ワールドビジネスサテライト,7/3,今年最大1兆円上場:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/3,今年最大1兆円上場

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/3,今年最大1兆円上場

今朝
野村証券のトレーディングルームにやってきたのは

アナウンス
”サントリー食品インターナショナル株式会社”
”鳥井信宏 社長 上場おめでとうございます”

株のトレーダーたちが
取引を中断して拍手をおくる

サントリー食品インターナショナル
東証1部に上場
→時価総額 約9640億円 今年最大の上場

株式市場にとっては嬉しいニュース

サントリー食品インターナショナル
初値 3120円(公開価格3100円)

取引開始直後から投資家の買いを集め
まずは無難な滑り出しだ

サントリー食品インターナショナル 鳥井信宏 社長
「正直もうひとつピンときていないというか」
「まぁ値段はついた方がいんでしょうから」

鳥井社長は今一つ実感がわかない様子
大手飲料メーカーの

サントリーHD
創業一族が歴代の経営トップを務める
→長年 非上場で会社を運営

サントリーという社名は太陽のSUNに
鳥井社長の名字を組み合わせたモノだ

創業115年目で初めて上場
市場と向き合う事になる

野村証券 永井浩二 社長
「資本市場の息吹が感じられる証券会社のトレーディングフロア」
「値段がつく瞬間 盛り上がるじゃないですか」


証券会社のトップが熱く語りますが

サントリー食品インターナショナル 鳥井信宏 社長
「もっと盛り上がるべきだったのでしょうけど」
「あまりピンと来ない」

*まぁ自分で一から築いたわけではないからそうでしょ

上場初日の社長は忙しい
その後慌ただしく向かったのは

東京証券取引所
にあるテレビ局のスタジオ

コレから投資家向けの番組に出演する

テレビ局担当者
「生で出演してもらうと発信内容で株が上がったりすることも結構ある」

サントリー食品インターナショナル 鳥井信宏 社長
「反対もね」

テレビ局担当者
「もちろん反対もあります」

サントリー食品インターナショナル 鳥井信宏 社長
「生出演はない」
「生ビールはよく知ってますけど」

一方で株価は堅調に推移
日経平均株価 1万4055円(↓43円)
キリンHD 1575円(前日比↓2%)
アサヒグループHD 2539円(前日比↓0.4%)
サントリー食品 3145円(公開価格比↑1.4%)

相場全体が下落しライバル各社が下げる中でも
公開価格を上回る展開が続いた

Q.東証初めてですか

「初めて」

Q.長い歴史の中で踏み込んでこなかった領域ですか

「こんな経験ができる人はなかなかいないので」
「いい体験をさせてもらっている」

今回の上場で

サントリー食品
約2800億円の資金調達

その資金を基に鳥井社長が狙うのは
海外市場だ

「アジアのベトナム インドネシアなどで機会があれば」
「積極的に対応したい」

国内市場が飽和状態となる中
今後海外で積極的にM&Aで業績拡大を狙う

「売上高2兆円の目標を掲げた」
「昨年度の売上高が約1兆円なので10年で倍増」

今回のサントリーの戦略につて専門家は

ニッセイ基礎研究所 百嶋徹 上席研究員
「攻めの経営をこれからも続けて行かないといけない」
「成長資金ニーズに対応したリスクマネーの調達と位置付けられる」

サントリー食品インターナショナル 鳥井信宏 社長
「コカとペプシに追いつけと言われても」
「なかなか難しいのでその次に入っていく」

慌ただしい一日を終え
会社に戻ってきた鳥井社長

Q.今日はお疲れですか

「プレモル(プレミアムモルツ)が飲みたいです」

コカコーラそしてペプシに次ぐ地位を目指すと語った
鳥井社長ですが

そのブランド力はどれほど知れ渡っているのでしょうか
アジアの巨大市場 中国で取材しました

気温35度以上が日が続く
中国・上海

冷たい飲料が特に売れる季節です
サントリーの存在感は

地元の店を周って探してみました

まずは小さなスーパー
飲料の棚にありましたサントリーのウーロン茶
低糖・無糖の2種類です

横に並んでいたのは
日本や台湾メーカーの甘味のあるお茶でした


「サントリーのウーロン茶はよく飲むよ」
「これこれ私が飲むのは無糖だよ」

売店でも
この日訪れた店のほとんどでサントリーのウーロン茶がありました

売店店主
「(サントリーの)ウーロン茶はよく売れるよ」

そしてコンビニでは
コーヒーや果実系飲料など棚の目立つ一列にサントリー製品が

こんな声も

コンビニの客
「サントリーのウーロン茶はよく買うけど」
「他の商品は印象がないわ」

世界最大規模となった中国の飲料市場

今後も毎年10%以上の成長をする見込みで
世界の飲料メーカー熾烈な戦いを繰り広げています

圧倒的な知名度とシェアを持つのは

アメリカのコカコーラ
そして台湾系の康師傅とペプシの連合です

サントリー中国ホールディングス(食品事業)
売り上げ11年 64億円(12.35円/元) → 12年 62億円(12.67円/元)
と楽な状況ではありません

ウーロン茶といえばサントリーと定評は得ているものの

飲料メーカーとしての存在感をどう高めるのか
厳しい戦いは続きます

*株式上場ってどうすればできるんでしょうか?
図解 株式上場のしくみ
アマゾンで見る
楽天で検索
図解 株式上場のしくみ


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。