ワールドビジネスサテライト,6/13,経済再生への司令塔 甘利大臣 生出演:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/13,経済再生への司令塔 甘利大臣 生出演

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/13,経済再生への司令塔 甘利大臣 生出演

※インタビューは一部要約して書いています

Q.乱気流続いていますね

甘利 経済再生担当大臣
「まぁ短期資金に翻弄されているんですね」
「本当は日本の市場は中長期資金を」
「引きつける魅力を持たなければならない」
「なぜならば中長期資金はイノベーションを起こしますから」
「短期資金は利ザヤを稼ぎますからね」

「本当の魅力とは中長期資金が集まる市場ですよ」

Q.落ちた株価は中長期的な魅力で回復する

「実体経済はどの数字も良くなってきている」
「確実に景気は良くなってきている」
「これから実体経済を成長戦略をしっかり実施する事によって」
「まだ実施されていませんから」
「実施する事によって実体経済を引き上げれば」
「株価はついてくると」
「そういう自信を持ってやる事ですね」

Q.第三の矢が弱かったと海外の投資家が落胆している声もありますが
  彼らをどう説得しまっすか

「単に目先を引くだけではダメなんですよね」
「高い目標と実現へのロードマップがしっかりしていて」
「それをキチンと達成する検証体制がどうかという事を」
「市場が理解する事が大事なんですよ」
「コレからの仕事ですね」

アベノミクス3本目の矢 成長戦略
設備投資の拡大
農産物輸出 増加
インフラの海外輸出 増加

など
野心的な改革が並ぶ

成長戦略の最大の柱
規制改革では医薬品のネット販売を原則解禁

国家戦略特区も創設し
海外企業を積極的に誘致するとした

しかし
市場からは厳しい反応

成長戦略の内容への失望から
発表後に株価は急落した

ソレに対し総理は

9日
安倍総理
「秋には成長戦略第2弾を推し進める」

早くも成長戦略第2弾を明言した

成長戦略と共にアベノミクスの両輪となる骨太の方針も
今日取りまとめられた

経済再生の司令塔
この人もスピード感を強調する

11日
甘利経済再生担当大臣
「相当 大胆な手法を考えていく」
「いつやるの 今でしょ」
「という方向で行きます」

いよいよ計画から実行へと移される成長戦略
その舵取りとは

Q,今回の成長戦略はどの辺が異次元

甘利 経済再生担当大臣
「5ヵ月の間に岩盤みたいな懸案事項」
「必要と言われながら手がつかなかった」
「ソレがあっという間に5~6項目片づけちゃいましたしね」
「”待機児童の問題は消費税が上がってから始めよう”と」
「そんな事を言わないで今から始めようと」
「今年度から始めて2年間で解消しようと」
「5年間で潜在待機児童も含めて」

「薬のインターネット販売決まりました」
「混合診療決まりました」
「農地の問題リース方式で決まりました」

「社外取締役法案で出します」

「絶対できないと思われていた項目を」
「5ヵ月で全部やっちゃったんです」
「それのスピード感」

「アベノミクスは今までと何が違うかというと」
「金融政策・成長戦略・財政出動 3つ三位一体でやってるんです」
「今までの対策は金融政策がなかったんです」
「それがないとデフレの脱却ができなかったんですね」
「ソレを一体でやりました」

「そして3つの手法」
「民間活力を爆発させると総理おっしゃっています」
「インフラですら民間のお金でやっちゃう」
「高速道路も民間のお金で作り直しちゃうぐらいの」
「民間活力を引き出します」

「全員参加」
「女性もお年寄りも生涯現役」
「学生のビジネスプランをベンチャービジネスにしちゃう仕組み」

「新分野」
「フロンティアを作る」

「大事なのは何時までにこれを達成しますと」
「具体的に達成が分かる指標を作ります」
「それを1年ごとに物差しを当てて1年分進んだか」
「進んでいなかったら原因は何か」
「原因を探求して対策を追加する」
「年度ごとに工程表を作っていく」

Q.チェックは安倍さん自ら入る

「もちろんそうです」
「日本経済再生本部で進捗をチェックする体制を作ります」
「毎年毎年進み具合をチェックします」
「進んでいなかったら政策を追加すると」
「という手法をとります」

*年毎なんて進んでいなかったら1年無駄になるのか?

Q.法人税減税が検討するにとどまったのは何故

「法人税はのべたんでやると競争力と関係ない」
「ただ口開いて待ってる人が全部安くなるんです」
「そうじゃなくても東北支援策が終われば2年後には」
「確実に法人税は30%から4.5%下がるんです」

「ソレに加えて設備投資したら減税が働く」
「政策減税を大胆にやると総理は宣言しています」
「それを秋の国会でやると」

「いま日本では消費が伸びてきました」
「輸出も伸びてきました」
「いま下げ幅は父まりましたが弱いのが設備投資なんです」
「ココを大胆に進めれば本物になるんです」

Q.サービス業などは消費税が上がり投資減税を受けられないが

「当然人材投資というのもあるだろうし」
「設備投資 研究開発投資があるワケです」
「投資をすれば競争力はつくわけですね」
「日本の企業に競争力をつけようというワケです」

Q.投資減税は人的な投資も対象

「人材投資につても考える余地はあると思います」

*ほのめかしてまだ決まってないとかW

Q,法人税引き下げは2年後だと先過ぎませんか

「競争力と関係あるモノ」
「全てに法人税を下げるとロットが多いです」

Q.シンガポール・香港は20%以下ですし
  マレーシア25% タイ23,4→20%に下げます

「法人税の下げ競争はやってもああいう国に勝てませんよ」
「下げ競争だけだったらロットが大きいんですから」
「小さな国と500兆の規模の国では違うんですから」

Q.麻生大臣が(法人税引き下げ)”すぐ効果があるモノだとは思いません”
  閣内で足並みがそろっていないという事でしょうか

「麻生大臣はただ最初から設備投資をすると決めている時に」
「追い銭を払うというよりも企業側も決意を示せという事を」
「この言葉でおっしゃってるんですよ」
「自分たちもリスクをとって戦いに臨んでいくぞと」
「政府が全部やってやるのを待つ民間企業なんか」
「競争に勝てませんよ」

「今度出す法律は事業再編も促進するんです」
「不採算部門を切りだしてA社B社の不採算部門を切りだして」
「まとめて効率化をしていく」
「その際の損益計算もできるような法律を出すわけです」
「意志のある所に政策が働くとしなければ」
「自分は何も努力しないのに政府が全部作ってくれる」
「そんな企業は生き残れませんよ」

Q.企業が農地を買えない

「企業が我々がどうすれば農業に参入しやすいか聞くと」
「リースの方がリスクを管理しやすいと彼らは言うんですよ」
「農地バンクを作ってまとめて加工して渡すという仕組みになったんです」

「(農地の)所有がいいという事になれば」
「そこで所有に踏み込む改革を検討していきますよ」

「農地の買い取りはローソンの新浪さんが言うには」
「農家側のニーズなんだと」

*んーこの通りになるの?
日本の底力 一〇〇年に一度の奇跡を起こせ!
アマゾンで見る
楽天で検索
日本の底力  一〇〇年に一度の奇跡を起こせ!


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。