ワールドビジネスサテライト,1/29,スミスの本棚,林修:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/29,スミスの本棚,林修

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/29,スミスの本棚,林修

GUEST111 東進ハイスクール講師 林修

”いつやるか?今でしょ!”

林さんが授業中に発したこの言葉は
予備校のCMに起用され瞬く間に話題に

流行語大賞にも選ばれました

林さんが持ち歩いていたのは
テストの答案

Q.今でも塾の講師なんだ


「最近そのことに驚かれますね」
「”まだ授業やってるんですか!?”って」

そんな林さんが愛する一冊とは
方法序説
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
方法序説 (岩波文庫)

「僕の教え方に今でも強烈に影響が出ている」

ルネ・デカルト(哲学者)
1596-1650

方法序説は彼が導いた1つの命題

ワレ推ウ、故二ワレ在リ〕

ココにどうやってたどり着いたのか
その方法を記したモノです

「あまりにも方法を考えないで」
「とりあえず何となくやっている人が多すぎる」

森本アナ
「ソレではダメ」


「学問とはまずいったん疑って」
「自分の方法を確立すること」
「だから生徒に言う」
「”僕の言う事を素直に聞く生徒は大嫌い”と」
「方法を聞く生徒は嫌い」
「勉強の一番基本は自分の方法論を確立すること」
「”自分はこういう方法ならできる”というのを」
「見つけていかなければ大学での勉強」
「社会に出てからの仕事につながっていかない」

森本アナ
「仕事を1つ1つやっていく中で」
「こういった方法論は生きている?」


「まず何かをやるとき明確に方法を考える」
「相手が要求する水準に達するためには」
「どういう手段 方法を用いれば実現できるか」
「きわめて理性的に考える」
「こういう(理詰めの)やり方でやってきて」
「友達は少ないですね」

デカルトは真理を導くための方法として
4つの規則を設けています

1.偏見や即断を避け
  明らかな真だけを受け入れる

2.難しいことは分けて考える

3.単純な事から順序立てて始める

4.見落としがなかったか確かめる

この本には目的を達するためのヒントが詰まっていると
林さんは言います

「目に見えている明らかなモノをしっかり見てなくて」
「必要な事ができないとか」
「あるいはもっとコツコツ分けてやればいいモノを」
「まとめてやって失敗するとか」
「できたできたと言って満足してしまったとか」
「彼のいった事はビジネスにも使える」

印象に残っているデカルトの言葉は

「”世の中の秩序を変えようとするより”」
「”己の欲望を変えよ”」

森本アナ
「私もソコはドキッとしましたね」
「運命じゃなく自分に勝つ」

運命よりむしろ
自分に打ち克つように、
世界の秩序よりも
自分の欲望を買えるように、
つねに努めること


「僕はこれを自分流に翻訳して」
「”優秀な人間は環境に不満を言わない”」
「という言葉に変えて生徒に伝えている」

「”なんでこんななんだ”」
「”なんでこんな事起きるんだ”言っていても仕方がない」
「こういう事が起きている中で」
「”じゃあ自分はどうする”って考える」

「この第三の確立は」
「僕の人生訓ですね」


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。