ワールドビジネスサテライト,6/28,特集,治る最前線,第24回,光が変える心筋梗塞治療:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/28,特集,治る最前線,第24回,光が変える心筋梗塞治療

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/28,特集,治る最前線,第24回,光が変える心筋梗塞治療

ある病院で心臓病の検査が行われている

ココで使われているのは
血管内視鏡と呼ばれる直径1.5ミリの検査装置

コレを手首の血管から心臓の血管にまで通していく

ある患者の血管の画像
黄色く映っているのはコレステロールだ

内側が狭くなり動脈硬化を起こしている

この動脈硬化が引き起こす病
それは心筋梗塞

心筋梗塞
心臓の筋肉に酸素や栄養を送る
太い動脈が詰まる病気

動脈硬化で狭くなっていた血管の内側の膜が破れると
血小板などが集まり血管を塞いでしまう

血管が完全に詰まってしまうと
血液が流れなくなり心臓の筋肉が壊死してしまうのだ

国内の急性心筋梗塞の死亡者数
約4万3000人 (2011年厚労省)

心筋梗塞の大きな危険因子は4つ
  • 喫煙
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症(高脂結晶)

生活習慣の乱れが病に繋がる

東海大学 医学部 循環器内科 緒方信彦 講師
「中高年を突然に襲う重大な病気の1つが心筋梗塞」
「急性心筋梗塞の約4割は病院に到着する前に死亡する」

命を落としかねない心筋梗塞
その治療の最前線を追った

神奈川・伊勢原市
東海大学医学部付属病院

ココでは
心筋梗塞の最新の治療が行われている

この日治療に訪れた80代の男性

検査で心臓の血管に狭くなっている部分が見つかったため
治療を受ける事になった

治療が始まる
まずはカテーテルと呼ばれる細い管を手首の血管から
心臓の血管にまで通していく

そしてカテーテルの先端から
血管を映し出すために造影剤が注入された

動脈硬化で血管が狭くなり
血液がほとんど流れていない放置すると心筋梗塞に繋がる恐れがある

ソコで今回は
エキシマレーザーと呼ばれる最新の治療装置が使われる

本体に取り付けられたケーブルから高エネルギーの紫外線である
エキシマレーザーが照射される

医師たちは
紫外線を防ぐメガネを装着しケーブルをカテーテルの中に通した

照射を開始
先端から正常な血管の壁を傷つけない様レーザーが照射される

レーザーを照射するとコレステロールは化学反応を起こし
1/100ミリ以下にまで分解される

赤血球よりも小さくなるので
詰まる危険性はない

レーザーの照射は
およそ30秒間行われた

そして今度はステントと呼ばれる金属の筒をとりだした

ステントを病変の部分で広げ
血管を内側から再び細くならないよう固定するのだ

ステントが心臓の血管部分に届いた
今回はレーザーでコレステロールそのモノを大部分取り除いたため
ステントを確実に固定できる

治療前ほとんど塞がっていた血管が広がり
隅々にまで血液が通るようになった

エキシマレーザーは去年から保険適用
この病院では約80例を治療

東海大学 医学部 循環器内科 緒方信彦 講師
「余計な血管を詰めてしまうリスクを減らして」
「心臓の筋肉を救済する量を多くするのが」
「エキシマレーザーの最も優れた利点」

さらにより的確な治療を行うための
新たな検査も登場している

東京・文京区
日本医科大学付属病院


使われているのはOCTと呼ばれる
最新の検査装置

ケーブルの先端から近赤外線を照射

検査が始まった
ケーブルを手首の血管から挿入し心臓の血管にまで通していく

そして近赤外線を照射した

黒い所は血液が流れる部分
照射した近赤外線の反射光を読み取り血管を画像化している

徐々に狭くなり動脈硬化の部分にたどり着いた
OCTで分かるのは動脈硬化部分の膜の厚み

心筋梗塞は
動脈硬化で狭くなった部分の膜が破れる事で
血小板が集まり血管が詰まってしまう

この膜が薄いほど破れやすく
心筋梗塞を起こす危険性が高いのだ

輪切りの断面図を繋げ血管の画像を作成
明るい所が動脈硬化の膜の所だ

この患者はおよそ1ミリだと分かった

OCTの画像を見ながら
医師たちが状態を確かめる

心筋梗塞が起こる直前ではないと判断

そのためこの患者には
ステントを使って血管を広げる一般的な治療が行われた

OCT
0.02ミリまで判別

動脈硬化
膜の薄さが0.065ミリ以下の場合
破れる危険性が高い

その場合には膜の薄さに対応したステント治療が行われる

動脈硬化の状態を見極める事で
より安全な治療を行う事ができるのだ

日本医科大学付属病院 循環器内科 高野仁司 准教授
「OCTで動脈硬化の性質を見る事で」
「細かい治療戦略を立てる事ができる」

死に繋がる病心筋梗塞
命を救うための医療技術は日々進歩している

*この本どういう意味だ?
100歳まで長生きできる
コレステロール革命
コレステロール値が
高いほうがずっと長生きできる
アマゾンで見るアマゾンで見る
楽天で検索楽天で検索
100歳まで長生きできるコレステロール革命
コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる (講談社プラスアルファ新書)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。