ワールドビジネスサテライト,8/6,好調ハイブリッド車に強力ライバル:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,8/6,好調ハイブリッド車に強力ライバル

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,8/6,好調ハイブリッド車に強力ライバル

7月の車名別新車ランキング
順位
車名メーカー
台数
1
アクアトヨタ
2万8657
2
プリウス
トヨタ
2万3067
3
ムーヴ
ダイハツ
2万672
4
N BOX
ホンダ
1万9736
5
ワゴンR
スズキ
1万5951
6
デイズ
日産
1万3944
7
ミラ
ダイハツ
1万2557
8
スペーシア
スズキ
1万2522
9
ノート
日産
1万1712
10
フィット
ホンダ
1万1553

1位2位をトヨタのハイブリッド車が占め好調ですが

一方で海外の自動車メーカーが
独自の技術で燃費競争を仕掛けてきています

東京・港区
午後11時半

都内で今日発表されたのは
トヨタのカローラハイブリッドです

走行燃費
ガソリン1Lあたり33km(JC08モード)

カローラアクシオ(ハイブリッド)
192万5000円から

1966年の初代カローラの発売から
45年以上

長年トヨタの主力を担ってきたカローラに
ハイブリッドを搭載しました

ただ
デザインは変えずにファンを繋ぎとめます

トヨタ自動車 製品企画本部 中村寛 主査
「プリウス アクアに代表されるハイブリッドは」
「先進性という独特の世界観があった」
「オーソドックスなセダンに(ハイブリッドを)載せるのも」
「カローラの役割だ」

ハイブリッド搭載カローラ
販売目標 月2500台

と控えめ

プリウス・アクア
月 2万台以上を販売

ホンダが秋にも新型フィット発売予定
→競争激化

「他社を含めてハイブリッドを次々出していて」
「カローラも話題喚起できる」
「購買意欲も上がり全体で盛り上がれば良い」

勢いを増すハイブリッド車に強
力なライバルが出現しています

東京・港区
BMW青山スクエア

BMW
上半期の国内販売台数↑8.3%(前年比)

燃費のため9割を超えるモデルで採用する技術があります

BMW青山スクエア 浅利智基さん
「ターボをつけてパワーが10%アップ」
「燃費は30%アップした」

鍵を握るターボチャージャーとは
エンジンから出る排ガスを利用してタービンを回し
連動して空気を圧縮させます

その圧縮した空気を再びエンジンに送り
燃焼効率を高めるという技術です

エンジン機能が高まり
燃費が改善しました

「排気量を小さくし(エンジンが)2/3になる」

この

ターボチャージャー
スポーツカーなどに使用した技術

「ターボでも運転にマイナスはない」
「低い回転でもパワーが出る」

BMW523i(本体価格610万円)
燃費 14.2km/L(3割改善)
排気量 2000cc(500cc改善)

およそ24万円の減税の対象となりました

ターボでない従来のタイプでは
現在のエコカー減税などは受けられないはずでした

Q.エコカーは日本のお家芸だが海外も負けていない

「十分なパワーで日本の基準を達成することに」
「ヨーロッパ車の魅力がある」

ターボチャージャーを製造しているのが
三菱重工業

きょう会見を開き
ターボチャージャー事業を拡大すると発表しました

三菱重工業 ターボ事業部 梶野武 事業部長
「乗用車用ターボチャージャーで世界トップシェア獲得を目指す」

三菱重工業
ターボ生産能力を580万台から1000万台に(2016年)

ターボシェア約20%→36%へ(2016年)
世界シェアトップ狙う

「世界の自動車メーカーにターボチャージャーを供給している」

世界の自動車販売台数 7700万台
ターボ搭載車 2100万台(三菱重工調べ)
ハイブリッド車 162万台(フォーイン調べ)

実は世界的には
ターボ搭載で燃費を抑える技術が主流なのです

「日本の市場にも欧州メーカーが」
「ターボ付きの車をかなり輸入販売しているので」
「そういうモノが普及していけば日本の市場も変わっていく」

神奈川県・相模原市
三菱の工場

ココでは
ターボチャージャーの生産や研究を行っています

「こちらの部屋は自動車メーカーからエンジンを借りて」
「ターボチャージャーを搭載し」
「性能や地球試験を実施する部屋です」

三菱重工業
約40社の自動車メーカーと取引

実験ルーム
エンジンとターボのマッチングをテスト

1つのエンジンにつき数週間から数ヵ月
実験を続けて行きます

開発費用
ハイブリッドに比べて大幅に安い

「エンジンにターボチャージャーを装着するだけで」
「燃費を下げることができる」

今後はアジアからの受注を増やし
コストを下げる計画

「ターボチャージャーは全世界的に需要が拡大している製品なので」
「海外の生産拠点を拡大し」
「2016年に1000万台の販売を目指す」

エコカー競争の行方は様々な技術がしのぎを削る中
今後さらに加速していきそうです

*外車といいながら三菱押しの内容だったねw
*まぁこういうのも作ってる企業ですよ
三菱重工の正体
国策防衛企業
アマゾンで見る
楽天で検索
三菱重工の正体―国策防衛企業



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。