ワールドビジネスサテライト,1/17,特集,2040年地方消滅へ,"若年女性"流出をどう抑えるか:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/17,特集,2040年地方消滅へ,"若年女性"流出をどう抑えるか

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/17,特集,2040年地方消滅へ,"若年女性"流出をどう抑えるか

成人の日の13日
若者の新たな門出を祝う
式典が各地で開かれました

新成人
121万人(前年比↓1万人)
→統計以来 過去最低

若者の力を強調した東京・多摩市の阿部市長
首都圏のベットタウンとして知られる多摩市は

市民の高齢化という問題を抱えています

特に

多摩ニュータウン
入居開始から42年が経過

町は廃れ高齢者の姿が目立ちます

多摩市2040年人口予測
65歳以上が約4割

しかし
問題は住民の高齢化だけではありません

若い女性が仕事を求め都心へ

日本では
出産の95%を占めるのが20〜39歳の女性

多摩市2040年人口予測
20〜39歳の女性58%に減少(2010年比)

実はこの若い女性の減少
地方都市の消滅という危機が潜んでいるのです

野村総合研究所 増田寛也 顧問
「今のままだと高齢者もそれを支える」
「若い人たちももだえ苦しみながら」
「いずれ消滅する国家になりかねない」

彼が中心となってまとめたレポートが
発表されました

2040年、地方都市消滅。
「極点社会」が到来する


「出生率を上げるのは正しいが」
「率だけこだわってもダメ」

今の日本の出生率 1.41

国の予測では日本の人口は
2100年に4959万人

しかし増田氏は
単に人口減るだけでは済まないと警鐘を鳴らします

「地方に若い女性がいても」
「働く場所がないから東京に集まる」
「地方は子どもを生む若い女性がいなくなるので」
「急激に人口が減る」

キーワードは若い女性の減少

出産適齢期の女性が地方で働く場所が少ないために
都心へと移動してしまうのです

特に地方の雇用を支えるのは
医療と介護

しかし
高齢者はいずれ減るため
→医療と介護の雇用が減少

若い女性の移動がさらに加速するのです

増田氏によれば2040年に
20〜39歳の女性が半分以下になる自治体は全体の5割

そのうち人口が1万人未満になり
消滅する可能性がある市町村は全体の3割になります

「東京に20〜30代の女性が」
「集まる構造をなんとかストップさせて」
「地方で食べていける産業を創り出す楊」
「英知を絞り出さないといけない」

雇用に並び重要なテーマは
子育てしやすい街づくり

多摩市は新しい試みを始めています

多摩ニュータウンに
そびえ立つ真新しいマンション

ブリリア多摩ニュータウン
1971年に造られた団地を再開発

その敷地内にある児童館

中を覗くとたくさんの親子が集まっていました
若い母親の姿が目立ちます

再開発にあたりこだわったのが
保護者同士が集まりやすい場所の整備

児童館はその1つです

多摩市 子育て支援課 古川美賀 課長
「少子化の中では公園に行っても子どもがいない」
「公園デビューが死語」
「保護者が集まり情報交換しあう場所が必要」

ブリリア多摩ニュータウン
平均価格 3600万円(80平米)

新規に購入した住民の51%が20〜30代

総事業費230億円
取り組みはまだ始まったばかりです

愛知県・小牧市
ココは一風変わった取り組みをしています

人口は2004年以降 15万人台を維持

市内には大企業の工場が点在し
雇用は充実しています

さらに
妊娠中の母親に話を聞くと

主婦35歳
「子育てはし易いと思う」

主婦31歳
「意外と便利で良かった」
「有名な病院がいっぱいある」

雇用も子育て環境も充実

ところが

Q.小牧市のいいところは

高校生
「えー・・・」

Q.小牧市に住み続けたい

大学生
「ごめんなさい東京に出たい」

小牧市
市民に意識調査を実施
→市に対する愛着が薄い

小牧市 山下史守朗 市長
「将来 小牧に住み続けることなく」
「出て行く可能性が高いということ」
「それは人口減少に繋がる」

市長が考えたのが市への愛着
そのカギとなるのが織田信長です

先月
大勢の市民が集まっていました

その先にあるのは
ライトアップされた市民会館

彼らが待っていたのは

建物に映像を映し出す
プロジェクションマッピング

ココに愛着を高める仕掛けがあるので

”ここは織田信長公が戦国武将として”
”天下統一へ向けて羽ばたいた場所”

実は

小牧市
織田信長が日本で初めて
石垣を使った城を建てた場所

市民にその歴史を知ってもらい
市への愛着を高める事が狙いです

また

市民によるヨサコイとの融合も披露
こうした市民参加も愛着を促すことに繋がります

小牧市 山下史守朗 市長
「我々が住む郷土を体感していただく」
「もう一度感じてもらって」
「新たな発見をしてもらう」
「我々の町に対する愛着・誇りを高めていく」

人口の減少という危機をどう防ぐのか
日本の将来を見据えた議論が求められています

*はぁ〜ん東京オリンピックは日本を滅ぼすためだったのかw
*東北まで開催地を広げる細川氏の案はそういう意味合いもあるのかも
2100年、人口3分の1の日本
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
2100年、人口3分の1の日本 (メディアファクトリー新書)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。