ワールドビジネスサテライト,2/11,特集,全巻無料マンガ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/11,特集,全巻無料マンガ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/11,特集,全巻無料マンガ

東京・吉祥寺
無料マンガアプリ マンガボックス編集部

ソーシャルゲーム大手DeNAの新規事業です
去年12月にサービス開始

以来
驚異的なスピードでファンを増やしてきました

マンガボックス 樹林伸 編集長
「これからもっと期待できる作品が入ってくる」
「無限の収容力がある」

マンガボックス
スマートフォンやタブレット端末向けの
マンガアプリ

新作マンガ約30本を無料で毎週配信

ラインナップされるのは
進撃の巨人の原作者が描く寸劇の巨人や
金田一少年の事件簿の派生マンガ高遠少年の事件簿など

連載漫画全てが無料で読む事ができるのです

「有料の雑誌に匹敵する作品が」
「そろっている」
「想像以上の成功」

マンガボックス
2ヵ月間で約270万件のダウンロード

全巻を無料で見る事ができるマンガアプリ
いったいどんなビジネスモデルなのでしょうか

神奈川県・座間市

マンガボックスで連載している
大沢祐輔さん

去年まで週刊少年マガジンに連載していましたが
今はマンガボックス一本です

大沢さんのマンガグリーンワールズ
都会で巨大化した生き物が人を襲うSFマンガ

マンガ家 大沢祐輔さん
「安かろう悪かろうではないが」
「クオリティーの低いモノは出せない」

大沢さんはグリーンワールズ作るため
3人のアシスタントを雇っています

大沢さんのマンガボックス原稿料
1ページ 約1万円

毎週10数ページを制作
→1ヵ月の収入 約50万円

ココから
家賃とアシスタントの給料を捻出

かなり厳しい収入ですが
ソレでもマンガボックスにはチャンスが転がっていると言います

「手にとってもらいやすくなった」
「これはチャンス」

無料マンガに広がるチャンスとは何なのか

この日
マンガボックスの樹林さんが訪れたのは

東京・文京区
講談社

実は
マンガボックスの原稿料を支払っているのは
講談社なのです

自社で抱えるマンガ家に連載を依頼
これをDeNAが運営するマンガボックスで無料配信

そして3ヵ月後にビジネスが動き出すというのです

マンガボックス 樹林伸 編集長
「単行本を売って収益をあげるビジネスモデル」
「単行本で膨大な利益が出る」

マンガボックスではアプリに掲載して
3ヵ月たつとその漫画が消去されます

その後
単行本として発売します

その売り上げや印税が
講談社・DeNA・原作者に入るのです

コレが有名作家のマンガが
全巻タダで読めるビジネスの秘密なのです

週刊少年マガジン編集部 内田朋宏さん
「紙の雑誌を作るのは難しいが」
「マンガボックスだと単行本化しやすい」
「黒字になる確率もあがる」

編集長の樹林さんは後輩のマンガ家たちに
少しでもチャンスの場が広がるようにと

無料マンガアプリの普及に力を入れているのです

マンガボックス 樹林伸 編集長
「ヒット作が出るチャンスは(掲載)数が増えれば当然増える」

新作マンガが無料で読めるというアプリは
様々な形で広がっています

埼玉県の大学に通う
ココなし。さん

一見するとドコにでもいる大学生
そんな彼女には家に帰ると別の顔があります

ココなし。さんは駆け出しのマンガ家なのです

ココなし。さんのマンガ”保留荘の奴ら”
スマホやタブレット端末向けのマンガアプリ”コミコ”に連載

コミコ
毎週約70の新作マンガを読める無料アプリ

去年10月にサービスがスタート
ダウンロード数は約100万件

ペンネーム ココなし。さん
「発表の場を作ってもらえるのは新しい」
「将来は漫画家になりたい」

ココなし。さんは
原稿料を毎月20万円受け取っています

しかし
どうしてお金が貰えるのか自分には分からないと言います

「無料マンガのサービスなのに給料は高い」
「大丈夫かな」
「すごい不思議」

東京・渋谷
NHNプレイアート

無料マンガアプリを運営

社員450人 本業はネットゲーム制作

600万人が利用するヒットとなった

ドラゴンネストなどを手掛けてきました

この会社は駆け出しのマンガ家に毎月20万円ずつ支給
→コミコに掲載

1ヵ月の原稿料は合計で1400万円近くに上るものの
アプリからの売り上げはゼロ
いったいどのようなカラクリなのでしょうか

NHNプレイアート 加藤雅樹 社長
「もっとコンテンツを充実させて」
「無料で遊んでもらう」

実は無料マンガアプリコミコから
自社のサイトに誘導

コミコの読者は若い女性が中心
コレまで男性の利用が多かったゲーム事業に
女性客を呼び込む戦略だと言います

「人を誘導して収益化できれば」
「無料のコミコのサイトを続ける」

さらにコミコのマンガからヒット作が出れば
そのキャラクターをゲーム化すると言います

「ゲームとマンガの相乗効果で」
「新しいビジネスモデルを作りたい」

企業の様々な思惑が絡みながら
全巻無料のマンガアプリが広がり続けています

*とりあえずマンガ描いてみようと思った人は
24日で夢がかなう☆最強まんが描き方ブック 特別版
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
24日で夢がかなう☆最強まんが描き方ブック 特別版 (講談社キャラクターズA)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。