ワールドビジネスサテライト,5/28,ニッポン農業未来のカタチ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/28,ニッポン農業未来のカタチ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/28,ニッポン農業未来のカタチ

川崎市麻生区
明治大学黒川農場

で今日公開されたのは
クラウドを使った新たなシステム

ハウスの中を案内してもらうと

明治大学 農学部 小沢聖 特任教授
「すべてクラウドにデータを送り込んで」
「クラウドに管理させる」

埋め込まれていたのは土壌の水分や肥料の量を検知するセンサー

この大量の情報ビッグデータをクラウド上で蓄積・分析
最適な量の水や肥料を自動で与える

タブレット端末で
離れた場所から微調整する事もできます

Q.どれくらい水をやるかは勘だった

「父親の勘をコレで数字にできる」
「次の年から息子は親父の勘を数値で実施できる」
「あるいはよその人とデータを比較できる」

経験や勘に頼る部分が多かった農業
ICTの導入で経験の浅い人も効率よく作業ができるほか

農業への新規参入も促す事ができると言います

「街にいる人が農村の状況を見られる」
「”逆兼業”ですねそういう新しいパターンを作っていきたい」

ICTを農業で活用する攻めの農業は
安倍総理も成長戦略の1つとしています

安倍総理
「農林水産業を若者に魅力ある産業にし」
「ICTの活用といった新たな視点を政策に反映させる」

ICT養液土耕システム
導入コストはおよそ120万円
収穫量↑2割

システムを運用するのは日本マイクロソフト
農業におけるICTの広がりに期待を寄せています

日本マイクロソフト 加治佐俊一 最高技術責任者
「国策として農業とICTをつなげていくと」
「うたっているので非常に可能性はあると思う」

未来の日本の農業のカタチ
新しい発想の取り組みも始まっています

兵庫・姫路市

田んぼにたくさん建っている柱
その上にあるのは太陽光パネルです

フジプレアム 大川拓志 常務
「農業をしながら発電が可能」
「常に太陽に(太陽光パネルが)垂直に当たるよう動く」

太陽光パネルが
太陽の動きに合わせて向きを変えるのです
常に太陽に垂直になるよう自動で向きを変え発電効率を上げています

「普通の固定型の太陽光発電に比べ」
「1.4~1.5倍の発電量を稼げる」

太陽の動きに合わせる利点は発電効率だけでありません

「常に影の面積が最小」
「ソレが動くので農作物への営業を与えず発電が可能」

もともとビニールハウスの屋根に太陽光パネルを付けていましたが
パネルの影に農作物が隠れてしまいうまく育ちませんでした

思考錯誤の上この追尾型にたどり着いたと言います
さらに

「超軽量の太陽光パネルを使っていて」
「普通の半分ぐらいの重さ」

使っている太陽光パネルは全て自社で生産

兵庫・たつの市
フジプレアムPV工場

薄型ディスプレー生産ノウハウを生かし
太陽光パネルに転用し軽量化

ディスプレーの技術と太陽電池の技術が
うまく組み合わせて薄くて軽い太陽電池を実現

その結果パネルを動かすモーターも小型化に成功
ただ初期投資を回収するには約15年
コストを抑えるのが課題

*その何年後かにパネルの処理にいくらお金がかかるんだろうか?

「目的は農家の収入を上げること」
「農業経営の基盤を強化して」
「農業を継続しやすくしたい」

千葉・市原市
ここにもある農業の未来の形が

姫路市と同じように農地で作業しながら
その上で発電します

コレは一体

高澤真さん
「ソーラーシェアリングといいます」
「太陽光を発電と農業で分けるという意味」

ソーラーシェアリング
普通の太陽光パネルを使い
農地の1/3程度で発電

農作物はパネルの隙間から届く光だけで問題なく育つと言います
まさに電気と農作物を同時に収穫しようというのです

いま
このソーラーシェアリングが急速に注目されています

農林水産省が出した通知

従来
農地で農業以外で使用することが農地法で禁じられていた

4月から
農業を行いながら太陽光発電することを認める

「農水省の指針は大いに歓迎」

コレを受けて4月からソーラーシェアリングを始めた
高澤さん

今月は既に17万円以上売電収入が見込まれています

「初期のコストとして1200万円ほどかかった」
「10年で回収できる10年分は収入になると考えています」

このソーラーシェアリングをビジネスチャンスと捉えているのは
ベンチャー企業ループ

4月からの規制緩和により
農地からの問い合わせが3倍以上

ループ 深谷辰三 取締役
「かなり大きなマーケットがこれでできたと思う」
「農業を後押ししながらビジネスチャンスを大きくしていきたい」

父親から農地を引き継ぐ高澤さん
ソーラーシェアリングを農業の有望な未来のカタチにしたいと考えます

高澤真さん
「私が始めようと思った切欠は農村の活性化」
「帰農するにあたっては経済的な基盤が絶対的に必要だと思う」

TPP参加を見据え模索するニッポンの農業
新たな形を見つけられるのでしょうか

*大規模は工場で既存はICTになるのかな?
図解 よくわかる農業技術
イノベーション―農業はここまで工業化・IT化できる
アマゾンで見る
楽天で検索
図解 よくわかる農業技術イノベーション―農業はここまで工業化・IT化できる (B&Tブックス)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。