ワールドビジネスサテライト,5/15,特集,自転車で町づくり新なた挑戦:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/15,特集,自転車で町づくり新なた挑戦

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/15,特集,自転車で町づくり新なた挑戦

長野県
諏訪湖

休日になると
この湖畔を自転車で走る人たちで賑わう

今年の春から2人乗り自転車を導入した

レンタサイクル 紅やマリーナ 内田敏也さん
「例年より客が多くなっている」
「団塊の世代の客にも乗ってもらえるようになった」

この2人乗り自転車
公道を走る事を許されているのは長野県や愛媛県など
全国で6県のみ

この自転車の導入を提案したのが
スワサイクルプロジェクト

自転車で諏訪地方の活性化を目指す
通称スワクルという組織

湖畔を走る自転車の一団
スワクルのメンバーが京都から来た旅行会社の担当者をアテンドする
諏訪地域を自転車でめぐるツアーを誘致目的だ

諏訪湖
一周約16km高低差が少ない
サイクリングにはもってこいの場所

車では通り過ぎてしまう細い道には
見どころがたくさんあるという

サイクリングツアーを企画する 中村薫さん
「観光地として開発の余地がある」
「探りがいがある面白いことがありそう」

いかに魅力あるサイクリングツアーを発信し
観光誘客に繋げるかがスワクルの役目になる

しかし
このツアーでは観光だけにとどまらないのが特徴だ

スワクルのメンバーで高級自転車の工房を手掛ける

安田さん
カラマツを使った自転車”もっくる”の製作者

スワクルメンバー 安田マサテルさん
「自転車で(諏訪が)世界に通用する分野は」
「こういうモノづくり」

カラマツは割れやすく品質が一定ではない為
加工が困難

「実際”もっくる”を作っていくだけの技術的な蓄積が」
「この地域にはある」

モノ作りが盛んな諏訪を
自転車の一大生産地にして行こうというのが狙いだ

もっくる
48万円

自転車愛好家
「乗り心地は柔らかくて思った以上に軽い」
「(48万は)決して高くはない」

スワクルメンバー小池洋成さん
東京で高級自転車の企画・製造を営む 
諏訪には週1回訪れる

この日向かった先は

下諏訪町にある

御田町サイクルステーション
商店街の空き店舗を改装 先月オープン

この日集ったメンバーの職業は
一級建築士や電子機器メーカーの社員など

ココは
モノづくりコミュニティーにもなっている

スワクルメンバー 小池洋成さん
「欧米を中心に自転車が見直されている」
「諏訪生産品として海外のマーケットを狙っていくことも考えている」

実は自転車関連のモノづくりは
すでに地域に根付き始めている

スワクルメンバー ワタナベ塗装 渡邊俊也 社長
「今までカメラのレンズの部品など精密部品の塗装が主力だった」
「今では自転車のフレーム」
「売り上げとしては全体の半分になっている」

精密機械部品の塗装
→海外との価格競争に勝てず受注減少

しかし
優れた技術によりイタリアレース用自転車メーカーから受注相次ぐ

「自転車の塗装は難しくて」
「パイプの形状が入り組んでおり単純な構造物よりも難しい」

また
あるプロジェクトが進んでいた

ダンボール製の子ども用自転車の開発

設計は
スワクルメンバー 建築士 久保和樹さん
が担当し

地元のダンボール会社
林紙器製作所に製作を依頼した

林紙器製作所 矢島貴 社長
「通常の仕事以外の新しい変わった事にチャレンジする」
「いい機会を与えてくれた」
「新たなビジネスチャンスになる」

親子で楽しみながら作る事ができ
小さいころからモノ作りの意識を芽生えさせるのも

プロジェクトの目的の1つ
製品化も間近だ

サイクリング観光とモノづくりの両面からプロジェクトを盛り上げ
地域を巻き込んだ町おこしをしたい

そのためには車中心の生活をする
地域住民にプロジェクトを浸透させていく事が欠かせない

諏訪市 産業連携推進室 寺島和雄 係長
「諏訪地域は車社会」
「車社会が身についていてソコを変える事ができれば」
「ライフスタイルを見直すことができればいい」

この日
スワクルメンバーが向かったのは

20年以上前に使われなくなった旅館

下諏訪商工会議所 清水義樹さん
「既存のモノを残して」
「地域のために活用してほしいというのがオーナーの思い」
「それを受けてなんとかできないかと」

地域づくりに期待を寄せられている
スワクル

旅館の改修案
2階 サイクリストのゲストハウス
1階 レストランカフェ

サイクリストはもとより
地域住民・高齢者が集う事ができる
開かれたコミュニティースペースにしたい考えだ

スワクルメンバー 小池洋成さん
「スワクルが取り組んでいることは”旅づくり””モノづくり”"街づくり”があるが」
「全部連携して動いていった時には」
「1000億円規模の経済効果が期待できる」

行政からのトップダウンではなく
民間主導で走り出しているスワクルプロジェクト

地域活性化作りの新たなモデルづくりが期待される

*なんか自転車に偏り過ぎな気もする
子連れファミリーにうれしいお宿
観光業界に伝えたいママ目線の100項目
アマゾンで見る
楽天で検索
子連れファミリーにうれしいお宿―観光業界に伝えたいママ目線の100項目 (QP books)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。