ワールドビジネスサテライト,12/16,特集,農業ファンド急増のワケ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,12/16,特集,農業ファンド急増のワケ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,12/16,特集,農業ファンド急増のワケ

千葉・柏市
みらい柏の葉工場

中にあるのは
農業ベンチャーみらいが手掛ける野菜工場です

会議室を覗くと
テーブルにあるのは野菜ともになぜかお菓子やおつまみが

目指しているのは野菜の鮮度を長持ちさせる
新たな包装

グミのパッケージがヒントだといいます

みらい 嶋村茂治 社長
「これは底の部分に水がたまる形状」
「この状態で野菜を立てておけば水が吸収でき鮮度が長持ちする」

みらい
加工・販売する6次産業の新会社設立

その新会社に
JAグループが2000万円を出資

農林中央金庫 奥田佳成さん
「いい野菜・売れる野菜をどう作るか」
「農業者の視点から作っている」

この出資は今年政府が始めた
新しい農業ファンドの仕組みを活用しています

みらい 嶋村茂治 社長
「融資と違ってお金を貸すだけじゃなく」
「一緒に仲間になるのがファンド」
「栽培する側にとって安心感がある」

政府は今年1次産業の成長を促すため
農林漁業成長産業化支援機構を設立

この支援機構と民間で官民ファンドを立ち上げ
農林漁業者が加工・流通・販売を行う6次産業の取り組みを支援します

自己資金の20倍程度の事業が可能になるのが特長です

JAグループ(50億)+支援機構(50億)
→100億円のファンドを設立

その狙いは

農林中央金庫 種田宏平 常務理事
「生産者が付加価値を高め農業や地域が発展することで」
「(JAグループや)農林中金の基盤も強まるので」
「金銭的なリターン以上のメリットがある」

現在メガバンクの他にも資金の半分を国が負担し
リスクが軽減されるとあって地方銀行なども農業向け官民ファンドを次々と設立

ファンド総額は600億円を超えています

ファンドを設立したのは金融機関だけではありません

東京・港区
塚田農場新橋鳥森口店

塚田農場は高級宮崎地鶏じとっこメニューが人気の飲食店です
自社の養鶏場を経営し仕入れコスト下げています

運営するエーピーカンパニー(5億)+支援機構(5億)
→10億円のファンドを設立

リターンの見込みは数%と決して高くはありませんが
狙いは他にも

エーピーカンパニー 米山久 社長
「地鶏以外に関して支援機構とリスクを分散できるので」
「新しい農業にチャレンジできるのがメリット」

出資を通じて付加価値の高い農産物を生みだし
自社のメニューに投入する狙いがあるのです

現在出資先を選定中
ただ支援機構の基準が厳しく難航していると言います

エーピーアセットマネジメント 中井努さん
「ファンドの趣旨として農業を出資車が主導してやってはいけない」
「農家も潤わせなきゃいけないファンドなので」

新会社でやろうとした事業が1次産業の仕事を奪う可能性があると
支援機構から待ったがかかり選定が足踏みしているのです

エーピーカンパニー 米山久 社長
「我々と支援機構のスピード感にズレがあり」
「それぞれがスムーズになってくるとよい」

こうした中
支援機構と組まずに独自で農業に出資する動きも

東京・千代田区
三井住友銀行

三井住友銀行+SMBCベンチャーキャピタル
6次産業化以外にも20億円を出資

三井住友銀行 法人企業統括部 農業担当 深山陽一朗さん
「(6次産業以外の)種や農薬・加工技術などにも」
「農業の成長産業化には重要」
「そこに投資する枠組みが欲しかった」

SMBCアグリファンドを運営するのは
つくばテクノロジーシード

三井住友銀行はこのファンドに出資します

第一号案件 果実堂(熊本県)
有機栽培のベビーリーフを生産

なぜこの会社が選ばれたのでしょう

ファンド運営会社 つくばテクノロジーシード 権藤豪さん
「果実堂は高い生産技術で管理していて」
「低コストで大量の野菜を供給できる」

いったいどんな会社でしょうか

熊本・上益城郡
果実堂の農場

を訪ねました

ベビーリーフ
栽培期間 15〜30日

果実堂
500棟のハウス年間10毛作

大量生産する一方でコストダウンも工夫
暖房や扇風機など空調設備を使わずランニングコストを削減しています

収穫したベビーリーフは自社工場に集められ
パックに詰めて出荷

売り上げ
6億円(2012年度)

ただ
ファンド運営会社の権藤さんは
出資の決め手になった最大の理由は別にあると言います

果実堂は農業の会社としては異例とも言える
本格的な研究施設を備えています

実はココが栽培を支える心臓部です
いったいどんな研究をしているのでしょうか

果実堂 栽培権利部 高瀬貴文 部長
「土壌分析をすることで」
「いろいろな土の性質に合わせ肥料を与えていく」

毎年2000以上の土壌サンプルを分析

豊富なデータをもとに
最適な肥料や水のやり方を導き出します

さらに
栽培記録をデータ管理する独自ソフトを開発

その結果
いつどれくらい収穫できるかキロ単位で予測でき
栽培スピードの調整や営業に生かしています

果実堂 井出剛 社長
「1秒1円を原価計算してコストダウンし」
「世界で勝つ農業をしたい」

つくばテクノロジーシード 権藤豪さん
「安定した品質で通年生産できるのは」
「投資する側にも魅力」
「それを実現しつつある果実堂は期待のもてる銘柄」

果実堂
今回の出資で規模を拡大
2年後の株式上場を目指す

出資先が大きく成長すれば
リターンも大きくなると三井住友銀行は期待を寄せます

三井住友銀行 法人企業統括部 農業担当 深山陽一郎さん
「投資後ビジネスマッチングやコンサルティングをすれば」
「最終的には融資や貯金で銀行の本業に返ってくる」

農業にリターンを見出し
増殖するファンド

その動きはますます加速しそうです

*間に合うかな
2015年の食料危機
ヘッジファンドマネージャーが説く次なる大難
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
2015年の食料危機―ヘッジファンドマネージャーが説く次なる大難 (-)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。