ワールドビジネスサテライト,1/6,特集,進化するニッポンの防災通信:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/6,特集,進化するニッポンの防災通信

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/6,特集,進化するニッポンの防災通信

先月
千葉・花見川区

で発生した火災
消防隊員の必死の消火活動が続く

3時間に渡る夜間の消火作業の末
無事鎮火した

我々の安全を守る
消防・救急隊員

彼らを陰で支える通信手段が
今進化している

千葉市・中央区
ちば消防共同指令センター

20の消防本部が今年度立ち上げ

県内の約9割(人工で318万人)をカバー
常時16人以上の体制で119番を受ける

国内最大規模の共同指令センターだ

ちば消防共同指令センター 初芝秦雄 センター長
「共同化したことで119番のダブルチェックや」
「集中的に災害が起きるときのマンパワーを確保できる」

売りは最先端の通信網だ
車両が活動中かリアルタイムにつかみ表示

最も近い車両や人員を自動で選別し出動させる

ちば消防共同指令センター 小柳勝則 副センター長
「市町村に救急車がない場合は他の市から自動的に応援出動する」

災害現場の情報も自動で伝達される

119番を受けると携帯・固定を問わず電話から発信場所を特定
→災害現場が短時間でわかる

現場に入った出動指令
隊員が準備して車に乗り込む前に

車載モニターが自動で立ち上がる
→現場への最短ルートポンプの水源など表示

消防士
「東京で大地震が発生した場合」
「世田谷区といわれてもわからない」
「そういう所を地図が案内してくれる」

共同指令システム・無線通信システム
→NECが約90億円で手掛ける

大規模な通信網を支えるのが

NEC 消防・防災ソリューション事業部 古見丈次 部長
「こちらは無線回路制御装置」
「デジタル無線の中枢」

無線のデジタル化
情報をコンピューターで高速処理
→広域の共同指令センターが可能に

「広域化でいろいろな所から音声データが上がってくる」
「それを高速で処理して円滑に救助活動ができるようにする」

自然災害が増加するなか
高機能で大規模な通信網の需要は高まっている

「消防・防災あわせ1000億円の事業を目指している」

災害時の携帯端末の通信を強化する動きも

茨城・河内町
大利根飛行場

で行われていたのは
無人飛行機による新たな通信手段

情報通信研究機構 ディペンダブルワイヤレス研究室 三浦龍 室長
「無人飛行機が電波塔の役割を果たし」
「(電波が)このアンテナに届く」
「このアンテナが無線機を経由して」
「無線LANのアクセスポイントに信号を供給」

ネットワークにつながったエリアから送った電波を
無人飛行機が中継

災害に孤立したエリアに電波を届け
被災者が無線LANに繋がる事ができる

東日本大震災で通信設備や道路が破壊
→通信ネットワークからの孤立地域が多く発生し救援が遅れた

「当たり前に使えると思っていた」
「携帯電話などが使えなかった」
「日本は情報システムが最も進んでいると思っているが」

情報通信研究機構
小型中継機を核にした
通信システムを約1億円で開発

「通常だと大きいボックスになるが」
「今回この用途のために小型化した」

この他にも
KDDIは船の上の基地局を開発中

ソフトバンクは気球基地局を作るなど
災害時の通信強化にしのぎを削っている

「それぞれに適したシーンというのがある」
「いろんなバックアップの方法を合わせ通信を確保する」

災害時の新たな通信手段を提案するベンチャー企業も

長野・小谷村
栂池高原スキー場

その近くの山道を歩く2人の男性
手には見慣れないオレンジ色の端末が

福岡のベンチャー
”オーセンティックジャパン”が開発した

ヒトココ
発信器までの距離と方向を表示
→携帯する人間を探す事ができる

この日は冬山のプロが使って
性能を試した

日本雪崩ネットワーク 出川あずさ 理事長
「一番のメリットは遠くからでも」
「電波をとることができるところ」
「上空から探すということは有効性がある」

ゲレンデの実験では
2000mの距離を検知

従来の山岳用探知機は50メートルが限界

オーセンティックジャパン 久我一総 社長
「アンテナの設計やソフトウェアのノウハウで」
「ようやく実現できた商品」

さらに省電力で長距離
電波を飛ばせる新型ICを搭載

電池寿命は発信状態で3ヵ月(発信器の場合)

コレに期待するのが警察や消防だ

群馬県と消防との実証実験では
およそ2.8kmの上空から地上の発信器を探す事ができた

静岡県警
富士山での導入を検討

ヘリから遭難者を捜索
→時間とコストの軽減

災害時の実用も検討が進む

神奈川・大磯町
NCP

防災シェルター”ノア”
衝撃に強く水に浮き災害から身を守る

NCP 田中勉 社長
「ノアが海に流されたりがれきに入った時」
「どうやって助けを呼ぶのか」

災害時の通信手段を探していたところ
ヒトココの存在を知り

NCP
ヒトココをノアへ標準装備を決定

「確実に助けてもらえる」
「そういうモノが欲しかった」

多くの期待を集めるヒトココ
量産に向けて最終調整が続く

ヒトココ
1月中旬発売予定

しかし
久我社長のゴールはまだ先だ

オーセンティックジャパン 久我一総 社長
「(ゴールは)製品を出した時ではなく」
「売れたときでなく」
「どんな小さなニュースでもいいが」
「ヒトココのおかげで助かった命が出た」
「その時に初めて乾杯しようとメンバーで決めている」

*負の面ではストーカーに使われそうだね

災害大国日本の通信インフラ
知恵を出し合って更なる進化が今求められている

*自宅でもいろいろできるよ
自宅につくる震災対処PCシステム
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
自宅につくる震災対処PCシステム (日経BPパソコンベストムック)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。