ワールドビジネスサテライト,9/23,特集,雑誌を商品開発のパートナーに:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/23,特集,雑誌を商品開発のパートナーに

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/23,特集,雑誌を商品開発のパートナーに

東京・表参道
きょう集まった女性たちのお目当ては
雑誌ヴィヴィに登場するモデルのファッションショーです

3連休中開かれたこの催し
実は

ユニクロ ファッションフェス
ユニクロと人気女性誌10誌がコラボレーションしたイベント

モデルたちが着ているのは
ユニクロと雑誌が共同開発した秋冬商品が中心です

ファッションショーで使われた衣装を
その場で購入可能

登場する商品は幅広い世代の女性向け
なぜなら今回イベントに参加した雑誌は読者の年齢層が異なります

ストーリィ
主に40代の女性を対象にした雑誌

光文社 ストーリィ編集部 為田敬 編集長
「微妙に体形の変化もあるので」
「気になる二の腕の部分などを隠しつつ」
「女性らしい体のラインが出るような作りも考えている」

一方
ユニクロの狙いは

ユニクロPRチーム 梶陽子リーダー
「ユニクロの”ヒートテック””エアリズム”のような」
「単品の訴求ではなくて」
「ユニクロがファッションの商品として」
「客のワードローブの中に入るよう変わってくれれば」

シンプルで機能性に優れた商品で人気のユニクロ
今回は雑誌の力を借りることで」
「オシャレに着こなす事もできる事を強調しました

出版社と組む動きはアパレル業界以外にも
2年前に販売したコチラの
電動アシスト時電車 HYDEE.B
アマゾンで見る
楽天で最安値を検索
13年モデル ブリヂストン HYDEE.B (ハイディビー) HY683 8.7Ahリチウムイオンバッテリー搭載 専用充電器付
は販売計画の3倍売れたヒット商品です

特徴は主婦向けの自転車にはなかった色使い
つや消しの黒をフレームに取り入れた点や太いタイヤを採用した事です

この商品の開発に携わったのが

ヴェリィ
30代の子育て女性をターゲットにしたファッション誌

ブリジストンサイクル 商品企画1課 瀬戸慶太 課長
「デザイン性を高めなければいけない」
「課題を認識し」
「自転車に乗っているママをもっとオシャレにしてあげたい」
「街の風景を変えたいと非常に熱意を持った提案だった」

ブリジストン側にコラボ企画を持ちかけたのは出版社側

東京・文京区
光文社

月刊ヴェリィ編集部

子どもを乗せる読者の要望に応えるため
この取り組みを始めました

アンケート結果によると読者の91.5%が不満で
自転車に愛着が持てなかった人も多くいたと言います

光文社 月刊ヴェリィ編集部 今尾朝子 編集長
「今のママは”かわいい”と言われるより」
「”かっこいい”と言われた方がテンションが上がる」
「パパも率先して乗ってくれる自転車を作ってほしい」
「という声をたくさん聞いた」

読者のニーズを徹底的に調査し
デザイン性を高めたこの自転車

フレームに曲線を取り入れたり
子ども用シートに迷彩柄を採用するなどのアイデアを盛り込みました

その他

開発の課程を紙面に載せたり
ファッションのページにさりげなく自転車を取り入れて

読者にアピールしてきました

「今まで販売収入と広告収入で」
「われわれのタイプの雑誌は成り立っていく収益構造だった」
「ブランド力 ロイヤリティー(権利)ビジネスに」
「挑戦できたので新たな大きな収入源になった」

出版社と手を組むのは企業だけではありません

佐賀市
佐賀県庁

佐賀県
7月に宝島社と業務提携を結ぶ

自治体と宝島社が業務提携するのは初の試みです

佐賀県の理解度
47都道府県中45位

30代の女性に佐賀県をアピールし
女子人気No.1県を目指します

佐賀県 古川康 知事
「(30代女性は)情報に敏感」
「知ったら動く行動に結びつく」
「その人達は自分が得た情報を」
「シェアする傾向が非常に強い」
「アンテナショップというやり方で」
「関わりを持つことができない人たちにも」
「佐賀県の事を知ってもらえるのではないか」

このコラボ企画に参加したのは

インレッド
30代向けの女性誌で発行部数1位

佐賀県の名産品
有田焼・お茶・のりなど

編集部がイチオシするのは
呼子のイカです

宝島社 インレッド編集部 箕浦ちさ子 編集長
「アンケートを20~40代の女性に取ったら」
「イカは女性の約9割が好きだという回答もあった」
「食材として低カロリーというのが」
「女性にとってすごくうれしいポイント」

イカの活造りが多い呼子
インレッド編集部は鮮度の高いイカに目をつけ

透明すぎるイカというネーミングで
呼子のイカをPRしています

この日
佐賀県の担当者が宝島社を訪ねました

今後のコラボ商品の展開を話し合います

ステディ.
20代後半の女性に人気の雑誌

は今月佐賀県とのコラボ商品
天吹いちご酵母ステディ.コラボ 価格1575円

宝島社 ステディ.編集部 倉田未奈子 編集長
「天吹酒造が花の酵母を使った」
「日本酒をたくさん造っていて」
「ひまわりの酵母やいちごの酵母など」
「いちごの酵母がキーワード的にも引きつける」
「若い女性がすごく好きそうな言葉だった」

従来のパッケージも女性を意識し
天吹 純米吟醸生酒 山田錦 「いちご酵母」720ml
アマゾンで見る
楽天で最安値を検索
天吹 純米吟醸生酒 山田錦 「いちご酵母」720ml
ピンクのラベルを使っていましたが

ステディ.は女性読者が好きそうないちご酵母をデザインに生かし
ロゴもポップな字体にしました

日本酒の需要が下がっている中地酒メーカーは
新規顧客の獲得が欠かせないと言います

佐賀・みやき町
天吹酒造

は十数年前から花の酵母を使ったお酒を展開していますが
知名度はなかなか上がりませんでした

古くさいイメージを刷新する事で
新たなニーズが生まれると期待しています

天吹酒造 木下壮太郎 常務
「あまり日本酒らしさが無くて」
「手に取るのをためらわないデザイン」
「日本酒を飲む人の層が広がっていけばいい」

宝島社は雑誌の付録展開や
ターゲットを絞った戦略を打ち出す事で

販売部数が5年前の3倍に伸びています

コレまでに100社以上とコラボ商品を手掛けてきましたが
今後は雑誌を使わないケースも出てくると言います

宝島社 関川誠 取締役
「うちと一緒にやっていく事は少しずつ広がっている」
「本業ではないそういうニーズにも」
「応えられるようになっていく」

企業にとって広告を載せるイメージが強かった雑誌

消費者のニーズを捉えたマーケティング力を武器に
企業とのビジネスを強化する動きが広がりそうです

*宝島社の付録って付録だけ売りに出されたりするのねw
ラベンハム トートバッグ 第2弾 宝島社 ブランドムック 付録のみ(ki-2304)
アマゾンで見る
ラベンハム トートバッグ 第2弾 宝島社 ブランドムック 付録のみ(ki-2304)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。