ワールドビジネスサテライト,7/17,トレンドたまご,手術支援ロボット(IBIS),ミニサーベイヤー:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/17,トレンドたまご,手術支援ロボット(IBIS),ミニサーベイヤー

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/17,トレンドたまご,手術支援ロボット(IBIS),ミニサーベイヤー

東京ビッグサイトで開かれた
テクノフロンティア2013

人だかりができていたのは
ロボットアームが器用に糸を結んでいます

東京工業大学 原口大輔 特任助教
「これは医師の手術を助けるロボットです」

実はこのロボット医師が直接幹部を触れない手術向けに

東京工業が医学・東京医科歯科大学が開発した
手術支援ロボット(IBIS)

しかし
こういった技術はすでにあるような
最新技術とは何なのでしょうか

「患者の腹の中で縫っている糸を引っぱったり」
「臓器を押したりする感覚が操作する人に伝わってくるところが新しい」

遠隔操作で感覚が伝わってくるのか試すと
輪ゴムの伸び縮みやスポンジの感触を感じ取れました

医師の触診
硬いなど感触で腫瘍があるか見つける

しかし
なぜ感触が伝わってくるのでしょうか

「動く部分に空気圧を使っている」

このロボットは動きの命令を
空気圧に変えて操作しています

逆に何かに触れた感触を空気圧として計算され
手元に感触として再現されるのです

手術支援ロボット(IBIS)
3~4年後の実用化目指す

そして
もう一台見つけたのは千葉大学が開発した

千葉大学大学院工学研究科 野波健蔵 教授
「機体は人が操縦していない自律制御でマイクロコンピューターで操縦している」

この飛ぶロボットは
コントローラーで操縦するのではなく
あらかじめ入力されたプログラムの通りに飛ぶという

自律飛行型ロボットなんです

この技術に使われているのが
位置を測定するGPSシステムです

今回は屋内なので赤外線を使っていますが

通常はGPSの位置情報で
動く方向や距離が決まる

「ココにランディングして」
「(機体の)下に付いているバッテリーを」
「新しいバッテリーと交換して離陸する」

バッテリーが減ると
プログラムの位置に着陸する

ヘリポート側のセンサーが着陸を感知
→バッテリーを交換

再び離陸します

そして
もう一つ特徴があります

「特徴はホバリング」
「だいたい1センチ程度の範囲にピタッと止める」

姿勢と位置を制御するセンサーが働いて
元の位置に戻ろうとします

この自律飛行型ロボット
どんな使い道があるのでしょうか

「空撮や農薬散布」
「放射線で汚染された地域の計測など」
「いろいろ活用できる」


ミニサーベイヤー(動画は別のタイプ)
リース価格 150万円から

すでに30の団体や企業から
利用の申し出があるそうです



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。