ワールドビジネスサテライト,7/19,特集,エコカーウォーズ,episode16,燃費世界一へホンダの逆襲:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/19,特集,エコカーウォーズ,episode16,燃費世界一へホンダの逆襲

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/19,特集,エコカーウォーズ,episode16,燃費世界一へホンダの逆襲

ハイブリッドのコンパクトカーで
世界最高の燃費性能を達成した車が9月に発売される

自動車評論家
「ビックリです」
「トヨタをしのぐ燃費のハイブリッド車が出てくるとは」

自動車担当アナリスト
「技術のホンダの復権だと思う」

WBSのカメラだけが捉えた
新型フィットハイブリッド

技術者の意地が結集した車だ

ホンダ技術研究所 四輪R&Dセンター 野中俊彦センター長
「スモールクラスのハイブリッド車で世界最高の燃費性能です」
「こう言わないとホンダらしくない世界で2番とか3番とか言えない」
「後出しジャンケンで負けるわけにはいかない」

新型フィットハイブリッドで始まるホンダの逆襲
その全貌に迫る

今月13日

栃木・芳賀郡
本田技術研究所四輪

その中のテストコースに開発の最終段階を迎えた

新型フィットハイブリッドがあった
認定値 燃費36.4km/L (JC08モード)

フィットの開発責任者の小西さんも顔がほころぶ

ホンダ技術研究所 四輪R&Dセンター 小西真 主任研究員
「うれしいです」
「この車も開発を3年くらいやってやっと認定された」
「コンパクトクラスとしては世界一の燃費を達成できた」

世界一の燃費はどのように達成されたのか
その最大の売りは今回新たに開発したハイブリッドシステムだ

「エンジンはエンジンモーターはモーターで」
「完全に切り離して使う事ができる」

コレまでホンダのハイブリッドでは
エンジンとモーターは一体で動き切り離して使う事は出来なかった

*というかモーターが小型で補助的だった気が

しかし今回開発したシステムでは
エンジンとモーターを切り離して使えるようになったため
燃費性能が格段に良くなったのだという

車が始動する時は
モーターのみで走行してエンジンは停止している

加速する時はクラッチが繋がり
エンジンとモーターの両方を使うハイブリッド走行へ

時速60キロぐらいまでの速度で変化が少ない場合には
再びクラッチを切り離してモーターのみで走行する事ができる

「モーターだけで動かす事ができるので」
「その分エンジンは休んでいられて結果的に燃費が非常に良くなる」

新しい技術を採用したのはハイブリッドシステムだけではない
バッテリーには

リチウムイオン電池を採用
従来のニッケル水素電池と比べて
同じ大きさで出力が2倍

さらに車の底にも工夫が

「ソコ面をフルカバーしている」
「前から入ってきた空気がスムーズに後ろまで流れる」

車の底面を覆うカバーを付ける事で
空気抵抗値が3%改善

Q.コストもかかると思いますが

「かかりますね」
「大丈夫だろうと完成された車が非常に売れれば」
「コストは安くなるはず」

新しい技術が惜しげもなく投入されたフィット
世界最高の燃費性能を実現する事は当初からの目標だったと語る

本田技術研究所 四輪R&Dセンター 野中俊彦センター長
「燃費もナンバー1走りもナンバー1という」
「分かりやすさがないと」
「我々の商品は理解していただけない」
「という反省のもとに今回は言い訳なしに」
「燃費は世界最高」

反省という言葉の裏にあるのは

2009年
ハイブリッド車 2代目インサイト発売

インサイト
燃費競争を回避し低価格を売りに

しかし

2009年
トヨタ3代目プリウス発売
従来よりはるかに低い価格で発売

この激突は性能で上回るプリウスの圧勝で終わった

ゴールドマンサックス証券 自動車担当アナリスト 湯澤康太 氏
「プリウスに勝てる大きな要素がなかった」
「後発組なら先発を上回る何かのエッジが必要」

トヨタはハイブリッド車の累積販売台数が
今年の3月500万台に到達

ホンダは100万台強と大きく引き離されている

本田技術研究所 四輪R&Dセンター 野中俊彦センター長
「今回のフィットではもう言い訳なしにしようと」
「新しい事にチャレンジしてそれをやり切って」
「最後は高いアウトプットを生む」

そんな開発時の刺激を受けたのが
フィットのデザイナーチームだった

本田技研研究所 四輪R&Dセンター デザイン室 南俊叙ダイレクター
「昔はホンダのイメージはすごいやんちゃな会社」
「アグレッシブというかやんちゃな人が」
「だんだん会社が大きくなり組織も大きくなる中で」
「いろいろ考え過ぎていたのかなと」

デザインは現行のフィットと大きく変わった

フロントグリルのデザインは
アグレッシブなホンダを取り戻そうというメッセージが込められているという

*てかインサイトっポイフェイスでダサい

一方
東京・西東京市
ホンダカーズ東京中央東伏見店

では
9月の新型フィットに備えた
販売員同士のロールプレイング形式の研修が行われていた

アクアやプリウスに多くの客が流れて行ったという

東伏見店 営業 森下牧夫 主任
「結構やられました」
「客から燃費について言われる」
「今年一番期待している車種ですから」
「これで販売台数が取れなかったら」
「もうおしまいというくらい」

ホンダは2016年までに去年の1.5倍に当たる

600万台計画を掲げている
日・米・欧 300万台
新興国   300万台

そのカギを握るのが世界戦略車のフィットだ
同じっプラットフォームを共有するSUVやセダンも今後発売し

販売比率をおよそ2倍増やす計画なのだ
2012年度 約78万台
2016年度 150万台

自動車評論家 国沢光宏 氏
「今のホンダはこのフィットシリーズが成功しなかったら」
「明日はないというくらいの気持ちで開発していると思う」

社運をかけたフィットの開発

この日
四輪車開発のトップ野中センター長がテストコースにやってきた
フィットの加速を試す

本田技術研究所 四輪R&Dセンター 野中俊彦センター長
「前回よりも(加速時のショックが)丸くなったけど」
「もう一段もっとスムーズに」

ホンダ技術研究所 四輪R&Dセンター 小西真 主任研究員
「相変わらず難しい注文をありがとうございます」

生産開始が迫る中でも妥協は許されない
チューニングはギリギリまで続けられる

「やっぱり諦めないことが大事」
「新型フィットを出せばトヨタはまたそれを超えるモノを作ると思う」
「一緒に頑張っていきたい」

新型フィットはドコまで伸びるのか
ハイブリッド車の競争が激しくなるのは間違いなさそうだ

*デザインは失敗していると思う
*次に来るのはボディー全体で発電とかじゃ?
ハイブリッドカーは本当にエコなのか?
アマゾンで見る
楽天で検索
ハイブリッドカーは本当にエコなのか? (宝島社新書 297)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。