ワールドビジネスサテライト,11/8,特集,伝統産業2次創業 立ち上がったバブル組:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/8,特集,伝統産業2次創業 立ち上がったバブル組

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/8,特集,伝統産業2次創業 立ち上がったバブル組

今月

東京・新宿区
で開催されたデザインやアートのイベント

色とりどりの派手なデザインが目を引く中
異彩を放っていたのが

黒い服ばかりのこのブース

医療用の白衣ですが
染めて色を変えています

これはいったい?

WWFジャパン 大西悠さん
「もともとは古着 着古して黄ばんだり」
「染みがついて着られなくなった服を」
「真っ黒に染める事によって生まれ変わらせる」
「リウエアのプロジェクト」

国際的な環境保護団体WWFジャパンのプロジェクト
日本は世界の中でも服のリサイクル率が低い事から

こういった服を黒に染めて甦らせ
再利用する取り組みを企画しました

「"黒"に対してドコよりもプライドを持っている」
「会社と組み品質を保証した」

上質な黒染めを突き詰めると
行きついたのは日本のある伝統技術でした

京都市・中京区
京都紋付

4代目の荒川さん
17年前38歳の若さで伝統を受け継ぐ事になりました

京都紋付 4代目 荒川徹(55歳)
「紋付を染めている」
「うちは黒染めをしている」
「黒以外触らない」

着物は柄モノ・色モノ・黒で
染物の業者が分かれています

京都紋付はその名の通り
紋付専門の染屋

創業からおよそ100年の間
黒染めの技術だけを磨いてきました

その中で
独自に生み出した技術があります

「見てもらえば分かるコレだけ違う」
「黒を極めるのが仕事なので」

右は通常の黒染め
左は深黒染め
この違いが京都紋付の強みなのです

しかし

紋付染物の売り上げ
1987年→2012年 1/4に減少

荒川さんにとっては厳しい経営が続きました

「私はバブルも経験している」
「ぜいたくだった」
「我々の時代は海外のモノもあるし」
「国内にも良いモノが増えた」
「良いデザインを見て目を磨いている」

荒川さんが立ち上げたのは常識を打ち破り
2009年に洋装事業を展開

着物で扱うのは絹のみですが
洋服を手掛ける事で

他の生地にも深黒を生かす技術を生み出したのです

その技術に注目した企業がありました
有名ブランドのイッセイミヤケです

3年間着古して色落ちしたワンピースを
京都紋付の加工技術で染変えています

イッセイミヤケ"ハート"
来年2月 京都紋付と自社の服の染直しを手掛ける

イッセイミヤケ ハート 吉川友里香マーチャンダイザー
「長く大切に丁寧に着てもらう人が多いので」
「そういう人にこのサービスが合うと思った」

京都紋付 4代目 荒川徹 社長
「他社にできない事をしたい」
「会社は変化させていかないと止まってしまうので」
「継続しなければならない」

京都には創業100年を超える企業が
1000社以上ありその多くが時代の流れへの模索をしています

ただこうした企業が多いのは京都だけではありません

創業100年以上の長寿企業
全国 約2万6000社

日本経済の再生にはこうした企業の
新陳代謝も求められています

京都・宇治市
山積みされているのはホタテの貝殻

置いて20年経っているという

貝殻を塩分や不純物を取り除くために
10年以上かけて乾燥させます

その貝殻を砕き粉末に
さらに天日干しして作られるのが

胡粉と呼ばれる顔料

胡粉は
日本人形や日本画用の白い絵の具として
古くから使われています

その胡粉を販売しているのが
創業260年の

京都市・下京区
上羽絵惣

石田結美 取締役
「これが胡粉」

上羽 水飛胡粉 300g白雪
アマゾンで見る
上羽 水飛胡粉 300g白雪

顔料の売り上げのピークは23年前
しかしバブルが弾け日本画の価格が大きく下がる中

画材のコストが削られて

顔料の売り上げ
1990年 → 2012年 1/4に減少

こうした中
石田さんは2005年 父の急病を受け
商社を辞め38歳で経営者に

「絵の具だけ見ていても発展は見込めないと感じていた」
「何か違う扉を開けていかないと」

そんな石田さんが3年前に考案したのが
マニキュアです

その名も
胡粉ネイル 珊瑚
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで最安値を検索
楽天で最安値を検索
胡粉ネイル 珊瑚

その最大の特徴は
貝殻の粉末が生み出す自然な光沢です

老舗の顔料屋らしく
色の名前も純和風

さらに
シンナーくさくなく

一般的なマニキュアは刺激の強い除光液で落としますが
この胡粉ネイルは消毒用のアルコールでも落とせます

発売から3年で取扱店はおよそ200店
ネット販売も好調で月に3万本売り上げています

いまでは
会社の売り上げの6割以上を稼いでいます

「2次創業をする年代がバブル期を知る年代」
「優雅な時代を知っていた分」
「”あの時代は来ない”ではなく”来させてみよう”という気持ちがある」

2次創業を迫られる伝統産業
成功も失敗もするバブル経験者たちが新たなうねりを作り始めています

*バブル組の10倍返し期待したい(半澤直樹の原作本)
オレたちバブル入行組
オレたち花のバブル組
アマゾンで見るアマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索ヤフーショッピングで検索
楽天で検索楽天で検索
オレたちバブル入行組 (文春文庫)
オレたち花のバブル組 (文春文庫)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。