ワールドビジネスサテライト,6/3,ライジングジャパン,東京をアジアの拠点に:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/3,ライジングジャパン,東京をアジアの拠点に

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/3,ライジングジャパン,東京をアジアの拠点に

猪瀬知事は規制緩和について
相次いで大胆な提案をしてます

5月22日
産業競争力会議

のテーマは国家戦略特区
競争力強化について猪瀬知事が提案したのは
日本の標準時間を2時間前倒し

東京を世界で最初に開くマーケットにする狙いだ

猪瀬 知事
「2時間早めることで世界の1日の金の流れが日本から始まり」
「アジアの金融センターとしての地位を確立させる」

大胆な提案に違和感を唱える人も

麻生 財務大臣
「マーケットに合わせてなんでみんなの時間を」
「全部2時間早めないといけないのかね」

4月にはアメリカNYを訪問
視察したのは24時間運航している地下鉄だ

視察の現場で

猪瀬 知事
「地下鉄の24時間化はバスと連動しているから都バスを考えて」
「いいヒントになれば・・・」

都営バスの24時間化を現地で突然表明

*そんなことしたらタクシーが社潰れるだろね
*採算も取れるのか?

先週には
ロシアのサンクトペテルブルクで
オリンピック招致に向けたプレゼンを行った

「東京は卓越・友情・尊敬のオリンピズムの精神をもって」
「大会開催を成功させます」

精力的に動き回る猪瀬知事
スポーツや経済で東京の存在感アップを狙う

*インタビューは一部要約して書いています

特別ゲスト 東京都知事 猪瀬直樹(66)

Q.ロシアからの帰国はいつ

猪瀬 知事
「きのうです」

Q.あのスピーチは3分でしたか

「3分です」
「僕のスピーチは全部英語でやらなければならいので」
「発音は多少悪いかもしれないけど気持ちは伝わったと思います」
「拍手は起こったので良かったと思います」

Q.この後のプレゼンの予定は

「7月の初めにスイスのローザンヌ」
「IOC委員が全員のところでやる」
「9月7日アルゼンチン・ブエノスアイレスソコで決まるんですね」
「ですから大きなチャンスは後2回」
「他にもいくつかあります」

Q.年内の2回で2020年のが決まるんですか

「そうです決まるんですね」

Q.招致をアピールする英語のサイトが分かりにくいと指摘があるようですが

「そういうのはドンドン改善していきますよ」

「今回は競技連盟の集まりにICO委員が40数人いらっしゃる」
「重要な場所と判断して行きました」
「非常にいい手応えを感じています」

「ただこれは東京都という事では無くて」
「国家戦略としてやらなければ勝ち取れない大きな課題だと思います」
「そしてオリンピックがあれば2020年の目標ができ」
「心のデフレがまず取り除かれる非常に大事な事です」

Q.国家戦略特区は具現化しそうですか

「前政権の時にすでにヘッドクォーター特区に指定されているんですね」
「それをさらに深掘りするのがアベノミクスの国家戦略特区だと」

「特区の中で外国の方が来ても」
「例えばアメリカの保険で日本の病院で診療できる」
「いま認証取っているのは2つだけ」
「救急車が英語がしゃべれないとダメでしょ」
「そういうモノをコレから学習して」

Q.外国のトップがお手伝いさんなどを連れて来れないなど
  外地のトップが住みたいと思わない

「そうです変えていかなければ」
「ですから英語の話せるナース・ベビーシッター」
「家族連れできますからね」

アジアヘッドクォーター特区(丸の内・新宿・渋谷・品川など)
目的 外国企業誘致
法人税(実効税率) 38%→28.9%
拠点設置に補助金
外国語サービス拡充

Q.この特区の基準を満たす企業は

「例えばゴールドンマンサックスみたいな大きな会社がありますよね」
「支店はあるんですよアジア本社に来ていただくと」
「であれば法人税を下げますよと」

「国税だけでなく東京都も法人事業税を下げるわけですよ」
「自らの収入を減らして」
「アジアクォーター特区として特別な減税をすると」
「28.9%には復興増税分が2%入っていて」
「26.9%になればソウルぐらいにはなると」

「そして今回アベノミクスの中で指定を受ければ」
「20.2%ぐらいつまりシンガポールや香港と競争できるような」
「税率になれば競争に勝てるんじゃないかと」

Q.外国企業誘致だけでなく日本の法人についても適用されると

「そうなんですが」
「減税の話だけになるといかにも税金負けますよではなく」
「外国人が日本で地下鉄の表示も足りないですよ」
「英語・韓国語・中国語だけではもっと増やしますよ」

*いやコレ以上増やすなむしろ減らせ

「医者も外国の資格でドコまでできるか」
「コレからだと思うが」

*そんな事したら偽医者が乱立するぞ

「住んで仕事ができますよという所を見せないと」
「みんな単身赴任が当たり前だと思っているけど」
「家族でいらっしゃるから」
「そういう人に東京が住みよいか規制をいろいろ破って」

*外国人受け入れで豊かになれるのか?

