ワールドビジネスサテライト,1/24,異次元緩和 出口戦略に自信:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/24,異次元緩和 出口戦略に自信

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/24,異次元緩和 出口戦略に自信

※一部要約して書いています

明日閉幕する
世界経済フォーラム(ダボス会議)

会場内にはIMFのラガルド専務理事や
国連のパンギムン事務総長など

大物の姿が目立つ

その会場で小谷キャスターの直撃インタビューに応じたのは
ダボスに到着したばかりの

日銀 黒田総裁
「”第3の矢”は中期的な潜在成長率を」
「1%未満から2%に押し上げていく」
「その意味で構造政策や規制緩和をやるということ」
「”第3の矢”によって”第1の矢”が変わるというモノではない」
「2%の物価安定目標を2年程度で」
「できるだけ早期に実現することを目指す」
「これまではその経路を順調にたどっている」

デフレ脱却に向けて順調さをアピールする黒田総裁
小谷キャスターが一番聞きたかったのは

異次元金融緩和の出口についてだ

現在はデフレ脱却を最優先に考え
日銀が国債を大量に買い占める

いわば異常な状況

ソコからの出口を誤れば
国債が急落し金利の急上昇を招くなど市場が混乱するリスクがある

Q.金融政策の出口は大丈夫か

「どういうプロセスで出口を運営していくか」
「具体的な議論をするのは時期尚早」
「金融政策は入る時も出る時も」
「それなりの難しさがある」
「しかしきちんとマネージできると思う」

小谷キャスター
「今や世界の多くの国でデフレの懸念に直面なかで」

「黒田総裁が進めるデフレ脱却に向けた異次元緩和は」
「日本によるイノベーションだと語る会議の参加者もいました」

「黒田総裁が大きな副作用ない形で金融政策を終息できるか」
「非常に注目されていまして」

「総裁が出口戦略に自信を示したのも」
「世界の目を気にしているのかなと感想を持ちました」

Q.安倍総理の基調講演の世界の評価は

「基調講演が終わると皆立ちあがって」
「拍手をして素晴らしいと」
「総理は好意的に評価されたと思います」

「世界の期待に日本はどう応えるべきか」
「各界のキーマンに聞きました」

日本の民間企業が合同で主催したパーティー
ジャパンナイト

日本への期待を反映してか
会場は大賑わいだ

そして昨日は靖国問題で
安倍総理にくぎを刺したこの人も

世界フォーラム クラウスシュワブ会長
「総理が言われた通り”JAPAN is back"」
「日本が世界の政治経済の中で」
「ふさわしい地位を確保するために」
「私たち世界フォーラムを頼りにしてほしい」

改めて日本への高い評価を口にした

高い評価の理由を探ってみると

日産自動車 カルロスゴーンCEO
「安倍総理の点数は95点です」
「過去10年の中でベストの政権です」
「コミュニケーションや透明性」
「ビジネスコミュニティーを重視しています」

国際政治リスクに詳しく
G0主導国のない世界の提唱者としても知られる

国際政治学者 イアンブレマー氏
「例え話でゴルフを持ちだしたり」
「自分は岩盤に穴を開けるドリルだという」
「クリントン元米大統領のようで」
「こういった西欧スタイルは好まれる」

世界の参加者に直接アピールする
安倍総理のやり方が受け入れられているという

しかし

「安全保障面では心配している」
「日中関係はさらに悪化する懸念がある」
「もしアクシデントが起きたらと心配が出てきている」

国際機関のトップとして
世界各国と対話を続けている

元国連難民高等弁務官 緒方貞子さん
「政府は何によってつくられているかというと」
「人々によってつくられているんですよ」
「人間観間の交流というモノは」
「こういう時代になればなるほど必要」
「信用し合うされあう関係をつくらないといけない」

理解し合うためにフェイストゥフェイスの
コミュニケーションが重要であると説いた

「政府は自分に合意しそうな人だけ」
「付き合うのではなく」
「むしろ批判する違ったコンタクトを持つところと」
「広く接するべきだと思う」

Q.小谷さんが感じた日本が進むべき道は

小谷キャスター
「日本国内にいると日ごろに忘れてしまいますけど」
「今回緒方貞子さんの言葉を借りて申し上げると」
「日本は外から見ると3位とはいえ経済大国なんですね」
「つまり世界のリーダーなワケです」
「なので世界が抱える問題に対して」
「もっとリーダーシップを取る事を期待されていると感じました」

「例えば中東問題でシリアはメインテーマの1つでもありました」
「安倍総理への質問で日本はシリア内戦の和平に向けた努力に」
「どうコミットするのかという回答に非公開なので詳しく言えませんが」
「非常に明確に自分の言葉で考えを述べておられたのが印象的でした」

Q.ダボス会議は日本の問題解決の力になる

「なると思います」
「ここにはあらゆる人達」
「政治家・企業のトップ・大学教授・ジャーナリスト」
「その人たちが一堂に会していま世界で起きている問題を」
「テーブルの上に全部並べるわけですね」
「そしてみんなで意見をぶつけ合って」
「解決方法のベクトルを探し当てていくと」
「会話を通じて相互理解をしていき」
「ベクトルによって問題が解決されていく」
「さらにアイデアを交換する事によって」
「新しいビジネスもたくさん誕生しているんです」
「取材でお互いが何を考えているかを探り当ててコミュニケーションをとり」
「無限に続けていく事によって新しい将来が見えてくる」
「日本が外に向けてどうしていけばいいのか見えてくる」
「その方向性も見つける事ができるのがダボス会議」
「という風に感じました」

*そうだ
そして日本経済が世界の希望になる
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
そして日本経済が世界の希望になる (PHP新書)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。