ワールドビジネスサテライト,10/29,悲願の海底トンネル開通:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/29,悲願の海底トンネル開通

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/29,悲願の海底トンネル開通

トルコを訪問中の安倍総理は
先ほどから現地で行われている記念式典に出席しています

コレに先立ち開かれた
記念パーティーで安倍総理は

海底トンネルを造った大成建設の
技術力高さをアピールしました

安倍総理
「60メートルの深さにトンネルを造るのは」
「不可能に近いと聞く関係者に敬意を表する」

そして9年がかりで工事を完成させた

大成建設 山内隆司 社長
「世界で他の建設会社が尻込みした仕事を」
「やり通せたのは大きい」

こんかい海峡横断海底トンネルが開通した
ボスポラス海峡改めて見ていきましょう

アジアとヨーロッパ2つの大陸にまたがる国がトルコです
そのトルコの国土を東西に分けているのが

大きな地図で見る ボスポラス海峡

東のアジア側には住宅が多く
西のヨーロッパ側にはオフィスが集中しています

ボスポラス海峡を結ぶ橋は2本ありますが
通勤の際は毎日大渋滞が起きています

経済発展のためには改修が不可欠で
そこで

大きな地図で見る ※マップ上にはまだ記述なし

この海底トンネルです

実は150年前のオスマン帝国時代から企画されていて
トンネルの完成はトルコ国民にとってまさに悲願でした

世界にもまれにみる難工事
挑んだのは日本企業でした

続きは次の記事で

*ところでオスマン帝国ってどんなだったんでしょう?
オスマン帝国の時代
アマゾンで見る
楽天で検索
オスマン帝国の時代 (世界史リブレット)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。