Q.法人税率引き下げで税収はどれくらいを見込んでいる

「どれくらい来るかが勝負ですから」
「ただそれだけじゃあって事で標準時を2時間変えましょうと提案した」
「ライジングサンとわれる国ですから本来は市場が開くのが一番早い」
「所がシンガポールとの時差はいま1時間です」
「サンクトペテルブルクとは5時間ですが」
「ウラジオストックとは7時間です」
「つまりサンクトペテルブルクにとってウラジオストックの方が東にあるんです」
「どう考えてもおかしいですよね」

「ですから日出づる国」
「日付変更線に一番近い国ができるだけ時間を早く市場を開くと」
「東京→ロンドン→NYとシームレスになっていく」
「本来持った我々の力を引き出せると」

Q.金融関係者からは”取引だけだったら2時間前からやってますよ”
  と反応があるがソレだけじゃない

「本当はソレも言いたい」
「バスも24時間やりましょうと提案しているが」
「我々が終電から逆算する人生を生きている」
「ソコを変えないとね」

「後ろから逆算して生きているから」
「どうしても市場が小さくなってしまうんですけど」

「もっとアフター5を含めて自由な世界を作ってくと」
「ソコに大きな市場が生まれてくる」
「我々の固定した生き方が消費を抑え込んできた」

「名目GDPはこの20年間500兆円のまま変わらないんですね」
「生き方をどこかで変えていく事が大事だと」

「タクシーの客が減って困るんじゃなく増えます」
「市場が大きくなります時間の市場をもっと増やして生き方を変えていく事が」
「必要なんじゃないか」

Q.香港・シンガポールからハブ機能を取り戻す

「おっしゃる通りです」
「香港やシンガポールのアジア全体の市場が増えてきてるから」
「だんだん東京が少なくなっているように見えるんです」

「東京の市場自身も時間の問題だけじゃなくて」
「我々自身が20年前と同じGDPなのは変じゃないかと」
「もっとお金を使って楽しめる世界を作る」
「賃金も上がると」

「心のデフレがこの20年間固定して」
「負け根性みたいなのができてる気がして」

Q.例えばカッコいい日本人になるためにカジノだってやっていい

「やったっていいんです」
「カッコいい日本人になろうともう一度ね」
「カジノは大人のディズニーランドみたいな感じですよね」
「劇場・国際会議場・ホテルだってある」
「おしゃれしてして行く空間っていうかパチンコだっていいですが」
「もっと開放された奥さんとおしゃれしていく場所」
「結婚式だけじゃおかしいでしょ」

「そのためには終電の呪縛から解放されるべきだと」

Q.日本に進出する企業人の入国審査に1~3ヵ月かかるのを
  10日ぐらいにする規制緩和をうったえていますよね

「そうなんです」
「日本に会社があればパスポート・労働ビザ取れるんですが」
「コレから入ってくるのには1ヵ月かかっていたそれを1週間ぐらいにしましょうと」
「法務省と交渉しながら進めてるんですが」
「色んな役所的な昨日作り上げた世界がありますから」
「ソレを越えていく必要がある」

「ただいい歴史もあって」
「昭和5年の時刻表では始発と終電はいまと同じ時間」
「山手線は4分ごとに動いている」
「凄いシステムを作っているのになんでソコで固定化しちゃったの」

*いや駅も路線も増えたのに変わらないで運営できちゃってるのが凄いんじゃ?

Q.東京が始めれが国が動くのか国が動くのを待っている

「まずはバス24時間や外国人の保険適用など」
「役所などとも交渉しながら提案し」
「安部首相のきちっとした判断を仰ぎたい」

「国に差し上げてる税収は48兆円のうち17兆円は東京からきてるんです」
「心臓を活性化させれば全体に血液が流れていく各地方にね」

Q,安部さんの決断1つですか

「まずは我々自身が固定観念の世界で生きているかどうか」
「例えばソニーは昔は新しい事をドンドンやってたでしょ」
「で家電は他の有名な会社が」

「そういう会社が」
「グーグルとかアップルに後れを取ったのは」
「固定観念が意識が固定化しているからだと思っている」

Q.安部さんがGOサインを出せば特区ができる考えますか

「安部さんがGOサイン出すのと国民がそうだねと思わないと」
「この2つが重なることが重要」

Q.安倍総理は規制改革など本気ですかね

「僕は期待してますけどね」
「総理が頑張っていましかないわけですから突破口にしないと」
「2020年のオリンピックも含めて元気を出そう希望を作ろうと」

*質問に対してチョッとね・・・
決断する力
アマゾンで見る
楽天で検索
決断する力 (PHPビジネス新書)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。