体液や血液を分析する
医療機器では海外で高いシェア

「通信・医療にとどまらず」
「エネルギー 防災とか」
「かなり広いところに使って行ける技術」

*日本のナノテクは世界一ぃぃぃぃ!
ここまで来たナノテクノロジー
-産業化する原子の世界―
アマゾンで見る
楽天で検索
ここまで来たナノテクノロジー -産業化する原子の世界― (知りたい!サイエンス)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。