ワールドビジネスサテライト,6/4,薬ネット販売解禁へ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/4,薬ネット販売解禁へ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/4,薬ネット販売解禁へ

午前11時すぎ
参院 経産委

安倍総理
「店頭で購入できない消費者など」
「国民の利便性を高めるモノと考える」

薬のインターネット販売に意欲を見せる安倍総理
成長戦略の目玉と位置付けています

政府
一般医薬品 約1万1400品目のうち
99%以上のネット販売解禁の方針をまとめる

一般医薬品はリスクに応じて

3つに分けられており厚生労働省は
現在1類と2類のインターネット販売を禁じています

しかし

今年1月最高裁は医薬品1類と2類のネット販売の
省令での禁止は違憲との判決を下しました

政府はこの判断を巡って議論してきました
そして今朝関係閣僚が集まりほぼ全面解禁の方針に至りました

コレを受けて
検討会に参加していた推進派と慎重派は
それぞれ会見しました

推進派 ケンコーコム 後藤玄利 社長
「原理・原則と透明性をもってすれば100%解禁」
「99%に妥協する事で今後」
「官僚がいろいろなモノを禁止できる」

慎重派 薬害被害者団体 増山ゆかり氏
「消費者目線ではなくて利益優先で売られている」
「より安全策を講じるべき」

厚生労働省
大量購入の禁止や悪質な販売業者の排除などを
専門家と検討するとしています

安倍総理
ネット販売解禁を成長戦略第3弾に盛り込む見通し

今後は解禁時期や懸念される
安全性をどう確保するかが焦点となります

*この本に後藤玄利社長の名前のってたりするんだよね
10年後の大企業
アマゾンで見る
楽天で検索
10年後の大企業


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。