ワールドビジネスサテライト,2/4,特集,日本コンテンツ輸出を急げ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/4,特集,日本コンテンツ輸出を急げ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/4,特集,日本コンテンツ輸出を急げ

東京・新宿区
ルミネtheよしもと

吉本興業が手掛ける劇場
現れたのは人気タレントカウカウです

その楽屋で再生回数を確認したのは

カウカウの持ちネタあたりまえ体操ですが
流れているのはインドネシア語

いま現地のこのネタが人気を集めています

インドネシアでは日本のPRイベント
JAPAN EXPO 2013でオファーがかかるほど

現地の人気番組にも出演しました

今回は今後控えたインドネシアのイベントのために
通訳を交えた打ち合わせです

インドネシア語通訳 加藤敬明さん
「"痛い"は"しまった"という意味もあり」
「汎用性が高い」
「ちなみに"アドゥー"と言います」

国内だけでは成長に限界が見える中
海外展開に舵を切っています

吉本興業
中国・台湾・韓国・タイ
シンガポール・アメリカに拠点

現地で自社のタレントを売り込んでいます

キーワードは現地化

現地語に替えて披露するなど
持ちネタを各地域に合わせる取り組みです

東京・新宿区
吉本興業 東京本部

吉本興業が持つ放送局

吉本東風
67ヵ国・地域で自社コンテンツを放送中

吉本興業 中国・アジア代表 高龍太郎さん
「日本も他の国も頑張っている」
「日本のコンテンツは宝の山」
「力をどう発揮できるか」

東京・千代田区
神保町花月

NSC
吉本興業のタレント養成所

始まったのはネタ見せの授業

何とネタの全てが英語です
学ぶのは実戦での英語

こうした授業を月1回行い
海外で活躍できる人材を育てる狙いです

さらに

吉本興業
イオンモールと基本協定

中国に出店を進めてきたイオンモールですが
今年からASEAN地域に進出

海外に10店舗以上の進出をする計画です

手始めに国内の店舗に劇場を設けました
よしもと幕張イオンモール劇場

この提携でアジア圏へのコンテンツ輸出を
加速する狙いです

吉本興業 中国・アジア代表 高龍太郎さん
「コンテンツをお笑いも含めどう輸出するか」
「良い例をつくらなければいけない」

言葉だけでなく社会に合わせる取り組みも

人気漫画のドラゴン桜
東大合格のための受験テクニックが描かれています

東京・渋谷区
TGライツスタジオ

原浩平 社長
「インドネシアバージョンに作り替えて出版しようと」
「作画もインドネシアの背景に替えている」

インドネシア向けでは絵を替えています
原作をもとにして現地の作家が描き直しています

「例えば女子高生のスカートの丈」
「イスラム圏ではこれは短いと」

インドネシア版では長く変えています
日本では東大ですがインドネシア大学を目指す内容

世界最大のイスラム人口を持つインドネシア
宗教にも気を配りました

さらに
経済発展と共に進学競争が始まりつつあり
日本の受験事情が理解されると踏んでいます

去年の11月にネット配信
来月単行本で発売

「日本ではアニメやコミックが」
「盛り上がっていると感じると思うが」
「(海外では)そこまで盛り上がっていない」
「何か変化を加えなければいけない」

アニメ輸出で強さを見せるのはこの企業

東京・千代田区
DLE

代表的なコンテンツは

秘密結社鷹の爪
日本での人気を追い風に去年12月からアメリカで放送

DLE
アニメとグッズの売り上げ
毎年5割増(2009年~)

と急成長しています
そんあDLEが始めたのは

話していたのはNY支社のシナリオライター
自社制作のアニメ"アニサバ"についてネット会議をしていました

DLE コンテンツクリエイション部 後藤阿梨紗さん
「日本語でつくると翻訳で面白さが伝えきれないので」
「最初っから英語で作っている」
「いろいろ海外戦略を試した中での新しい試み」

アニサバは大まかなストーリーとアニメーションは日本で作り
セリフなど細かなニュアンスが必要なシナリオの部分は
海外支社のスタッフが作成します

「海外に持っていくモノなので」
「ユニバーサル(国際的)な感覚を持つ人が」
「ストーリー構成に携わった方が良い」

これまでの日本のコンテンツ輸出は
国内向けの作品に字幕を付けるだけでしたが

製作の段階で
世界市場に出す前提の仕組みを作ろうとしています

日本で放送する場合でも
英語で作り日本語の字幕を入れる手法です

なぜ海外との共同作業が必要なのでしょうか

DLE 椎木隆太 社長
「日本人ならではの繊細な部分を」
「海外のクリエイティブと融合させる方が」
「ドメスティック(国内的)なモノを国境を越えさせるより」
「日本のスタイルに合っている」

変化の時を迎えた日本のコンテンツ輸出
日本の強みを利益に結びつける事は出来るのでしょうか

*まぁDBとかは売れたみたいね
萌えるアメリカ
米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。