ワールドビジネスサテライト,9/12,特集,尖閣国有化1年 あえて中国へカギは"人材":ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/12,特集,尖閣国有化1年 あえて中国へカギは"人材"

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/12,特集,尖閣国有化1年 あえて中国へカギは"人材"

去年の反日デモで最も被害が大きかった
中国・青島市

表通りを1本入ると
まだ傷跡が残っています

山本工業
反日デモでの操業停止で業績悪化
→今年1月 山口県の本社倒産

大量に貼られているのは裁判所の執行書です
焼けた機械まで全て差し押さえています

工場の焼け跡も放置されたままです

その青島市を
中国初進出の場として選んだ企業があります

エコミック 熊谷浩二 社長
「今年は8、9回来ている」

エコミック
今年 青島市に子会社を設立

「社内にも”なぜ中国に出るのか”」
「との声が無かったわけではない」

主な業務は給料計算の請負ですが

地方都市で人材を確保するのが
年々難しくなっていると感じています

向かったのは
青島浜海学院

手渡されたのは
年末に向けてインターとして雇う学生のリスト

その数およそ90名

「レベルが高い子が多いね」

青島浜海学院 幹方希 校長
「うちで一番優秀な学生達です」

契約は成立
業務に使える人材を一気に手に入れる事ができました

青島市
青島エコミック

のオフィスを訪ねると
若い中国人スタッフが業務開始に向けた準備に追われていました

エコミック 熊谷浩二 社長
「90人は入るスペース」

オフィスには大きな空きスペースが
今後はインターンから優秀な若者を正社員に登用

「札幌本社にも供給できる人材がそろえばいい」

若くて優秀な人材をどう確保するのか

中国・河南省
東風日産の販売店

では
大胆な試みが始まっています

東風日産 中牟店 劉栄学 社長
まだ28歳の若さです

実は劉さん
テレビ番組の企画で優れた経営者の卵を発掘する
エリート創造プロジェクト初代優勝者

優勝特典で約8000万円の融資を受け
故郷で東風日産の販売店を開く

東風日産 中牟店 劉栄学 社長
「会社は店の経営を私に任せている」

大抜擢された劉社長
北京や上海にはない農村部ならではのやり方で勝負しています

この日店を訪れたのは近くの農民
スイカの輸出で大儲けした金で新車を買いに来ました

支払いは景気よく現金一括払い

客の晴れの日を祝おうと
車には結婚式のような派手な飾り付け

ゴルフの優勝者にするように大きなカギのレプリカを
渡して記念撮影

仕上げは爆竹でお見送り

都会ではあり得ない大げさなサービスです

こうした劉社長の姿勢には
東風日産も期待しています

東風日産 松元史明 社長
「日本人には出来ない」
「現地化というと普通 国別だが」
「中国は大きいので何段階かある」
「その地域ごとの現地化が必要だと考え」
「今回はやりました」

午後5時をまわり客足も途絶えた
劉社長の店

売りモノの自動車に乗ってドコかに出かけました
目的地は現地の中心にある公園の広場

東風日産 中牟店 劉栄学 社長
「この街では秋の夜に芝居を見るんです」

客が来ないなら客がいる所に
押しかけようという戦略です

夜が更けて芝居がはじまると
広場は夕涼みがてら芝居を見に来た客でいっぱいです

見物客
「現金がないんだよ」

東風日産 中牟店 劉栄学 社長
「頭金は1万元(16万円)でいい」

見物客
「ウソだろそんなに少し?」

食いつきました
客が客を呼びます

40人以上の見込み客を獲得
この場で購入を決めた客も現れました

東風日産 中牟店 劉栄学 社長
「たくさんの人に知ってもらえた効果はばっちり」

日本人だけでは出来ないビジネスを
中国の若い人材が可能にしています

中国・北京
にあるキャンプ場

新たに動き出した日本企業の姿がココにもあります

家族で賑わうのは有機野菜の販売を手掛ける
冨平創源の試食コーナーでした

いま中国では都市部を中心に有機野菜の需要↑
年3割ペースで市場拡大

課題もあります


「”有機で安心”という野菜は多いが」
「根拠が分からず信じられない」

偽装表示が横行する中国で信頼を得るために
会場では野菜の生産者が直接野菜をどう育てているかを説明します

生産者と客を直接交流させる事で
信頼関係を築く

このやり方を編み出したのは
ある日本企業です

大地を守る会
38年前から日本で自然食品を販売
中国のNGOと共同出資で冨平創源設立

大地を守る会 豊島洋さん
「毎日のように問題が発生していて」
「1つずつ解決する事でお互いの距離感が縮まっている」

日本と異なる環境に苦戦しているという

中国・天津市
の専用農場を訪れました

この日日本からやってきたのは
大地を守る会 長谷川満 取締役

有機野菜のスペシャリストです
現地の専門家と一緒に試行錯誤を繰り返していますが

日本のやり方そのままではダメだと言います

大地を守る会 長谷川満 取締役
「土を作っていく必要がある」
「日本のやり方もあるが基本的に中国の堆肥や有機物を使う」

中国という土地に合った方法を
どうやって見つけていくのか

そのための答えがココ
農場の中に作った農民田間学校

生徒は農場の中で働く若い生産者たち

作業だけでなく有機農業の仕組み
そのものを学ぼうと真剣そのものです

生徒
「故郷では貧しい農家が出稼ぎに出て」
「老人と子供しかいない」
「ココで新しい農業を学んで故郷を変えたい」

彼らにとって有機農業は
生活を安定させるための切実な手段でもあるのです

大地を守る会 長谷川満 取締役
「安心できるモノを作って届けようという思いは」
「我々以上なのでいずれ消費者に受け入れられる」

コレからの中国で日本企業が生き残れるかは
中国の若い人材にかかっています

*中国の若者がどのように育ってきたか分かる
中国の若者はどうやって人材に育ったか
アマゾンで見る
楽天で検索
中国の若者はどうやって人材に育ったか



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。