ワールドビジネスサテライト,5/13,特集,米国サイバー防衛 直面する課題とは:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/13,特集,米国サイバー防衛 直面する課題とは

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/13,特集,米国サイバー防衛 直面する課題とは

国別サイバー攻撃の割合
アメリカ
22.7%
中国
11.0%
インド
6.5%
ブラジル
4.0%
ドイツ
3.4%
オランダ
2.7%
イタリア
2.4%
イギリス
2.4%
台湾
2.3%
ロシア
2.2%

標的になった国で最も多いのはアメリカで
全体の1/4を占め中国の倍となっています

このため
アメリカはサイバー攻撃の脅威に対応する部隊を増強しようとしていますが
ある課題に直面しています

アメリカ・サンフランシスコ

今年2月
サイバーセキュリティー見本市

が開かれました
来場者は2万2000人

セキュリティー会社が
こぞって最新の技術をお披露目する中に意外なブースがありました

FBI CYBER DIVISION

いったいなぜFBIが出展したのでしょうか

FBI マイケルコータン氏
「我々の最先端課題は人材確保です」
「サイバー攻撃を仕掛ける敵と戦える優秀な人材を探しに来ました」

FBIのほかに国家安全保障局と国土安全保障省も
サイバー攻撃に詳しい人材を確保しようとブースを構えていました

さらに講演会場では
ホワイトハウスのセキュリティー調整官が民間に協力を呼びかけていました

そのマイケル氏が
テレビ東京のインタビューに応じました

ホワイトハウス サイバーセキュリティ調整官 マイケルダニエル氏
「サイバー攻撃の脅威は事実です」
「オバマ大統領は対策に力を入れています」

アメリカ政府にはサイバー攻撃で
最も懸念していることがあります

「重要なインフラが狙われてその危険性も分かっています」
「インフラのセキュリティーレベルをもっと上げることが必要です」
「そのために民間企業に協力を呼びかけています」

電力や金融などのインフラをサイバー攻撃から守るため
空軍が協力を依頼した民間人がいました

エド・スコウディスさん

サイバーシティ
インフラ防衛訓練プログラムを空軍向けに開発

エド・スコウディスさん
「情報セキュリティーの優秀な人材は米政府にいますが」
「十分ではありません」
「サイバー防衛のために1万人」
「攻撃には数千人がさらに必要です」
「私の仕事はそうした人材を育てることです」

空軍の訓練とはどのようなものなのでしょうか

ニュージャージー州
のとある場所の訓練施設

ソコには4.5uの模型の街
サイバーシティがありました

街には
鉄道
貯水池
空港
発電所

など
重要なインフラが全て揃っていました

さらに発電所の下には

「電力会社が実際に使っている送電系統を使っています」

電力会社と同じシステムでサイバーシティの電力制御

しかも
1つ1つの施設はインターネットに接続
本物の街のシステムを再現しています

「例えミニチュア模型でも実物を使うことで」
「サイバー防衛訓練によりリアル感が出るのです」

米空軍 情報部隊
基地のコンピューターから街のインフラを守る
サイバーシティ訓練に月30人参加

スコウディスさん
軍や銀行のシステム侵入テストを20年近く担当
ハッキングのベテランです

インフラの防衛訓練は様々です
発電所を攻撃された場合の電力復旧
警報システムを解除された銀行の復旧

ミサイル発射装置のコントロールを奪われた場合には
改ざんされたパスワードを解読し13のチェックポイント通過

コントロールを取り戻します

「ネット接続を考えずに構築されたインフラの弱さが見つかっています」
「弱点を早く解消し空軍情報部隊に防衛法を教えなければなりません」

空軍の人材育成はサイバーシティだけではありません

3月
ワシントン

で開かれた

サイバー防衛能力コンテスト
参加高校 400校以上
決勝進出 12校

各チームに10台の仮想コンピューターが与えられ
ハッカーからシステムを守る

攻撃を仕掛けるのはセキュリティー会社の
プロの技術者

様々な方法でシステムに入り込もうとします

はたして高校生チームの実力は

セキュリティ会社の技術者
「戦略的に防御しかなり上達しています」
「これからさらに激しく攻撃します」

このコンテストの主催者は米空軍関連団体
スポンサーは

ノースロップグラマン
3年間で4億5000万円を提供

セキュリティ分野で優秀な人材を
若いうちから育てるのが狙いです

ノールロップグラマン ダイアンミラー氏
「サイバー攻撃は進化しているため優秀な人材を確保する必要があります」
「高校生を育成しサイバーセキュリティーの職に就く準備を手伝っています」

4時間半の戦いの末
優勝したチームはバージニア州 シャンテリー高校

優勝チーム
1人につき20万円の奨学金

彼らは将来
空軍や防衛企業で働くことを考えているのでしょうか

優勝したチームの生徒
「政府かもしれないし企業かもしれない」
「サイバー関連は間違いありませんがどこで働くかはまだ分かりません」

サイバー攻撃の対策に本腰を入れたオバマ政権
アメリカは今さまざまな手段で人材不足という課題を克服しようと動き出しています

*実はもう始まってた?
核を超える脅威 世界サイバー戦争
見えない軍拡が始まった
アマゾンで見る
楽天で検索
核を超える脅威 世界サイバー戦争  見えない軍拡が始まった


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。