ワールドビジネスサテライト,9/19,"地価上昇の"街のいま:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/19,"地価上昇の"街のいま

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/19,"地価上昇の"街のいま

東京・大阪・名古屋の三大都市圏では

商業地の基準地価変動率

  今年去年
東京圏
↑0.6%
↓0.9%
大阪圏
↑0.4%
↓1.0%
名古屋圏
↑0.7%
↓0.5%
→揃って5年ぶりの上昇に転じました

東京圏の商業地
上昇地点は去年の10倍に増加

商業地
上昇率上位10地点のうち
5地点が大阪市梅田周辺

ただ

全国平均は6年連続で値下がり
下落率は0.1%と去年より縮小しましたが

大都市と地方の格差は広がる傾向です

一方

住宅地
全国平均で地価は↓1.8%
22年連続で下落

三大都市圏 ほぼ横ばい
地方圏 9割の地点で下落

上昇率上位10地点のうち
9地点が東日本大震災被災地

被災地以外では千葉・木更津市のみ

木更津の地価が上がっている理由はドコにあるのか

木更津市は東京・神奈川から
東京湾を挟んだ対岸に位置し両者を結ぶ高速道路

東京湾アクアラインの千葉側の到着点です

朝7時
東京湾アクアラインのほど近いバス停で
会社員が次々とバスに乗り込みます

行先は東京です
7時台は18本もの東京行きのバスが運行されています

アクアラインを渡る高速バス
東京駅まで約40分

客1
「回数券で片道1000円ぐらい」
「そんなに負担は大きくない」

Q.終バスは急がないといけないのでは

客2
「東京からだと午後11時半すぎまである」

便数は年々増えているそうで
交通インフラ整備→地価上昇

そして今回の基準地価で上昇率5位になった場所は
千葉・木更津市 牛込

すぐ近くにあるのは
去年オープンした三井アウトレットパーク

その人気を契機に長い間空き地だった
周囲の区画にも新規出店が相次いでいます

Q.街のにぎわい出てきたか

住民
「出てきた(アウトレットに)歩いて行ける」
「貸アパートを建てるために不動産屋が盛んに土地を買っている」

交通・商業施設の整備に伴い
住宅地も整備され

木更津市に引っ越してくる人が増え始めました

市内には新築の一戸建てが並ぶ
住宅街が年々拡大

今後の開発の余地あり→地価上昇

木更津市 転入者数(2012年)
5747人 そのおよそ半分が県外からで一番多いのが東京です

Q,坪あたりいくら

新昭和住宅事業本部 今田正義さん
「安い所だと7万円」

急激に開発が進み今回地価上昇が目立ったところ
ソレでもまだ割安です

地下(住宅地)の比較(2013年1uあたり)
木更津市 2万5600円
横浜市   21万100円
東京・港区 120万円

木更津市の活気は周辺にも波及しています
袖ヶ浦市もその1つ

袖ヶ浦駅海側土地区画整理組合 後藤彰 公務長
「あの地域が木更津市そこから約1キロ」
「袖ヶ浦駅前に約49ヘクタールの上地区画整理をしている」

袖ヶ浦駅の前に商業地と住宅地を整備する
大規模な再開発が進行中

袖ヶ浦駅前
新たに3700人の住民を呼び込む計画

Q.木更津市の開発が進んでいるライバル心は

「隣同士だから当然」
「こちらも良くなっていかなければならない」

交通インフラそして商業地域が活性化し
住宅地も価格が上昇する

地価上昇の1つの形となりそうです

*もうこのドラマも10年も経つのか
木更津キャッツアイ Blu-ray BOX
アマゾンで見る
楽天で検索

木更津キャッツアイ Blu-ray BOX


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。